TSUBASAさんの映画レビュー・感想・評価

TSUBASA

TSUBASA

映画好きの20代。フォロバ必ずします!
趣味は映画鑑賞、テニス、旅行などです!

1.0-1.9 駄作珍作
2.0-2.9 イマイチ
3.0-3.5 平均的
3.6-3.9 良作
4.0-4.3 オススメ
4.4以上 文句なし傑作

映画(1867)
ドラマ(3)

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.1

短文感想 71点
版権の問題などで伝説と化していたと言われている台湾の傑作。と言うもののちょっと自分には厳しいと思うものがありました。まず死ぬほど長い。236分は今まで自分が見た映画の中で多分2番目に
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.6

【凶悪的なブロリーの強さ】76点
ーーーーーーーー
監督:長峯達也
製作国:日本
ジャンル:アニメ
収録時間:100分
ーーーーーーーー
2018年劇場鑑賞108本目。
劇場版ドラゴンボー
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.0

【お国柄を生かした娯楽作】85点
ーーーーーーーーーーーーー
監督:S・S・ラージャマウリ
製作国:インド
ジャンル:ドラマ・コメディ
収録時間:139分
ーーーーーーーーーーーーー
これはスー
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ31(2009年製作の映画)

2.5

今作の目玉は「冥界へとつながる森」でしょう。やはりいきなりわけのわからない映像にシフトチェンジするのは反則であり、不気味きわまりない。しかもここに出てくる女と思しき存在は顔の原型を留めているとはいえず>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ30(2008年製作の映画)

2.0

不気味な女を引っ張ってきたのは賛否両論。投稿者たちが『不気味な女』をみているところをビデオで収めようとしたところ、後ろに不気味な女が立っているはあ?的な展開。逆にそんなこと本当にあったら失神してしまう>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ29(2008年製作の映画)

2.0

不発だらけの投稿映像。ほとんど記憶に残らないノーマルレベルの映像が多め。強いていうと深夜の公園で自分のダンス映像を撮ってる時に、女の頭が地面にあるのはやや気味が悪いといったところでしょうか。占い師も胡>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

2.6

短文感想 60点
誰にでも黒歴史や痛い話はあるでしょう。それをレディバードと名乗る女性の青春になぞらえて見せる作品です。田舎育ちなのになめられたくないため都会出身といったり、初体験に期待していたが思っ
>>続きを読む

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

4.2

【神の不在】88点
ーーーーーーーーーーー
監督:ロビン・ハーディ
製作国:イギリス
ジャンル:サスペンス
収録時間:86分
ーーーーーーーーーーー
これはカルト傑作です。無神論者と言えば聞こえ
>>続きを読む

血を吸うカメラ(1960年製作の映画)

3.6

【人の死に際の表情を撮る男】76点
ーーーーーーーーーーーー
監督:マイケル・パウエル
製作国:イギリス
ジャンル:ホラー
収録時間:102分
ーーーーーーーーーーーー
これで『欲望』、『ナイト
>>続きを読む

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

3.0

短文感想 70点
ん。。これそんなに良いですか?笑 普通オブ普通な印象を受けたのですが。。特に感動もせず、かと言って駄作とも思わない本当に普通の作品。平均スコアが4を超えているのはちょっと不自然とさえ
>>続きを読む

キートンの隣同士(1920年製作の映画)

3.5

短文感想
これは中々の傑作だった気がします。こんなぶっ飛んでる内容を作るのは何もチャップリンだけではなかったということですか。終盤の命綱なしの3人の組体にはもう笑ってしまいますし、よくこんなものを撮れ
>>続きを読む

キートンの化物屋敷(1921年製作の映画)

3.0

短文感想
銀行強盗の共犯と思い込まれたキートンが迷い込んだ屋敷が化物だらけだったという短編。階段がいきなり坂になる描写は工夫されていて面白いと感じましたし、ギャグに磨きがかかってきていると感じました。

八つ墓村(1977年製作の映画)

2.8

短文感想 66点
どこかでは聞いたことある村の名前。日本ホラー映画の金字塔とも言える今作をようやく鑑賞。いわゆる昔理不尽に殺された八人の村人の祟りを描いたものでして、その理不尽に殺されるシーンは凄惨。
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.3

【生理用品を売り続けた男】91点
ーーーーーーーー
監督:R・バルキ
製作国:インド
ジャンル:ドラマ
収録時間:137分
ーーーーーーーー
2018年劇場鑑賞107本目。
大手シネコンで
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.9

【恐ろしいのは怨霊か人間か】82点
ーーーーーーーー
監督:中島哲也
製作国:日本
ジャンル:ホラー
収録時間:134分
ーーーーーーーー
2018年劇場鑑賞106本目。
待ってました。『
>>続きを読む

禁断の惑星(1956年製作の映画)

2.9

短文感想 68点
ジャケットやタイトルからしてカルトSF映画と思っていましたが、最早お笑いと化してたSF映画界にメスをいれた画期的な作品であった模様。『死ぬまでに観たい映画1001本』に収録されている
>>続きを読む

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

2.4

短文感想 55点
発掘良品第65弾
汚い言葉が終始発せられ、若者の快楽や葛藤を描いた問題作。やはり若者はまだ完成された存在でないということがひしひしと伝わります。何がいけないことなのか、何が正しいこと
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.1

短文感想 48点
2018年劇場鑑賞105本目。
あのディズニーですらたまに失敗をする。今作がその良い例だと思います。確かにブリキの兵士の描写は面白いですし、世界観などは流石だと言わざるを得ないです。
>>続きを読む

