ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    まつむら
    まつむらの感想・レビュー
    6分
    4.1
    廃れつつあるハリウッド的ミュージカル映画。本作は一見懐古主義的な作品だけれども監督の若い感性が生かされており、誰にでも楽しめるエンタメ大作になった。
    出てくる場面はすべて美しく(ロスの空はきれい)スケールが大きい。ハリウッドの資本力を見せつけてくれる。
    多くの人がレビューするようにストーリーは単純で登場人物はとても少ない。(この点は前作『セッション』と同じ)シンプルだからこそ数々の演出や音楽、ダンスに集中できる。
    masami
    masamiの感想・レビュー
    7分
    4.0
    ほろ苦くて切ない、でも幸せいっぱいの作品。
    akari
    akariの感想・レビュー
    22分
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    オープニングとラストシーンが出色。
    MaoKwd
    MaoKwdの感想・レビュー
    29分
    5.0
    大満足…めちゃくちゃ良かった(T_T)
    心待ちにしすぎてて、まず冒頭シーンでちょっと泣いた。

    公開日から3日目にしてもう2回観に行きました。
    TOHOシネマイレージカードをla la landバージョンに切り替えました。(数量限定)
    公開日から毎日、一日中サントラ聴いてます。
    つまり、この映画のファンです。

    音楽も素晴らしければ、ダンスも素晴らしいし、ストーリーもただの夢物語じゃない。
    ライアン・ゴズリングが男前すぎて、エマ・ストーンがかわいすぎる。
    音楽とダンスとジャズを心底愛してる私にとって完璧な作品だ……

    ミュージカルやジャズに興味がなくても、本当に観てほしい作品。
    映画の世界に引き込まれるし、ラストまで一切飽きない。
    こんなに心踊る映画があるかしら?

    夢を追う者同士の二人は一緒になれなかったけど、出会ってなければ二人の夢は叶ってなかったと思うし、お互いにとってかけがえのない存在……あんなに切ないラストシーンがあるか(T_T)
    お互いの夢を本気で応援し合えるって、なんてステキなの…

    もしもあのジャズバーで、ピアノ演奏後に二人がまともに会話を交わしていたら違う未来が待ってたのかもしれんけど…
    それを映像で見せてくれて良かった。
    切ないラストだけに、あの"もしものエピローグ"がせめてもの救いだった(T_T)

    主役二人のタップダンスのシーンは本当に心踊ります!
    みんながこの作品を観てくれますように!!
    naachiiiii1211
    naachiiiii1211の感想・レビュー
    43分
    5.0
    始まった瞬間から楽しい!
    どれをとっても最高~!!拍手!!
    Kazu
    Kazuの感想・レビュー
    1時間
    5.0
    ここまで完璧な映画に何を言えばいいのか・・・。
    それほどに見事な映画でした。
    しばらく余韻に浸りそうです。
    mOjako
    mOjakoの感想・レビュー
    1時間
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ようやく待ちに待った日本公開。あらゆる面から見て理想的なミュージカル映画だと思います。

    うまくまとまらないので個人的泣きポイントを3つだけ。
    まず1つ目はオープニング。シネマスコープロゴからLAの渋滞するハイウェイへカメラがパンすると、様々な色や車種の車の中に様々な人種の人々が乗っていて、カーステレオから様々なジャンルの音楽が聴こえる。ハリウッドにおける多様性を見事に捉えたファーストショットから擬似的ですがワンカットで撮られたミュージカルシーンへ移行していく。ここでも人の服と肌の色、さらには多様な楽器やダンスが混ざり合う様なシーンで冒頭から圧倒されてしまいました。他にもフィルム撮影ならではの空のグラデーションの美しさ等素人レベルでも分かる技術的な達成も相当なものじゃないかと。とにかく下らない政治の話ではなく一目見てやっぱり多様性って素晴らしいじゃんと思えた事とミュージカルを蘇らせる為の作り手のこだわりや執念が画面から伝わってきて冒頭から不覚にも泣いてしまいました(゚ω゚)

