みかん

ラ・ラ・ランドのみかんのレビュー・感想・評価

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)
4.3
女優志望のミアと、売れないジャズピアニストのセブの夢を追い続けるドラマと2人の恋の行方を魔法のような歌とダンスで彩った極上のミュージカル。

夢を追う全ての人へのエールでもあって前向きにさせてくれるし、大人の色んな愛の形の美しさも教えてくれるラブストーリーに、とっても感動しました!

特にエンディングは2人の想いが胸に迫ってきて感極まりました。

愛しているからこそ、お互いの夢を全力で応援したい。

けど、何かを手に入れるためには、何かを手放さなければならない。

もし、あの時違う選択をしていたら。
それはそれで、それなりに幸せだったんじゃないか?

人生選択肢だらけ。こうしてみんな大人になっていくんですね。

こういうラストでもとても美しいと感じるのは、やっぱり2人の愛は永遠で真実だったからだと思います。

それから、ミュージカル映画には、そんなところでダンスするんだ!って驚かせてくれるのも楽しみの一つだと思うんですが、この作品もオープニングからびっくりで、弾むようなウキウキ感や夢のようなウットリ感が味わえて、とてもステキでした。


★女優を夢みてアルバイトをしながらオーディションを受けては落ち続けるミア。

いつか自分の店を持って、自由にジャズを好きなように思い切り演奏したいけど、なかなか世間では受け入れられない売れないジャズピアニスト、セブ。

最悪な出会いから、思わぬところで再会。お互いを知り合ううちに、だんだん惹かれ合っていく2人。

ある日、セブが資金作りのために入ったバンドが成功したため2人にすれ違いが、、。