世界侵略:ロサンゼルス決戦の作品情報・感想・評価

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」に投稿された感想・評価

2019/4/23

最初はB級映画かと思い見始めたが
有名な方々が次々と出てきて一人一人の
ストーリーも描かれており
戦争映画でこんなに泣いたのは
ハクソー・リッジ以来の映画。

心から熱くなれるし泣ける最高の映画
KOHEY

KOHEYの感想・評価

4.0
兵士たちの「お前は先に行け」感がたまらなく好きな私にはもってこいの映画でした。家にwi-fiあるって最高だよね。
rena

renaの感想・評価

3.3

何回も観ようと思って
結局観てなかったやつ

B級
エイリアン映画かと
思っていたら
有名な方々出てるのね

武器持つ系の
エイリアンだめだよね。
強すぎ!
こうなったら
もう
軍隊しか太刀打ち
出来ないもん
(・ε・`)
*
悪くはなかった
邦題が
ただただダサいけど。
思ったより迫力があった。
宇宙人が好きなので解体シーンが楽しかった~
よだれ

よだれの感想・評価

2.7
アメリカン海兵隊宣伝映画かな? ドカンドカン定番アメリカン映画好きな人に向いてる映画
暇潰しに観てみたが、それなりに楽しめた‼
ストーリーはきちんとしててまとまりもあった!
これ、1回見た気がするなぁ。けど、あんまし内容覚えてないもんやなぁ。
mk

mkの感想・評価

1.5
臨場感出すためだろうけど終始カメラブレブレで酔う。冗長で2時間の映画が倍近くに感じられた。設定ガバかったり所々CGがチャチかったりお話全体としてご都合主義がひどい。とりわけエイリアン側のデザインが全然イカしてないのが残念。この手の映画ならせめてどこか振り切って欲しかった。
葱

葱の感想・評価

2.7
まあなんか基本侵略モノにありがちな感じで、エイリアンが強すぎない所が都合のいい所であろう。

しかし「風邪をひかせればいいんだ」とか母艦にコンピュータウイルスを送って勝利する某映画とは違って、なんとか兵器で頑張った所は認めようではないか。

まあ私もエイリアンが身体を侵略しにきたが、寸前で脳への寄生は免れて右手だけがエイリアンではあるのだが、この映画のように侵略はしない。
共生の道を選んだわけだ。

そう、武力だけでなく話のわかるエイリアンの方が好きだ。
鑑賞記録
低めな評価が目立ちますが面白かったと思います
強いて言えば宇宙人がポンコツ歩兵なせいで緊迫感に欠けてるように思いました
一応軍隊vs軍隊の戦いではありますが、描かれるのは小隊vs軍隊の戦いなので、敵が適度に弱く見えるのは仕方ないのかも・・・
>|