シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

アンハサウェイだから見た作品。もっと笑えるかと思っていたが、全然。自分の思い通りにならないことにイライラする男が、見ていてうっとおしかった。期待外れ。
アダヒ

アダヒの感想・評価

2.0
なんじゃぁこりゃあ!松田優作もビックリのヘンテコな映画でした。シュールなコメディかと思いきや、中盤からサスペンス的に物語が展開し、ラストはアンパンマンさながらの終わり方でした。まぁ、シリアスな役を演じたところでハサヘイターにネチネチ言われるので、アン・ハサウェイには変な映画で目をぱちくり、口をあんぐりさせてこれからも頑張ってほしい。
mika

mikaの感想・評価

-
試写会に参加させていただきました。
アンハサウェイが出演してる作品がほとんど好きなので即応募!当選してすごく嬉しくて期待して観させていただきました。

ダメウーマンのアンハサウェイは期待通りキュートで、序盤コメディだと思って観ていたのですが、途中から様相が変わってきます。ストーリーをどう解釈したらよいのか悩みながら鑑賞しましたが、裏にはもしかしたら、政治的・社会的なメッセージもあるのでしょうか。
人それぞれ感じ方や解釈が変わる映画かと思いました。
ぱん

ぱんの感想・評価

-
ダメウーマンのキュートでポップなコメディを想像していたのですが、途中から様子がおかしくなり…結果的にまあ裏切られました(笑)

だらしない女、男らしくない男、ずるい男、サイコな男、登場人物誰も好きになれない、ちっぽけな人間たちの、ちっぽけな世界で繰り広げられる(と言いつつ世界を巻き込む)お話。
きっとちょっとずつだけどグロリアは前に進んでいくのかな…?どうかな?と期待しすぎず期待させてくれる曖昧さが、変に飾りすぎずリアルなかんじで良かったと思います。

予想の斜め上をいく作品だったので今回はざっくりこんな感想ですが、2回、3回と観るごとに、また違った見方が出来る作品なのかなと思います。
masa36

masa36の感想・評価

3.6
"アン・ハサウェイ×怪獣" のかけ算の時点ではい観に行きますと思ってしまった😅企画の勝利

オスカーの冷静な(哲学的ともいえる)語り口が、後半で逆に活きている気がした

中盤で日本の"布団 futon"が登場。「フトン最高」と寝転がるグロリア。フにアクセントがあってちょっとおもしろい

原題 Colossal は最後の方でちょっと理解できた。むしろ邦題にある"モンスター"がじわじわとくる。グロリアにとってはオスカーもティムもモンスター。恐れだけでなくひがみや嫉妬の対象、と見れば"妖怪"にも近いかも
久々の試写会に参戦!!!

アン・ハサウェイが怪獣とシンクロして面白可笑しい映画かと思ったら、そんなの序盤で終わり。
自分の嫌いな性格・癖・思考・恨み・妬み・嫉妬をシンクロした怪獣を見ることで自分を見つめ直し、成長していく物語。

途中、言い争うやり取りが長くて、そこをもう少し戦いのシーンに変えたりすればハラハラドキドキも増えたのかと思った。

観ていて飽きはしない、観れば分かります。
urisuha

urisuhaの感想・評価

3.4
この映画は、羨まれ、羨んで結局前に進めない大人の子供の様なケンカの物語。ただ妬み、恨みから生まれた怪獣とロボットの戦いなので、余り簡単には、いかない。この映画の凄いところは、喧嘩の犠牲の人々を悼みながらも、喧嘩の結末が、すきりしているようでしていない、もやっとした雰囲気が残るが、それでもいいじゃんとおもわせるところだろうか?
miyuki

miyukiの感想・評価

3.5
アンハサウェイが怪獣とシンクロするなんて、とんでもなくコメディな映画だと思っていたら、そこに描かれているドラマにも引きこまれて、じっくり考えさせられる要素の詰まった作品でした。狂気じみた台詞の中に、これって誰もが共感できることだよなぁと思うことがあったり。

ネタバレはしませんが、こう来たか!という展開が待っていて、こういう表情の変化ができるアンハサウェイの演技も圧巻でした。

登場人物の誰のことも好きになれないし、きゅんとくるシーンも全然ないけれど、プラダを着た悪魔やマイインターンとは違う種類の観た後の高揚感が味わえる映画です。
本日=2017年10月19日、京橋テアトル試写室で鑑賞。

チラシを見ると「あのアン・ハサウェイが怪獣とシンクロ?」みたいな映画であり、実際に不思議なシンクロしていた。

韓国とアメリカで展開されるモンスター(怪獣やロボット)の話だけではなく、アン・ハサウェイを巡る人間ドラマも見られた。

「何故こうなるの?」は余り考えずに、気楽に楽しむ娯楽映画の怪作という感じ。

<映倫No.47349>
試写会にて:

予想を見事に裏切られました。ダメダメ女子のコメディー映画と思いきや、「えー そんな展開!!」と思うほどのどんでん返し。

子ども時代の嫉妬 大人になって膨らみ、 目に見えない心の闇が、怪獣となって変身!!(観る人によっては違う見解があるかも)

近頃このタイプの映画が多くなった感じがします。心の問題が現代の世界共通のテーマになっているのかも。
>|