アルマダ

マイ・インターンのアルマダのレビュー・感想・評価

マイ・インターン(2015年製作の映画)
4.2
ファッション通信会社の気難しい女社長ジュールズ(アン・ハサウェイ)は小さかった会社が拡大し、波にのってる状態で絶好調。そんな時にシニア枠で入ってきた70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)をジュールズは始めこそよくは思っていなかったが、会社でも人気者で紳士な彼と関わり次第に心を開いていく。

ほかのレビューでも書いてある様にとんでもない悪役がでてくるとかいう映画じゃないので最初から最後まで快くみることができます。

見どころはロバート・デ・ニーロ演じる70歳のベン。
彼は紳士で笑顔が温かく誰からも信頼される存在で見てるこっちも心地良い気分になります。最初はただのおじいちゃんなのに最終的には会社の大事な軸になってるところも好きですね。アクション映画のような勇ましい男に憧れることの多い僕ですが、この映画を見てベンのようになりたいと思いました。なので手始めに明日からハンカチを持ち歩くことにします。次はあの心地よいスマイルを習得したいと思いました。

ジュールズが悩みに悩んでいる入浴シーンでの浴槽で子供用の玩具で遊ぶシーンがあるのですがそのシーンが、悩んでいてどうしようもない時の虚無感を玩具で遊ぶことであらわしていてとてもよかったです。

この作品は、世代関係なく見れて各世代に影響を与えてくれて、人生を圧縮したような話の広い作品でした。一緒に見てくれた祖母もいい映画だと言ってくれたので間違いないと思います。
人生に疲れて元気が欲しい時など生きる希望を見出したい時にピッタリだと思います。