ユタ

最高殊勲夫人のユタのネタバレレビュー・内容・結末

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

3兄弟、3姉妹の1番目同士、2番目同士が結婚し、1番目の姉が3番目同士をくっつけようと策略を立てるが、2人はそれに逆らおうとする…という話。

三女、杏子役の若尾文子が素晴らしく可愛い。


1番目の姉、桃子役の丹阿弥谷津子も良くて、
「キチガ○だけが成功すんのよ、この世の中では」って台詞が痛快だった。


終盤の写真撮るあのシーンが好き。
いろんな人が書いてるけどジャケ写結婚式でマネしたい。

落とし所も明るくて、気軽に楽しめ、元気をもらえる作品。
ジャケ写見て気になった人は見て損はないと思う。

昨日より今日、今日より明日という感じで未来に希望しかない時代の日本の活力というか、生命力みたいなものが登場人物たちにみなぎっていて、
「日本もこういう良い時代があったんだなあ…」と羨ましくなったりもした。