しゃにむ

007 スカイフォールのしゃにむのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
5.0
「僕が最後のネズミだ」

何言ってんだって感じですが「おかえりなさい」と言わずにはいられません。前作、前々作で彼の成長物語は幕を閉じました。ここからは「ジェームズ・ボンド」の物語です。

冒頭の暗い川底に沈むボンドのイメージが頭から離れません。黒と白と過去と未来と。黒い感情を抽出したような闇に呑み込まれてしまう全身を包み込む。当たり前だけどボンドは光を求めて浮かび足掻く。暗いイメージのクレイグボンドが今作では光の役割を果たしている印象です。過去と現在、黒と白、対立する2つの要素がぶつかり合い混在し、拒絶し、消そうとする。観客が目にするのは単なる娯楽の大家としての007ではなく、簡単な言葉を受け付けない高次元の存在となった007。素晴らしい。素晴らしいッ(つД`)

胸の中が万能な言葉の秩序さえも全然役に立たない混沌とした有様にあるということに大いに確信があります。飾りっ気なく表せば「感動」でしょうか。この作品から得た感覚をたった2文字に込めるにはもったいなさ過ぎる気もしますが「帰って来た」と確信した時はつむじ曲りでも純粋にそう感じます。

あらすじ↓
ボンドとMが自分の過去とのケリをつける(詳しいレビューをご覧下さい)

・超える宿命
→当たり前ですがボンドを超えられるのはボンドだけ。彼を置いて他にいません。シンプルかつハードな宿命です。前作と前々作の未熟さは円熟しプロの顔つきです。もはや意識せずとも雰囲気でボンドを演じられるダニエルさんの老け方が実に素敵です。容貌だけでなくアクションも磨きかかってます。一番脂の乗り切った状態でしょう。そんな状態で臨めばバケモノじみた作品も生まれます。クレイグボンドはカジノ・ロワイヤルが至高だという考えを改めようかと思います。

・空が落ちてくる
→ オープニング曲のスカイフォール。暗示的で今作の核心部が見えそうな気がします。劇中のMの台詞に重ねるとしっくり来ます。Mが亡くなった旦那の好んでいた詩を引用する場面に彼女の信念がうかがえます。

「かつて天と地を動かした あの強さを我々は失った だが英雄的な心は 今も変わらずに持っている 時代と運命に翻弄され 弱くはなったが 意思は強く 戦いを求め 見出し 屈服することはない」

落ちぶれても闘う誇り…ボンド、MI6、イギリスのプライドの暗示でしょうか。

ボンド
→任務失敗、死の世界へ、復職のスパイ適性試験不合格…今までの彼らしくない100%ではない力。それでも敵に挑む。

MI6
→ スパイの黄金期は終わったと世間から冷ややかな目で見られる。テロリストにプライドを傷つけられプライドを取り戻す闘い。

イギリス
→ アメリカに覇権を奪われた落日の国…そんな世界であろうと生き続ける英国精神。

これら三要素が一体となったのがボンドでしょう。Mが曰く「不屈な英国人の鏡」ですからボンドは英国魂のシンボルのようです。

・世代交代?
→ 女性に大人気のQやマニーペニーなど007シリーズでお馴染みのキャラクターが若々しいキャストで生まれ変わります。それはいいんですけど、ボンド、ベテランを自負して世代交代かぁ〜と呟いてますが、前まで新米だったから違和感があるんですが…ま、まぁベテラン臭がスンゴイからいいか。あと懐かしのボンドカーの爆破やペン型爆弾の悪口なんかも世代交代を匂わせますね(´ι_` )

・過去と現在
→今作の醍醐味は生と死のイメージです。生は新キャラやボンド。対して死はMの過去とその忌まわしい過去の亡霊。今作がとりわけ異色なのはMにフォーカスした点です。Mというとデスクに座って後方支援してるおっかないオバちゃんのイメージしかなかった。それが今作では前線に出てきて、危ない場面にも立ち会い、戦闘にまで加わります。スカイフォールは続編への布石、生のイメージや、過去を掘り下げる死のイメージが混じり合った深みのあるドラマが味わえます。単なる娯楽作からさらなる高みへ登りつめます。

・ボンドガールM
→ みなさん、ご冗談を、あんなオバちゃん…と思っていた自分を殴りたい。もはやボンドシリーズには欠かせない存在のMを掘り下げるなんて面白い試み。冷徹で時に非常な彼女が今作は血の通った人間に映えます。彼女は過去から逃げています。過去は彼女を逃がしてくれません。しつこく追いかけます。シルヴァという名の亡霊…Mに求めていたのは復讐か、それとも母性か…自分にはよくわからなかったですが、トチ狂った彼が消し去れない過去の亡霊として映りました。前述したようにボンド(ダニエル)も主人公として以前のボンド像(過去)と闘っています。Mも同じく自分の過去と闘います。過去を超えること。Mは決して脇役ではありません。ボンド共々今作の主人公…ボンドガールでした。

余談ですけどコレをまとめるのに2時間ぐらいかかりました(酩酊)けっきょく駄文で徒労になりましたがスゴいんです(くどい) スパイの娯楽作として一級品ですしドラマとして観ても読み込める深さがあってスゴい。自分が生きている内にボンドがボンドを超える姿を観れたことが一種のドラマでした。

スペクター楽しみです(ノ∀`)
またOOがぶら下がるんですかね(期待)ほ