emily

シンクロナイズドモンスターのemilyのレビュー・感想・評価

3.3
お酒におぼれ、定職にもつかないグロリアはとうとう彼に愛想つかされ、出ていく羽目に。行くとこなく田舎に戻ってくる。一方韓国ソウルでは謎の怪獣が現れる事件が起こっている。その怪獣はグロリアの動きがシンクロしているようだと気が付き舞い上がり、小学時代の友人だったオスカーやバーの仲間たちに話すが、事態は深刻化しており、怪獣はたくさんの犠牲者をだしはじめ・・・

 グロリアを演じるのはアン・ハサウェイ。酒浸りでダメウーマンを、少し低めの声のトーンでしっかり演じている。設定は唐突でぶっ飛んでいるが、欲深い人間の本質を浮き彫りにし、相対するものをロボットvs怪獣の戦いに重ね合わせ、コミカルかつ普遍的なテーマにしっかり収めていくので、見ごたえある。酒に溺れるダメウーマンが、戦いと平和のため酒を断ち、自分と向き合い、大事な物を取り戻していく。

 それが大げさなでに大規模なロボットvs怪獣という形で表面化され、ヒーローと化す。笑いを生みながら同時に感動と爽快感を残してくれる。誰しもこの世界の住人であり、世界と繋がっているのだ。一人の何でもない行動や意識が世界を変える事を改めて考えさせられる。