サマー・ストーム / 夏の突風の作品情報・感想・評価

「サマー・ストーム / 夏の突風」に投稿された感想・評価

無

無の感想・評価

3.3
何故か男にも女にもモテモテなボート部に所属する少年のひと夏の思い出的な青春映画。
コスティア・ウルマンを目当てに鑑賞。
ドイツ語の字幕すら付いてない作品でも小難しい内容ではないので観てれば大体わかる。
昔の少女まんが的なベタな展開と、ライバルチームのメンバー全員がゲイというツッコミどころ満載でガバガバな設定に笑った。
まず一校の中からオープンなゲイがマイナースポーツのボート部に何人も集まるなんてキセキは世界中に散らばったドラゴンボールがうっかり全部揃ってしまうレベルだと思うのだが…
肝心のコスティア・ウルマンは当時20歳?でもしっかりと高校生に見える瞳がキラキラの美少年だったが準主役の割に出番が少なくて残念。
Nada Surfが歌うテーマ曲の「Blonde On Blonde」は作品にマッチしてるかどうかはさて置き優しくて良い曲なのでおすすめ!
おまけのインタビューやメイキング映像に登場した監督が役者と言っても通るほど若くてイケメン。
調べてみたら前に観た「みえない雲」の脚本家でもあるらしい。

Trailer
https://youtu.be/qs4VqnjnS7Q
kazata

kazataの感想・評価

5.0
現時点でのマイ・ベストBLムービー!
(ドイツ映画祭で上映された時に鑑賞。冒頭のワーナーロゴに安心してたらまさかの日本未公開かつDVD未発売!)

青春+同性愛+カミングアウトの映画として爽快感抜群の笑って泣ける胸キュン大傑作!

ボート部の少年が合宿先で他校の(全員ゲイの)ボート部と出会ったことで自身のセクシャリティに気づいて……な話。

親友が彼女とイチャイチャ→それを見せられてムカムカする主人公→そんな彼に恋心を抱く女の子&彼に熱視線をおくる他校のゲイ男子──多様な視点があることで誰もが楽しめるし共感しやすいキャラ設定と関係性の物語、かつ決定的な瞬間は映像で描く、とても良くできた映画。