普通の女の作品情報・感想・評価

「普通の女」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

夫婦の元に夫の弟が転がり込む。
弟は兄嫁を女として見ている。
弟は兄嫁に尋ねる。
弟「俺はアレをしたらダメなのか?」
兄嫁「夫婦じゃないから」
弟「彼(兄)が許せば?」
兄嫁「聞いてごらん」
兄は作業場で鉋を引いている。
弟は中々言い出せず、見かねた兄嫁が口を開く。
「私と寝たいそうよ」
とまどう夫
「あなた次第よ」
「いいぞ」と答えてしまう。
妻と弟は寝室へ。
キスをしてベッドイン。
夫は中の様子が気になって仕方がない。
第2回東京国際映画祭
インターナショナル・コンペティション
渋谷パンテオン

オーストラリア映画のルネッサンス第二世代のホープであるキャメロン監督が、新進の女性プロデューサー、ジャン・シャープと組んだ作品。高名な劇作家ピーター・ケンナが自分の生い立ちも反映させて書いたという脚本は、世間体を気にして、おし殺したはずの欲望に振りまわされる女性の悲劇である。(公式プログラム)