シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

Shiren

Shirenの感想・評価

3.0
・主演のアン・ハサウェイがなぜか製作総指揮にも関わっているSF映画。映画ポスターの印象から勝手におバカコメディかと思っていたら、途中からのスリラー展開に結構驚かされる。
・発想自体は面白いのだけれど、なんかところどころで話のテンポが悪く設定自体も無理を感じる。どうせなら思い切りスリラー方向に偏った方が良かったかもしれない。なんだか非常に惜しいB級映画。
・なんで怪獣の出現ポイントが韓国なのかと思ったら、版権を持っている東宝とのいざこざが原因でこうなったらしい。ああ確かにアレを出してたらもっと面白かっただろうなと思うけど無理が過ぎる(笑)。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.7
2018.011-004-007
2018.1.3 塚口サンサン Scr.3

・やさぐれたアン。ヨーロッパ映画の薫り
・怪獣ってのは
・自分探しの物語
・蹴飛ばしちまえ♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
(^_-)

意外と深く難しい映画だったのかも。
だけど楽しむのが吉♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
お正月だしね!( ̄▽ ̄)b!(笑)

まぁ、アン・ハサウェイを観に行きました(^_^)

俺、プラダを着た悪魔を観てないんで、アン・ハサウェイと言ったら、先ずはアリスの白の女王なんスよ。(^_^)

あと、
「ラブ&ドラッグ」
「レ・ミゼラブル」
かな?
他にも観てますけどね(^_^)

さて本作。

やさぐれたアンも魅力的でした。(^_^)
隠せない美貌(笑)

そして、アメリカ映画なんだけど、薫るヨーロッパ映画の薫り。
個人的に好ましかったです(^_^)
やっぱ監督の影響?

グロリア(アン)は・・・

色んな意味で自分自身をキチンと把握していなかった。
自分の女性的魅力に対する無防備さだとか。

自分が怪獣とシンクロしてると分かった直後の行動が笑えた。(^_^)
いやぁ、単なる酔っ払いだねf(^_^;

てか、ジャーナリストならリアクション違うだろ!?(笑)

ただ、事件を通して次第に冷静になっていくグロリア。
そして自分を取り戻し始める。

そうすると、周りの人間が如何に自分のことを分かっていなかったか、どんな風に見ていたのかも、見え始める。

「みんな各々が好きなイメージを私に投影して、その幻影を愛していたに過ぎないんだ・・・」

怪獣は、心の負の部分の投影だったんだろうな。
みんなの負の感情、悪意を受け止めてしまって、それを増幅してしまっていたのか・・・

怪獣は自分自身、自らの負の部分。
そして、幼馴染のオスカーの負の部分。

グロリアは逃げずに立ち向かうことを決心する。
自分でカタをつけなくちゃいけない。(^_^)

グロリアは自分自身から逃げずに対峙することで、自分自身を取り戻した。

そんな自分探しの物語だったのかな。
結局のところ(^_^)

そして多分。
集まる悪意、ってのは多分つまり、アンへのバッシングが意識されていて・・・

そんなの蹴っ飛ばしてやれ!って。
そういうことだろ?(^_-)

自分自身をしっかりと持っていれば
大丈夫だって。

追記。
・田舎住まいのアメリカ人て、ああいう感覚なのかしらん?
そんな風なことも楽しみながら鑑賞しました(^_^)
酒にだらしない女性の話と怪獣が、こんな形でシンクロするとは思わなかった。
おまけにロボットが出て来て、「パシフィック・リム」か?と思ったら、よくこんな奇想天外な話を考えついたなあと思いました。
観る前と観た後に、色々考えさせられます。
お酒の失敗は過去にしましたが、大抵寝てしまう位ですが、このような映画のような事は起こしたく無いですね😊
映画館のスクリーンで観れて良かった。
はるか

はるかの感想・評価

3.2
コメディかと思って観る→アル中のお話かな?→まさかのサイコパス!
Hirori

Hiroriの感想・評価

3.5
予想の斜めをいく展開過ぎた。予告から想像してた流れじゃなさすぎる。A級になれないけどB級トップの映画って感じだった。
ああ、この脚本読んでアンハサウェイ出ようと思ったんかな、って思うくらいには斜め上だった。正直家で見たら大声で笑ってた。

このレビューはネタバレを含みます

前情報一切なしで見たので、ダメなアン・ハサウェイが何故か怪獣とシンクロして「ちょっと!見た目怖いからって突然攻撃してこないでよ!痛い!もう!!・・・あっ!振り払ったらビル破壊しちゃった!ちょっと!!中の人大丈夫なのっ??」みたいな映画なのかなと思っていたら、全然違った。

見終わって興奮してる状態だから星も1.5だけど、一周回ったら深い映画なのかもしれないけれど、ラストのアン・ハサウェイが韓国のバーの店員にあっさりと秘密を暴露してまたやっかいな事をしでかしそうなオチだったから、ややマイナス。
ダメウーマンの純粋な成長物語ではなさそうで、さくっと数百人を(わざとではないにせよ)殺したという罪悪感はどこへ吹き飛んだんだよというやきもきが残った。

ってか、朝子供たちが通学してる近くの公園で店を花火で放火した酔っ払いの男が変な行動してると通報したら一発アウトな気がしなくもない。
現にグロリアは顔にアザが残るくらい殴られてるわけだし。

登場人物全員クズ。
主人公→アル中、本気で好きなわけでもないモブAと軽々しくセックス。なんなの?お前。
ヒゲ→「俺が悪かった、お詫びとして家具をプレゼントするよ」と言った尻から(直接言ったわけではないが)「お前は俺に従え。じゃないとソウルが大変な事になるぞ」と脅すバカ。田舎に縛られて鬱憤が溜まってゆがんだせいかと思ったら子供の頃からクズだった。
モブA→突然キスしようとするわ、全てを知ってるのに何もしようともせずにヒゲの言いなりの腰抜け。
モブB→ところでお前、本当にヤクやってなかったのか?
まぁどうでもいいわ。
元カレ→彼女が頭のおかしい男に弱みを握られてそうだと感づいたはずなのに、なにもせずの役立たず。

まぁ、こういうのもアリだとは思うし子供のころの工作が壊されたからってなぜ怪獣が生み出されるとかそういう細かいことはどうでもよいけれど、オスカー(ヒゲ)の人格破綻っぷりがムカムカして投げ飛ばすだけじゃスカっとできなかった。
首をポキっとやれよ、エ○ァンゲリオンっぽく。
GNT

GNTの感想・評価

3.5
ちょっと想像と違ったけど、、、
もっと怪獣コメディみたいな楽しい感じかと思っとったのに!

途中からなんか怖かった。
優しさと妬み。

アン・ハサウェイさんのダメウーマン加減が素敵でした。

お酒はほどほどにしましょうね。
自分に自信を持ちましょうね。
●'17 12/30〜1/12単館公開
(首都圏等: '17 11/3〜公開)
配給: アルバトロス・フィルム
ワイド(シネスコ)
音声仕様表示無し
1/8 18:40〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ未購入
※中盤、寝落ち。
月山

月山の感想・評価

2.0
予告編につられてコメディ要素の強い映画かと思って観ました。内容は意外や意外に人間の内面の劣等感を取り扱う葛藤映画で、まさかすぎてふきました。笑 全編とくに盛り上がる要素もなく、これどうやって終わらすのかなーと思ってたら、展開も脚本もぶん投げた!?って思うぐらいでした。節々に日本の特撮要素があるので、そういった面を想像しながら観ると楽しめるかも。って感じです。
あらすじ聞いた時から気になってたので映画館で観れて良かった。結構好き
>|