バトル・オブ・ロサンゼルスの作品情報・感想・評価

「バトル・オブ・ロサンゼルス」に投稿された感想・評価

やった!
アサイラム作品!
大好物!

突っ込みどころが
多ければ
多いほど
楽しい系

しかし
キャプテン・アメリカな
あの人が
叫び出した時は
鳥肌が立った!
ここは
五億点
ツボにはまった!

2〜3分鳥肌は持続するものの
あとは失速

エクサスケールな
アサイラム作品に
パンジージャンプ
撃ってるのに薬室の回転しないリボルバーと空き地に掘っ建て小屋を立てただけの「米軍基地」セットといきなり出てきて宇宙船を刀で真っ二つにする宇宙くノ一が見所です。
MiYA

MiYAの感想・評価

1.0
「午後のロードショー」にて。うひゃー、私の嫌いな「インディペンデンス・デイ」を低予算で焼き直したみたいな映画だー。B級どころかZ級! 刀で戦うヒロインとか、つっこむ気力もおきない…。

タイトルはレイジみたいでカッコいいんだけどなぁ(苦笑)

このレビューはネタバレを含みます

 
 
 
 
自宅で鑑賞。米国のオリジナルビデオ。ストーリーは悪くないが、映像はドコかで見掛けた様なのばかりでオリジナリティが乏しい(殆どが廉っぽいCGに頼ったSFX、母船はマットペインティング処理!)。更にシナリオは尺稼ぎの無駄としか思えないグダグダの遣り取りが繰り返され、全体のテンポを著しく落としている。また本筋を見失いかける程、無駄なエピソードも多い。登場するエイリアン“ケオル”は眼の大きい蜥蜴の様な顔に三本指と今時、余りお眼にかかれないステロタイプ。バッドテイスト満開の愛すべきモロンムービー。40/100点。

・日本刀を担いだおばさん“カーラ・スミス”を演じるN.ピープルズ、ドコかで憶えのある名前だと思ったら昔観た『ザ・デプス('89)』に出ていた。他にも気になったのを列挙すると──バッチリお化粧をした戦闘機を操る女性パイロット達、何をしに出て来たか判らないE.デルイターの“アーンステッド”、滑走路や管制塔すら無いコテージ風の建物が並ぶロサンゼルス北部空軍州兵基地、約8km先の第7地区MJ-12迄攻撃するUFOを避け乍ら徒歩で移動する一同、採石場にしか見えない秘密基地、レーダー等を使わず目視で指示を出すR.P.ダニエルの“ウェイクス”司令官は戦闘機を竹槍で落とす様に飛行するUFOを拳銃で撃ち落そうとしたり(射程距離と云う語をご存知でしょうか)、機密事項を何でも喋ってしまうT.アベルの“メイコン”大佐、ドコか誤解の有る描かれ方をしているMJ-12、人質解放の為らしいが結局何がしたのか判らないエイリアン軍、ローテクで命中率がやたら低いエイリアンの兵器の数々、正に驚くべき未来の動力「真空管」と「宇宙の力」……等々、もうお腹一杯です。

・鑑賞日:2012年4月5日
★☆ 某サイトより転載 ☆★
 
 
 
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.0
テレ東。感想は皆さんの通り、チャチなCGと意味不明なストーリー。エイリアンも妙だし、ナメクジの化物も笑える。最初に軍曹が自動小銃で円盤に向かうところからずっと同じトーン。
テレビ局の買付け担当は本作は観ないで購入するのかなぁといつも疑問に思う。色々と大人の事情があるのだろうけど(笑)
mahiharu

mahiharuの感想・評価

3.0
テレ東で再鑑賞。
2016.6.3
のら

のらの感想・評価

1.5
アサイラムのタイトルとあらすじを見て想像だけで作ったいつものパクリ映画。

ただアサイラムの映画にしても、作りがチープだしストーリーも劣化版インディペンデンス・デイと言った感じ。

沢山戦闘機だす金あるなら、他の所に使うとか武器のデザインにもっと予算かけるとか配分考えたほうが良かったんじゃないだろうか?

ニア・ピープルズがキルビルもどきの女剣士で出ている所と、敵の戦闘機にリボルバーで立ち向かう司令官位しか見どころがない。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

1.5
やっちまった…
全く意味がわからん。
何がしたかった?
本当に最後まで観てしまったことに泣きそうな作品でした。
いいクソ映画とクソ映画の差を見せつける良いクソ映画だ
わーい!わーい!みんな大好きアサイラムだー!タイトルも怪しいぞー!\(^^)/
監督は「鮫の惑星」のマーク・アトキンス!? ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

とりあえずコーヒー片手に最後まで観た。あまりにも眠くて10回以上休憩したような..。何があったかほとんど記憶にないけど日本刀を持ったオバサンが頑張ってた気がする。最後はペコちゃんのパフケーキ食べてたら終わってたw
>|