M.K.

そこのみにて光輝くのM.K.のレビュー・感想・評価

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)
3.6
垢抜けた環境も浮き足立った状況も皆無な、重苦しく日の目を見ないやるせない映画だった。
近代の文学を読んでいるときのような、閉塞感というのか行き止まり感の強い映画。
やっと出口や明るみに近づくとそれがまた遠のいてしまう切なさ、そんな中にあって優しさや希望を諦めない悩める若者を綾野剛さん、池脇千鶴さん、菅田将暉さんが好演していたように思う。
誰にでもきっと用意されている居場所?ラストシーンがとても綺麗だった。