最高殊勲夫人の作品情報・感想・評価

「最高殊勲夫人」に投稿された感想・評価

歌麿

歌麿の感想・評価

3.7
若尾文子は芸術
なにより声がいい

オープニングが洒落ている
若尾文子の可愛さ爆発。
食堂でこぼす牛乳や、川口浩と別れた後の笑顔、そして最期のツーショット。

切り返しの少ない会話を展開しておいて、ラストロカビリーバーでの告白シーンの切り返しのテンポと画面の強烈さ。スキャンダルで最初に2人で会うシーンのカメラ位置が変わりまくるのも面白い。やたら出てくる赤も気になった。

登場人物が頭が回るのか間抜けなのか全く分からなかったり、記号的に結婚結婚と言っていたりよく分からない気もするが、屋上でバレーにバドミントンにゴルフはやるわ社内でメザシは焼くわといった昭和のはちゃめちゃさというか勢いに飲み込まれて最後は怒涛の多幸感。
トヨキ

トヨキの感想・評価

3.8
昭和という時代はトチ狂っててかっこよすぎる。あとジャケット最高
この路線の若尾文子はいいですねえ。
ある意味ファムファタル的というか。

東山千栄子が出た時の上には上がいる感も最高です。
若尾文子目当てで観はじめて川口浩に持っていかれる映画。くっだらないストーリーなのに最っ高。
メメ

メメの感想・評価

4.2
もうね、最初っから最後までぜ〜んぶかわいい!
パワフルにストレートに、そして女の子はキュートに、結婚へ向かって全力疾走。それぞれの思惑はいろいろあるのだけどみんな正直だからみていてきもちがいい。

とにかく出てくる女の子たちの愛らしさったらない。
〜ですのよ!とか、〜しなくってよ!って早口でまくしたてる女の子たち。トンカツとかお饅頭とかあんみつをむしゃむしゃ食べる女の子たち。一生懸命デートに誘ったりわたしと結婚して!って男の子に頼む女の子たち。
なんだかんだいっても、素直な子がいちばんかわいいのでは、、?まあわたしは素直さからかけ離れたところにいますけど、、

告白のシーンとかかわいいシーンは多々あるのだけど、なんといってもこのジャケット?アートワーク?にもなってる最後のシーンは良すぎた。
若尾文子かわいすぎ、、、最高殊勲夫人は君に決まり!
格好いい大人って感じ!

こんな雑然とした大人になりたい!!!
あ

あの感想・評価

3.9
徹底して女が強く、男が弱く描かれている。当時はまだまだ亭主関白が当たり前の時代なのに、そこに目をつけてる増村保造恐るべし。
当時の方がみんなエネルギッシュでいいなって思った。
いい意味で空気が読めない感じ。

告白のシーンはとてもおしゃれで微笑ましかった。
告白から結婚式を駆け足で抜けてく様が見ててテンポが良かった。
最高!!男たちより女たちの戦いが面白い。丸の内の花形OLたちの肉食っぷりよ!!素敵な男を射止めようとみんなが必死。でもドロドロしてなくて、爽やかに共同戦線を張ったりする。やみくもに競い合うより、敵でも手を組むべきときは組むという実利第一主義な感じが良い。丸の内以外のOLや、開明的な三郎のフィアンセ、一郎の愛人である芸者のキャラも面白い。適齢期女性たちの悲喜こもごも。そして作中最強の桃子姉さまの傍若無人ぶり!!若尾文子もかわいいい!!!!
KMD

KMDの感想・評価

3.1
台詞も芝居も、ずっとお茶目なコント観てる感じ。ちょっと期待値上げ過ぎたかな。ただジャケットは邦画で一番カッコいいと思う。
>|