海難1890の作品情報・感想・評価

「海難1890」に投稿された感想・評価

流し見してたけどいい映画だった。
日本人がトルコ人を助けて後世に伝えられてるけどさ、日本ではトルコ人が助けてくれたことって後世に伝えられてるのか?わたしは知らなかった。。。
日本人がトルコ人にしてくれたことよりも
トルコ人が日本人にしてくれたことのほうがすごいと思う。
2019年1作目。

地元が串本の人に紹介してもらって鑑賞。

自分我慢して人助けるってなかなかできることじゃない。
人のために必死になれる人らってほんまかっこいい。

遺留品綺麗にしてるシーンもめっちゃええ。
最後のシーンで拍手できる意味がわからん。国民性が最高すぎる。

いままで全く思ったことなかったけどトルコ🇹🇷に行きたい
真心大事にして生きていきます。
janvier

janvierの感想・評価

-
湾岸戦争の頃にトルコ航空が在留邦人を助けてくれたと聞き、そこにつながるか話かと思ったら、85年テヘラン邦人救出のことでした。85年の首相は中曽根首相。自国民の救出手段について考えさせられた。
前半が邦画。後半が洋画。時に映画は歴史を残す為に刻まれますが、国交を意識した丁寧な作り。
その分あっという展開はないけど、画力が凄い。
みどり

みどりの感想・評価

4.0
"他を思いやる真心"

どんな人にも分け隔てなく思いやり、助け合うことを当たり前にできたら…
最近忙しかったので、久しぶりの映画館での鑑賞。やっぱ迫力があっていい!人が人を助けるという、わかりやすいストーリー。だから泣いてしまった。異国の地で困っている外国人を、自己犠牲を厭わず助けるその国の人達。他国の人達を助けるために、危険を覚悟で自国の救援機を1台追加で出すことを決断する首相。それに比べどこかの国は、危険だから、国会の承認が必要だから… 自国の国民を守ることもしないなんて、情けない。この国には、今も昔も真のリーダーはいないのだろうか?織田信長のような、強烈な傑物を望む!
前半の丁寧な作りと後半のやっつけ感がある展開に違和感が
トルコの民は日本人のあの恩を皆知っているという前提なのか?
なかなかいい作品トルコ人に偉そうな講釈を垂れるのが気に入らないが 日本人なら見ておくべき知っておくべきこと学生にはみせるべき
TANAKA

TANAKAの感想・評価

3.5
日本人とトルコ人の実話に基づいた物語。

100年以上前に我々の先祖がトルコ人にされた献身の心を、その80年後に恩返しとして受ける。

トルコ人の御好意に感謝し、またそんな日本の先祖の生き様を誇りに思い、日本人の「真心」というものをもう一度見つめ直し考えるきっかけとなりました。
全編が芝居がかっていてわざとらしいが、映画は楽しむものだと思えば良い映画で、感動します。
アメリカ映画では、よく1人の自国民でも助けに行く話があるのだが、300人の自国民も助けに行けない日本。憲法、自衛隊問題… 色々考えてしまう。
>|