TSUBASA

海難1890のTSUBASAのレビュー・感想・評価

海難1890(2015年製作の映画)
4.6
日本・トルコ合作
泣いた。というか
ノーマークすぎて、びっくり
してます。
トルコと日本のための映画。
映画の演技とかベタ感は
映画の目がこえた方からすると
少々きついかもしれませんが
ストーリーが良すぎる。

どこまで脚色してるかは
わかりませんが
125年前、日本がトルコの
エルトゥールル号を救った話と
1985年のテヘラン空爆の話
です。8割くらいは前者の
話ですが。

トイストーリー3までは勿論
泣きませんでしたが、三箇所
くらい泣いてしまいました。
涙脆くなりましたかね?(笑)

人助けで泣ける人は
ほぼ必ず泣けるかと思います。

あと個人的には
トルコ語を昔少し勉強していたので
兵士たち→アスケルレリ
て聞き取れたのがよかったです!

沈没というか浸水らへんは
我が生涯一の映画タイタニック
を少し彷彿させるところもあり
好き嫌いが分かれる映画
かもですが自分としては
ほとんどパーフェクトでした!

強いて言えば、日本側の演技一部
ですが、これは相変わらずなので
まあいいとして(笑)
あとは西アジア特有のベタ感は
確かにあるといえばありましたが
感動を前にして全てが
どうでもよくなります(笑)

隠れた傑作です。
同日上映の杉原千畝が
いけるならこれも多分いけます。
逆に杉原千畝が無理なら
おすすめはあまりしません。

でも日本人は知っておくべき
内容かと思います(*^_^*)

追伸→どうやら評価はかなりわかれるようですね(°_°)
かなりいいかかなり悪いか、、
でも自分は周りの人が
どう言っても自分が感動して
良いと思ったのは事実なので
曲げるつもりはありません。。
失礼しました(°_°)