みむさんさんの映画レビュー・感想・評価

みむさん

みむさん

★は気に入った度。
スクリーンで鑑賞したものをせっせと記録中。DVD/Blu-ray鑑賞したものは暇なときに後からどっさり記録してます。

映画(1870)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.4

面白かった。スタイリッシュな映像と音楽で描かれるグダグダな学生たちの強盗一部始終。
なるほどドキュメンタリー畑の監督なんだね。
強盗映画を思い描いたプロセスと素人大学生の現実のギャップ、終盤はいろんな
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.3

ジャパンプレミアにて。

真面目に実写化したアラジンでしょ~と思ったら、まあ、確かにそうなんだけど、これウィル・スミスがいる画面といない画面で温度がぜんっっぜん違うww
ジーニーやってるウィル・スミス
>>続きを読む

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2014年製作の映画)

3.3

ステランパパにブルーノ・ガンツ、ポール・スヴェーレ・ハーゲンまで出てたのね。デヴィッド・サクライも殺し屋で登場しとるし。

息子を殺された善良市民のおとーさん、警察が犯人捕まえてくれないならワシが…!
>>続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.3

チャラいおじさん、美人を目にしてついつい嘘ついちゃって後に引けない…本気になったらどうする…?なラブコメ。
子供みたいだな…と思って見ていたら…大人じゃん…いい話じゃん…。
さらに小ネタもチョイと挟ん
>>続きを読む

マクマレン兄弟(1995年製作の映画)

2.5

アイリッシュ系三兄弟を描いたラヴ・コメディ、なんだけど、そんなにコメディって感じしなかったな。
いい歳した男兄弟のカッコ悪さが生々しい、とのことだけど、面白いかどうかわかる前に寝た💤

ひたすら淡々と
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

2.9

ジェイデン・スミス出てるじゃないか。
miu miuの短編から派生したのね。
実在するガールズスケーターたちのこの年頃ならではの友情やらアレコレ。
怪我してママにスケートボード禁じられてるときに出会っ
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.4

これやりたいこと全部つっこんだな!?😂😂なんかもういろんなもんが入ってた。
やりきった感がすごい。

序盤こそマジメか!と思ったけど後半に進むにつれもうねw
戦争映画の迫力、ナチス、サバイバル、古きよ
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

4.2

これ予想よりはるかに面白かった。単なる復讐劇じゃないよ。原作ありなのね。
ジャッキー演じるクワンの背負ってるものが壮絶、重い…。それも相まってか、ジャッキーの老い演技&老けメイクがこんなに涙を誘うとは
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.5

レイノルズの眉間皺寄せピカチュウが新鮮なのは出てきてから20分くらいで、見慣れちゃうとストーリーの陳腐さが目についてダメだ😰

短編でちょうどいいんとちゃうか… と思いました。

あと、ビル・ナイの飼
>>続きを読む

THE QUAKE ザ・クエイク(2018年製作の映画)

3.8

「ザ・ウェイブ」と2本イッキ見。
前作から3年後、大惨事の心の傷癒えぬうちに今度は1904年のノルウェー大地震級、もしくはそれ以上のものが再来。
オスロ市内壊滅、地震描写もなかなかだが、今回もその後の
>>続きを読む

THE WAVE ザ・ウェイブ(2015年製作の映画)

3.8

見逃してたアカデミー賞外国語映画ノルウェー代表作。続編「ザ・クエイク」との2本イッキ見。
ノルウェーって地震頻発国なのね。
しかもこの舞台になった町、地形的にもう津波起きたら悲惨になるのが容易に想像つ
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.3

イタリア映画祭にて。

去年9月に見逃して以来待ってたよ。やっと日本で観れた。
「リアリティ」「五日物語」がツボっちゃったので新作待ち遠しかったわ。その2つとは全く違うが期待通りのやつ。

ワンコとト
>>続きを読む

幸せな感じ(2018年製作の映画)

4.0

イタリア映画祭にて。

これよかった。兄弟愛を描いたドラマで湿っぽさとユーモアのバランスも良い。なにかにつけ対照的な兄弟、兄の病気を知り弟は治療に専念できるようサポートしようとするが…。
見た目もまっ
>>続きを読む

彼女は笑う(2018年製作の映画)

3.3

イタリア映画祭にて。

夫を突然失った妻と夫の父。生気を失ったような妻の様子が淡々と語られ、取り乱したり泣いたりする姿を写すわけでもなく、ボー然としている姿が余計につらい。
演じるほうはかなり難しいん
>>続きを読む

ルチアの恩寵(2018年製作の映画)

4.0

イタリア映画祭にて。

おもしろかった。コメディなんだね。アルバ・ロルヴァケル演じる測量士の前に現れる謎の女性。
農地にショッピングセンター建設する件に絡んでる?何者?神?頭おかしい?と思いつつも、こ
>>続きを読む

女性の名前(2018年製作の映画)

3.3

イタリア映画祭にて。

セクハラが横行しているケアハウスで働く女性たちの話。
Me Too運動が大きくなってきた今タイムリーな話だけど、それよりだいぶ前からこの映画の構想があったそうな。
ケアハウスと
>>続きを読む

帰ってきたムッソリーニ(2018年製作の映画)

4.0

イタリア映画祭にて。

「帰ってきたヒトラー」のイタリア/ムッソリーニ版。プロットほぼ同じだがこれも面白い。
国が弱っているor国民に不満がたまってる状況でムッソリーニが舞い降りたら…?
半分笑いなが
>>続きを読む

