inabow

きみはいい子のinabowのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.8
『そこのみにて光輝く』でも思いましたが、呉美保監督は疲れた女性を描くのがうまいですね。尾野真千子の、何かとてつもなく重たいものを抱えているということがすぐに分かる表情、演技…素晴らしい…素晴らしく怖かったです。娘を"叱る"シーンはなかなか見応えありました。

そして、、池脇千鶴ですよ…
個人的に疲れた女をやらせると最強だと思ってます。本作では幸せな家庭を持った良いお母さん役で、『そこのみにて光輝く』のときほど疲れ感を前面に出してくることはないです。しかし、幸せそうにみえて実はこの人も重たい過去を背負っている…この幸せな中にも時折みせる暗く疲れた表情が上手いし、たまらんのです。
『そこのみにて光輝く』のときは憎しみあっていた池脇千鶴と高橋和也が本作では良き夫婦として暖かい家庭を築いているというのも、何か嬉しかったです。