みむさんさんの映画レビュー・感想・評価

みむさん

みむさん

★は気に入った度。
スクリーンで鑑賞したものを遡ってせっせと記録中。DVD/Blu-ray鑑賞したものは後回し。特に記載がないものは一般公開または一般試写で鑑賞したものです。

映画(1629)
ドラマ(0)

モーグリ: ジャングルの伝説(2019年製作の映画)

3.4

ジャングルブックのモーグリが、師匠(?)の黒豹バギーラと出会い育てられ、受け入れられていく話。

モーグリとバギーラの交流がいいよね。
かつてのバギーラの境遇まで語られ、その背景を知らなかったわたしは
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.0

ビフォアシリーズっぽい、ひたすら二人が喋ってるやつ。キアヌもウィノナもクセがありすぎるキャラを嬉々としてやってる感じがいいわ。
このキャスティングのおかげで楽しかったよ。
(このキャストじゃなかっは
>>続きを読む

エルヴィスとニクソン 写真に隠された真実(2016年製作の映画)

3.4

ニクソンがプレスリーと密談してたっていう国家を全く揺るがさない話。どこまでホントなのと思ったけど、だいたいホントみたい(笑

ケビン・スペイシーのニクソンはもちろん、全然似てないのにプレスリーに成りき
>>続きを読む

マチルダ 禁断の恋(2017年製作の映画)

3.3

なんか波瀾万丈なニコライ2世の話にどろどろ劇が加わってすごそーだ!と思ってたらマチルダが逞しすぎてビックリだ。めちゃくちゃ強い人だな!
ニコライ2世もマチルダも本作で描かれたのはその一部だけど、彼女の
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.0

のどかな牧場での不器用な二人のラブストーリー、老いた母、病気の父と同居しながら毎日を過ごす。
ヨークシャーの大自然が美しい。

良い映画だけど、好みかどうかといえば…?という感じでした。
LGBTだろ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

また映画化するのなんで?と思ったらマリーの娘クララのアドベンチャーファンタジーになってた。
子供に見やすく、大人には豪華キャストで見せる、無難なやつですな。
めずらしくセルゲイ・ポルーニンが本職で登場
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.8

長きを経て世代をまたいだ因縁の相手。それぞれが腹に何かを秘めてるが、戦う本人は勝ちにいくだけだ…その戦いが激アツすぎて!
強いデカい早いの強敵に立ち向かうクリードに見る側も力むわ…

それまで憎さ満開
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.0

ベルリン国際映画祭にて

すごーくシネスイッチ臭がする映画。
戦争で夫を亡くした一人の女性が書店を開いて小さな街で生きていく、という話。エミリーの魅力炸裂だし、これまたビルナイさんが良い役なんだな。
>>続きを読む

キックス(2016年製作の映画)

3.3

僕の大切なスニーカーを返せ~💢からはじまるドタバタ劇と思って見に行ったら、それが引き金でたいへんなことになってて…😵😵😵
多分平和な国ならコドモのいざこざで終わるだろうに…
アメリカこわい🔫こわい…😱
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

3.0

ディケンスの「クリスマスキャロル」とその誕生までをミックスしたコメディちっくなファンタジーだった。

名作誕生前はあんなだったのか、というのとストーリーにクリスマスキャロルをそう盛り込んだのかというの
>>続きを読む

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!(2017年製作の映画)

3.5

とても夢のある話だったねーこれ😁
こんな話があったりしてね…ニコニコ☺️っていう映画でした。
ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・クリカレフの当時宇宙滞在最長記録の裏には何が?という、実話に基づくフィクション
>>続きを読む

マダムのおかしな晩餐会(2016年製作の映画)

3.2

おや、トニ・コレットがメインかと思ったらこれロッシ・デ・パルマがかなりおいしいところを…😁
セレブな晩餐会に新鮮な風をふきこんだマリアの魅力にあっぱれ。
この展開のラストにありがちなショットを入れな
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

4.0

むさ暑苦しいバンコクの刑務所、ガチの服役囚集団、涼しげなジョー・コール演じるビリーがズタボロになりながらボクシング(&ムエタイ)を拠り所に必死に生きる。
ドキュメンタリーのように無駄を排し地獄っぷりが
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.8

おもしろかった。神経すり減る映画だけど、こーゆースリラー好き。人間てのはなぁ…!って。

恐怖の対象との距離の取り方がうまいと思う。視覚的にも物語的にも。

そして、ラストのぶった切り方にえ…?と思っ
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.3

エイミー・シューマーのコメディエンヌっぷり炸裂で声出して笑っちゃった😂スーパーポジティブムービー。
些細なこと気になっちゃってモヤモヤする人はこれ見て笑ってポジティブになるといい!w

自分をまず好き
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

想像してたのとちと違うシンデレラストーリー。
思いの外ヤマが前半にやってきて、この後どーすんだろ?って見てたらそっちに持ってったか。
ブラッドリーはアル中ヤク中ミュージシャンで滑舌悪くて台詞が聞き取り
>>続きを読む

ソング・トゥ・ソング(原題)(2017年製作の映画)

3.4

音楽プロデューサーと売れないミュージシャンの2人の三角関係、浮気したり行きずりのアレコレやら、いろいろあったけど、やっぱりあなたとシンプルライフを…ってのを相変わらずのテレンス・マリックポエムで2時間>>続きを読む

セレブレーション(1998年製作の映画)

