突撃芸能レポーター ジミニー・グリック!の作品情報・感想・評価

「突撃芸能レポーター ジミニー・グリック!」に投稿された感想・評価

アメリカの田舎のTV番組のポンコツレポーターがトロント国際映画祭のセレブリティ突撃レポートに訪れたら映画関係者の殺人事件に巻き込まれる…という珍ミステリーコメディ。 
映画祭で毎回行く場所がいくつも出てきてニヤニヤしてしまった。

実際の映画祭の映像とフェイク映像、俳優本人とそっくりさんと架空人物がミックスされて描かれる。

主演のマーティン・ショートはレポーターのジミニー役とデヴィッド・リンチ役の一人二役。
この偽リンチがまるで名探偵アポロや日本でいう古畑任三郎のようなポジションで、リンチの映画になぞらえて事件の真相を探るのは面白いが、それ以外がレポーターのジミニーによるコントのようで退屈かも。

取材のために観た映画で爆睡したくせにレビューでは絶賛するとか、実際にもあるんじゃないか?というブラックネタも。

2002年のトロント国際映画祭が舞台になっていて、キーファー・サザーランド、フォレスト・ウィテカー、ジェイク・ギレンホール、スーザン・サランドン、シャロン・ストーンなとが実際にレッドカーペットでジムニーの突撃取材を受けていたが、あれはゲリラ撮影なのか事前に知らせてあったのかどっちだろう?
批評家のロジャー・エバートまで出てくるし。
ウェレム・デフォー、ウーピー・ゴールドバーグもチラリ。

カート・ラッセル、ロブ・ロウ、スティーブ・マーティンのインタビューはちゃんと脚本を元に収録したっぽい。

ミステリーはさほと期待せずに、映画祭パロディ映画として観るのがいいかもね。

邦題ついてるな?と思ったらスターチャンネルで過去に放送したらしい。

あなたにおすすめの記事