    2つ目はやはりストーリー、具体的には2人の見るある種の幻想であり願望であり後悔でありを示すラスト。今回改めてミュージカルってゆうのは突然歌い出したり踊り出したりするけど、それは彼らには世界はこう見えていたり聞こえていたりするってゆう表現なんだなぁと思って。もっと言えば映画ってゆうのはそうゆうメディアなんだと思う訳ですけど、その意味で今回のラストシーンの映画的な純度が高いというかまさに映画だなぁと思いました。結末的には間違いなくハッピーエンドだし2人の夢は完全に叶った状態で映画は終わるのになんでこんなに悲しいのか。直近で思い出すのはやはり「シングストリート」で、まさしくハッピーサッドな名シーンだと思います。あの時ああしてればとかこっちの道を選んでればとか過去にあった無数の可能性だけを2人は最後に見る訳ですけど、これは大なり小なり誰の人生にも共感出来る気持ちだと思う。32歳でこうゆう人生の移ろいみたいなものを描き切ったデイミアン・チャゼルはやはりとんでもないなと思います。

    3つ目は"Audition"のシーン。この映画以外と前半は主役のエマ・ストーンが熱唱したりするシーンはほとんどない。「セッション」のラストシーンにも共通しますが、本当に大事な一点まで出来るだけ映画的見せ場を取っておくという計算が見事に活きててそもそも感動とカタルシスがあるシーンになってます。でもこれだけ感動したのはやっぱり個人的にエマ・ストーン演じるミアに感情移入した部分が大きくて、規模とかは比べ物にならないけど映画会社のカフェでバイトする所は映画が好きで都会の映画館でバイトしてた頃を思い出したりもしたし、面接のシーンとか1人舞台のシーンとかは今もやりたい事やってるけど本当にガッカリする事ばっかりだから痛い程わかる。特に舞台が失敗する所は見てられないくらい可哀想でしたね。余談ですがここのエマ・ストーンの演技も印象的で必死に顔には笑顔を浮かべてるけど悲しみが溢れて痛々しい上、セブに対する怒りも感じ取れる実は物凄く深みのある芝居をしてると思う。まぁとにかくミアに寄り添って見てた分ここで歌われる歌詞、「夢見る愚か者たちに乾杯を」というのはミアの心の叫びであり同時に全ての夢を追う人間にとっての最高の応援歌だと思う。個人的には映画見たり作ったり音楽やったりそうゆうの仕事にするとかって凄く贅沢な事でもっと人の役に立つ立派な職業やる方が偉いと思うんだけど、それでも何かを諦めきれない気持ちもわかるからここでのエマ・ストーンの魂の歌声は何度見ても泣いてしまいます。

    映画としても、物語としても、個人としても文句の付けようがないと思ってます。何度でも見たいです。
    kirito
    kiritoの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    【夢を…見ていた……】

    ぶっちゃけ良かったけど、期待値は超えてこなかった。そんな感じ。
    というか予告で重要な部分見せすぎ問題。

    あらすじ略で感想だけ。
    (わずか3日なのにマーク数が12000超えてて、スターウォーズ並の速さに驚く)


    『夢を…見ていた…ラ・ラ・ランド』
    のナレーションの脳内再生も余裕なくらい映画の予告を新年早々から劇場で散々見せられた末路はどこにあったのか?
    それは劇中で盛大な不意打ちを食らうことにあったとはこの時kiritoは気づいていなかった…
    いや、もはやあれはネタバレと言ってもいい。
    その意味ではあの予告を作った人は罪だ。


    まず1つは良い意味で、耳に残る音楽シーンを上手くまとめてあげている。
    本編を見ていてもすぐ『あの曲だ!あのシーンだ!』となれること。
    特に高速道路の冒頭シーンは噂に違わない素晴らしい長回しシーン。
    (´-`).。oO(撮るの苦労したんだろうなぁ
    しかもそこからのクレジット。唸る。


    次に2つめ悪い意味で…いや、そこキスしないんかい!!!
    これは最高のネタバレになるので深くは書かないが、この違和感。もう見た人ならわかるはず!
    違和感というか肩透かし感!
    え…私の持ってる情報ではそこキスするはずなんだけど…ってなった上で最後までみてうわぁぁぁぁぁぁぁぁぉぉ(つД`)ノ
    ってなるやつ。
    本当にうわぁぁぁぁぁぁぁぁってなる(大事なことなので2回言いました)