3.8

ドグマのルールにのっとり撮られた映画。

 鉄鋼王ヘルゲの還暦祝のパーティは穏やかに終わらなかった…という。
集まった人たちみんな何か腹に抱えてる感じだし、それ言っちゃだめよ的な家族の暗黙のルール破り
>>続きを読む

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.0

ワイン作りの1年にブドウ畑とワイナリーを相続するしないの話が絡んできて、大変だ!っていう話。3兄妹のうち、いちばん大人しそうなあの人が義父に放つ一言が痛快でした😁
兄弟愛、父子愛とワインへの愛情を描い
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

3.5

一度自宅鑑賞しただけだったので、あの音響と大スクリーンで見るのはまた全然違うね…! 衝撃に弱い爆発危険物ニトログリセリンをあのジャングルと悪天候の中をボロいトラックで運ぶっていう…やばいに決まっとる…>>続きを読む

Shotgun Stories(原題)(2007年製作の映画)

4.0

父の死を機に離れていた兄弟が集まる。もともと疎遠だった兄弟が葬式を機にまた対立しあう。

アメリカのかた田舎で平和に暮らしていた男たちのスイッチが入って一気に物語が動く、複雑な家庭事情もありながら保っ
>>続きを読む

リプライズ(2006年製作の映画)

4.0

ヨアキム・トリアー長編監督デビュー作。

作家を夢見る仲良し2人男。

片方が売れっ子作家になるが、もう一人はなかなかうまくいかず…だったのが…

夢を追う若者青春ドラマ風に進み、挫折や恋愛なんかも描
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

最後の20分くらいだけ「お、おぉ…」となったけど、あとは長い…長いよ…。そしてなんでもかんでも台詞で説明するわりにはまとまりなくて全く頭に入らず。
脚本JKローリングなのな…

基本ファン向けムービー
>>続きを読む

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

3.2

同じ男性を愛した二人、スイーツつながりの3人。距離も性も越えて…な話。
こうなったりして…と思った方へ進んじゃってあらまぁ…という感じ。
とてもじっくり描かれるので中盤がちと長く感じたかな。
それにし
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語(2017年製作の映画)

3.3

名作「アンナ・カレーニナ」に出てきたヴロンスキーが日露戦争の最中つかのまの休息にアンナを振り返る、っていう回想形式。ヴロンスキー視点と彼の記憶によるアンナカレーニナ。
アンナの息子は成長してイケメンに
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

ゴーストになってからの人生、というのがありそうでなかった感じ。
残した妻とかつて暮らした家の行く末を見守り。あー切ないねぇ…。
自分はそこにいるけど世界は回っている時間はすぎて行く。

四角い画角と長
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

2.8

これネタは面白いんだけど、何かが足りない。無味だったなー。

「ライオット・クラブ」級の胸糞、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」級のクレイジーさを兼ね備えたおいしいネタなのでもったいないなあー。
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.5

スニークプレビューだったが、尺とジャンルを見てこの作品だろうと思ったら大当たりでした。

公開が待ち遠しかった作品。

いやー期待以上に面白かった。

この設定の映画、他にも何本かあったけど本作がピカ
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.0

「ライ麦畑でつかまえて」が心の拠り所の青年が、作者のJDサリンジャーを探す旅へ。
あとから知ったけど、これ監督が実際にやったことから着想を得た話なのね…?

自作を解釈を加えて映画や舞台にされること
>>続きを読む

オスロ、8月31日(原題)(2011年製作の映画)

4.0

薬物依存から立ち直ろうとする青年、社会復帰のために街に出て、ささやかな幸せとともに生活を送っている昔の友人たちに会ったりするうちに強烈な疎外感に襲われる。

その姿が痛いほど伝わる演出。普通に見えても
>>続きを読む

嘘はフィクサーのはじまり(2016年製作の映画)

3.5

これ痛々しすぎて面白かったです。キャスト結構豪華。忖度ってキャッチコピーとはちと違う、空気読まずにグイグイ来る、知り合いが大物になったとたん自分まで大きくなった気分で嘘までついてやらかしちゃうおじさん>>続きを読む

パウロ 愛と赦しの物語(2018年製作の映画)

2.8

なんか観客が「教会かどっかから言われて観に行かされた」ような客ばっかだった。キリスト信者向けかなー。

「パッション」でイエスやってたジム・カヴィーゼルがパウロやるのかと思ったらルカだった。パウロを
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

2.0

ペプシのどっきりCM「ドリュー爺さん」を長編化したらしい。NBAの有名選手が爺さんメイクで登場してまぁ楽しそうにやっとりますな😂😂😂
ただ、これその辺の事前情報ないとノレなくてさっぱりだな。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

クイーンは「曲を知ってて人知らず」のバンドのひとつ。フレディ・マーキュリーについても亡くなっていることしか知らずに観た。
あの音域はそーゆーところが効いてるの!あの曲はあんな風にできたの、さらに生い立
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.2

このシリーズくっだらないけど見ちゃう😂😂
あのポンコツっぷりでなんとかなっちゃうから笑っちゃう。
くだらないけどよくできてると思ったら、びっくり!ロバート・ウェイドかかわっとる!
オルガ・キュリレンコ
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

2.8

なんかドラえもんとのび太くん、しずかちゃんみたいな話を今のネタ(SNS等)で飾り付けしたような映画だった。
ひみつのツールで力を得ても結局自分で自分を変えないと!っていう、いつの時代も普遍なテーマだな
>>続きを読む

>|