アース:アメイジング・デイ(2017年製作の映画)

3.7

【生命ありきの地球】79点
ーーーーーーーーーーーーー
監督:リチャード・デイル他
製作国:イギリス/中国
ジャンル:ドキュメンタリー
収録時間:94分
ーーーーーーーーーーーーー
2018年劇
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.6

【鉄道を通して再生する人生】76点
ーーーーーーーー
監督:吉田康弘
製作国:日本
ジャンル:ドラマ
収録時間:120分
ーーーーーーーー
2018年劇場鑑賞103本目。
これシリーズモノ
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.3

短文感想 73点
少し思っているものと違いました。冒頭からのサックス?のようなもので奏でるテーマソングは魅力的であり見る意欲をわかせてくれます。ジャック・ニコルソンがとんでもなく若い。話はコテコテのサ
>>続きを読む

地獄門(1953年製作の映画)

3.1

【まるで共感できない主人公】71点
ーーーーーーーー
監督:衣笠貞之助
製作国:日本
ジャンル:時代劇
収録時間:89分
ーーーーーーーー
パルムドールとアカデミー賞外国語映画賞のどちらも受賞し
>>続きを読む

こころ(1955年製作の映画)

2.8

短文感想 65点
夏目漱石の『こころ』なんて、高校の国語の時間に一部抜粋で読んだくらい。小説はほとんど読まないので、やはりこういう文学作品にもこれから興味を持っていかないとと思っていますがなかなか。。
>>続きを読む

ローラーとバイオリン(1960年製作の映画)

2.6

短文感想 60点
『惑星ソラリス』、『ストーカー』などの傑作ならぬ奇作を世に送り出すアンドレイ・タルコフスキーのデビュー作。ちなみに傑作というのは世間での評価であり、自分は悉く撃沈していまして最早悲し
>>続きを読む

他人の顔(1966年製作の映画)

3.4

【仮面をかぶり再び社会へ】74点
ーーーーーーーー
監督:勅使河原宏
製作国:日本
ジャンル:ドラマ
収録時間:122分
ーーーーーーーー
事故で顔面に怪我を負ってしまった男が、科学技術の力を借
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.8

短文感想 80点
これはなかなか良かったです。余命宣告を受けた若者が残りの人生をどう過ごしていくか。若者版『最高の人生の見つけ方』みたいですが、こちらはかなりコメディ的に作られています。しかし、これは
>>続きを読む

デイライト(1996年製作の映画)

2.9

短文感想 68点
車を盗んだ犯罪者たちが乱暴運転をしすぎた結果、トンネル内で危険廃棄物を大量に載せたトラックに衝突し大炎上。多数の死傷者が出る中、トンネル内は閉じ込められてしまい、そこから人々を救いだ
>>続きを読む

キートンの案山子/キートンのスケアクロウ(1920年製作の映画)

2.6

そのまんまですが、キートンが案山子のフリをしたり犬と格闘をしたりする喜劇です。が、最終的には女性との恋愛をテーマにしているのがチャップリン的でもあり良いと思いました。チャップリンとの差別化を図るとする>>続きを読む

キートンの囚人13号/ゴルフ狂の夢(1917年製作の映画)

2.6

チャップリンも同じくゴルフを題材とした作品を出していますが、実はこちらの方が4年近く早い。囚人という設定であり、逃げ回りますし絞首刑にもかけられますし(もちろん成功しないのですが)、どちらかというとチ>>続きを読む

文化生活一週間/キートンのマイホーム(1920年製作の映画)

3.0

チャップリンと同じ時代を生きた喜劇を得意とする名俳優バスター・キートンの短編。家はぐるぐる回転するわ崩壊するわチャップリンとはまた違った角度から笑かせてくれる作品。単純に、このレベルのを短編でよく収め>>続きを読む

THX-1138(1971年製作の映画)

2.2

短文感想 50点
スターウォーズの生みの親、ジョージ・ルーカスのデビュー作。製作当初はわけがわからないと言われ興行的には失敗したようですが、スターウォーズシリーズが人気を博してからはじわじわと知名度も
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

1.4

短文感想 23点
2018年劇場鑑賞102本目。
絶句するほどのつまらなさ。フリーパスでなかったら見なかったですね。もともとハリポタシリーズは個人的には映画史上最も苦手なシリーズなのですが、今作はその
>>続きを読む

恐怖の報酬(1953年製作の映画)

3.9

【衝撃を与えたら即死亡】82点
ーーーーーーーーーーーーーーーー
監督:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
製作国:フランス/イタリア
ジャンル:サスペンス
収録時間:153分
ーーーーーーーーーーーーー
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.5

短文感想 75点
北野武監督の記念すべき1作目。『ソナチネ』や今作のように、北野武はバイオレンス映画が得意分野のようです。冒頭からホームレスをいたぶった少年A を無言にしばく映像は本作の不穏さを物語っ
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ28(2008年製作の映画)

2.5

今作の目玉は「面接」でしょうか。女性が異常になり外に出てからの映像が本能的にもう見たくない。誰もいなくなった後の定点カメラはやはり不気味であり、そしてありえない場所から顔が出てくるわけですから恐怖性は>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ27(2008年製作の映画)

2.0

最初の「誕生会」くらいしか思い出せない。バスタブから黒い手が出ているやつはおおっ、てなりましたが、それ以外はあまり記憶に残らず。24の「ダビング」を引っ張ったエピソードがめんどくさくなってきましたね。>>続きを読む

>|