    そもそも夢とは
    1 眠っている間にみるもの
    2 現実のあり方とは別に心に描くもの
    と大別すれば2つある。

    特に2の方は自分が小さい時から大人になってもその大きさは違えど少なからずもっているもの。
    夢を掴むために努力をしても叶うかわからない。
    けれども人はその日を信じて努力を続ける。
    ここで注意しなければならないのは夢を叶えるためには何かを捨てなければならないこと。
    それは時間だったり、青春だったり…
    この2人の場合は。。。

    意外とラストシーンはネタバレ厳禁な感があるので多くは語らないようにしておこう。
    ただ、ゴズリングが最初から弾いているあの曲を劇中でことあるごとに視聴者に聞かせた上で、あそこで弾かせるとか。。。それは反則級。そこだけはまじで涙出た。


    比較的有名なミュージカル映画も見てきてはいたものの、オマージュシーンにほぼ気づかず残念。
    ただ、『カサブランカ』、『理由なき反抗』、『赤ちゃん教育』あたりは鑑賞済みだったからそれは良かった。
    惜しむらくは『汚名』を見てなかったことか。イングリッドバーグマンめっちゃ関係してるじゃん。


    エマストーンもライアンゴズリングも最高すぎてこれは確実にファンが増加するに違いない。
    一般認知度もあがりそう。


    ※薄紫に染まる空と海の桟橋?のシーンが綺麗すぎて印象に残った。
    あんな空間でのんびり過ごしてみたいわ。

    2017.2.26
    愛
    の感想・レビュー
    2時間
    4.0
    音楽とカメラワークとスポットの当て方はいいなって思った。ストーリーより演出と音楽。最初のシーンが1番好きかも!
    mer
    merの感想・レビュー
    2時間
    4.2
    観てきましたー!
    ラ・ラ・ランド。

    「セッション」で一躍名声を得たデミアン・チャゼル監督の作品です!
    セッション同様、音楽プロデュースはジャスティン・ハーウィッツさん。

    あらすじとしては…

    "舞台は夢を追う人が集まるアメリカ、ロサンゼルス。
    映画スタジオのカフェで働く女優を目指すミア。
    いつかは自分の好きなジャズを演奏する店を持つことを夢みるピアニストのセブ。
    お互い夢をみて努力するも、現実はうまくいかない…。"

    私は、ミュージカルはあまり得意ではけれどこの映画は楽めました。
    正直、序盤のシーン以降は退屈だな、と思ってしまいました。
    よくあるラブストーリーミュージカルかな?と。
    でも、後半からはおやおや、といつの間にか入り込んでおりました。

    ミュージカルにありがちなドラマチックで感傷的なストーリーではなく、いたって現実的なストーリーです。
    それでいてここまで心揺さぶられるミュージカル映画を創れるのはすごいなぁ。

    それと比較した夢の中のようなきらびやかなラストシーンのコントラストが印象的。劇中の音楽も素晴らしくAuditionと、City of Starsは名曲です。



    - - - - -△△ここからネタバレとひとりごとメモです!△△ - - - - -✍

    ラストシーン。二人が再び出会った時と同じようにミアはふらりとお店に立ち寄る。ミアが考えた名前とロゴのお店にまさかと思うミア。ミアに気づいたセブは出会った当時と同じ曲を演奏しはじめる。そこからの演出は本当に素晴らしくストーリーの全てが集約していくような気持ちになる。まるで50年代の定番でハッピーなミュージカルのような、全てが素晴らしくハッピーエンド。けれど現実はお互い夢は叶えど別々の道へ歩みだし離れ離れになるというもの。切ない、切なすぎるけどそれがまた人生の美しさにより一層深みを増しているような。上手く言えないけれどミュージカル映画を若干皮肉ったような演出も少なからずあり、現代的なストーリーでありながらレトロな演出やラストのミュージカルシーン。なんだか夢と現実の境目をいったりきたりしているようなロサンゼルスで夢を追う若いミアとセブの心情の中を泳いでいるような気持ち。色々散りばめられすぎていっぱいいっぱいですがそこがこの映画の魅力なんだろうなぁ!掘っても掘っても掘りきれないような。もう一度みたい!
    >|