私の娘よ(2018年製作の映画)

3.5

イタリア映画祭にて。

去年ベルリン国際映画祭でチケット完売で観られなかったやつ。
産みの親と育ての親、二人の母親の間でゆれる10歳の少女。
意外とこの子が強い子、というか。
母が二人いるってことでい
>>続きを読む

盗まれたカラバッジョ(仮題)(2018年製作の映画)

4.0

イタリア映画祭にて。

実際の事件を元にした話。その事件を映画化しようとする人たちを通して事件の概要を知ると同時に、映画化スタッフが新たに事件に巻き込まれ…?
2層構造としてもキマってたし、サスペンス
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.5

アベンジャーズ大感謝祭だったな。
そりゃ尺3時間になるわけだ。
しかしルッソ兄弟、あれこれキャラクター出さなきゃならないし、制約や横槍あるなかよくまとめて終わらせたよなあ。
その上これだけのキャラクタ
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.2

しっかり不気味で怖すぎるヨローナ!心臓に悪い…😱ビクること何度か。
メキシコの伝承を元にした話をジェームズ・ワン製作総指揮のもとしっかりテイスト受け継いどる!と思ったら、死霊館シリーズのあの人とアレが
>>続きを読む

The Public(原題)(2018年製作の映画)

3.5

トロント国際映画祭にて。

目にした記事からインスパイアされた話だそうだ。
図書館である日一人がホームレスたちと「寒さのなか帰るところがない」と座り込み抗議を始めたことから、警察まで登場する大ゴトに。
>>続きを読む

イメージの本(2018年製作の映画)

2.5

ゴダール爺さんの独り言に延々つきあいながら、さらに脳内映像を垂れ流されるって感じ。

90分未満とは思えない体感時間の長さ。

お爺さんのダラダラまとまりない話に慣れてればなんとかなったか、という問題
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.0

試写にてスクリーン鑑賞。過去2作は好きで、3作目はどうかな?と思ってはいたもののキャスト以外の情報入れずにいた。
時空いじり入ってはいたけど、ずいぶんフツーのおとなしいSFになっちゃったなーと思ってた
>>続きを読む

ヘンリー(1986年製作の映画)

3.0

300人以上殺したっていう殺人鬼を描いてる。恐ろしい人物ではあるけど、どこか引いた目で見ちゃったので映画としてはあまり怖くなかった。
痕跡残しまくりじゃん?と思うけど大量に殺人してるんだよな…
事件を
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.8


バレリーナを目指したトランスジェンダーの主人公。
端から見てるともうなにも不自由なく見えるのだけど、その姿の裏にある葛藤と「皆と同じようになりたい」という思いを生々しく描いていて。周囲の理解はあって
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.5

これ想像してたのと全然違った(良い意味で)。
実際の事件から着想は得てるし社会派要素も入ってるけど、ファンタジーだな!?
中盤のある時点かは「あ…これはもしや!?」と思いはじめ、終わってみたらミステリ
>>続きを読む

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

2.8

富豪一族にはドロドロ劇やめんどくさい人間はつきものだな…と。
王道ミステリーのアガサ・クリスティ作品てことで、犯人は誰だ?を予想して楽しんだけども。これちょっと言葉で説明しすぎじゃね?せっかく映像で描
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.0

DCいい感じに力抜けてるような…!?笑わせようとしすぎてスベッてるんじゃないかと心配してたがそんなことなかった。のびのびやってるわりにキッチリまとまってて良かった。
ヒーローに慣れてないシャザムを容赦
>>続きを読む

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

3.0

賛否両論もわかるわ。たぶんきっとシンプルな話なんだろうけど、描写と構成が独特すぎてよくわからん。
とりあえず自分なりに組み立てなから観たけど。これは監督の話聞きたかったなあ~(トークショー整理券逃した
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.5

JAバヨナ「永遠のこどもたち」「インポッシブル」の脚本を手掛けたセルヒオ・G・サンチェスが監督脚本と聞いて求めていたものがまさにそこにあった。単に音やグロでビビらせるだけではなく、伏線も効いている、じ>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

3.3

あのキャッチコピーはちとわたしは納得いってないんだけど、恐ろしいことには変わりない。
数々の映画で描かれたサイコ野郎はどこか映画としてのキャラとして俯瞰して見てたのと比べ、このサイコ男は「こういうヤツ
>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

3.5

馬と少年のあったかい話かなとか想像してたけど、全然違う、過酷な少年の話だった。孤独な少年の愛情と拠り所を求める旅だった。
途中、最悪の状況まで想像してしまった。ある程度何かができる歳ではあるけれど、や
>>続きを読む

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

3.5

これ面白かったよ。フットボールスタジアム版ダイハードって確かにそんな感じ。
ウェストハム全面協力でUpton Parkで撮影してたんだね。元選手もカメオ出演してたって後から知った。
テロが実行されよう
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

面白かったー!!激アツじゃん。原作は元米海軍潜水艦艦長による小説だそうだ。

潜水艦沈没から地上の特殊部隊やらロシアのゴタゴタやらも盛り込んで繋げて大変なことになっとるけど、テンポよく次から次へとガン
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

息子を愛するお父さんの姿にやられた…😭😭
あんなに仲良かった息子は年頃になってドラッグに。
あれだけの愛情をもってしてもドラッグに嵌まってしまうとこうも無力なのかと思うと悲しくなるし、ドラッグ依存のそ
>>続きを読む

>|