ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

3.9

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

momoka

momokaの感想・評価

-
音楽が良いし、絵が綺麗で何回でも見れる。恋人であってもそれぞれの人生があるし、自分もその気持ちは大切にしたい。
ゐ

ゐの感想・評価

-
色合いやリズム感が楽しくてアメリカに憧れた。

ただ楽しい映画じゃなくて、自分の夢を最後まで追うってこういうことなんだなって思った。

最後のシーンが良かった。
なお兄

なお兄の感想・評価

3.5
音楽好きにはたまらない映画。
ラストは人それぞれの感じ方アリ!
素人

素人の感想・評価

3.5
◎ Another day of Sun から始まるミュージカルシーンは必見
◎ 最初は「まぁ貴方なんてありえないけど?」と軽口を叩きあっていた2人が、何か決定的なモーメントを挟むことなく付き合い始めるのが…よい!
◎ ロマンチストなセブが結局は地に足の着いた夢を叶えて、セブの飛躍を応援しつつも内心複雑なミアが最後に離れて行ってしまう…という対比が途中で真逆になる構図
△ 二人が別れてから再会するまでの、映画の尺上の時間は短いのでどうしてもラストのカタルシスに欠ける
〇 エマ・ストーン…青いドレスも黄色いドレスも最高やな…
chankiii

chankiiiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

音楽が楽しい。
それぞれが違う道に進むべく、別れる2人だけど、最後のアイコンタクト、痺れました。悲しくもあり、拍手したくなる結末。
ASAM

ASAMの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高のエンディング。
賛否両論あるようですが、わたしは間違いなくハッピーエンドだと信じている。

儚げなカラフル感、夢か現かという感じ。それだけでも大好きで、音楽もどれも素敵で。

2人は出会うべきタイミングで出会って、それぞれの夢を叶えて、一緒にはいられなかったけど、ずっと心にはお互いがいて、それであの最後の2人だけの目線の笑顔。

カーーー!最高!!

もしもあの時、とか、こうしてたら、ああ言ってたら…とか色々あるよね、人生ね。
最後はそれが全て上手くいっていたら、という目眩く2人だけの世界が1番カラフルに描かれるけど、それだってもしかしたら、どこかで上手くいかなくなる世界なのかもしれないわけで。

現実世界は、やっぱり選択の連続なんですよね。
その選択が間違ってなかったね、って、2人で最後に確かめ合うのが、あのラストのシーンなんじゃないかって、本当に切ないんだけど大好きなんです!!!!

夢を追い続けるって、ものすごくエネルギー使うんだって痛いほど感じるんですね、この映画見てると特に。

だから夢を叶える人は超すごいし、夢を追い続ける人も同じくらいすごいし、何かのために夢を諦める選択をする人もすごい。尊敬する。

ああ、また見返そう。
Haeyung

Haeyungの感想・評価

4.7
あなたにとって1番の映画は?と聞かれたら間違いなくLA LA LANDと答えます。何度見ても涙が出るし、その度に夢を追いかけようと思える。夢追い人でいても良いんだよって思わせてくれる。映画のないようももちろん、サントラも全て大好き、、私のトラックリストの半分を占めてます。
Moe

Moeの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

正直はじめ観たときは期待より面白みに欠けると感じたが、何回か観るうちにラストのリアルさが魅力的に感じるようになった。結ばれなかったからこそ、当時の想い出が鮮烈に輝く。

ミュージカル調で色使いも鮮やかで華々しい印象の本作だが、意外と魅力はそこではなく、ビターでシビアで現実的なところなのかもしれないと思う。
ミュージカルの要素を期待していた人にはちょっと期待外れなのかも。
音楽はとても良くて、個人的には”Another day of the sun ”と"Someone in the crowd "が好き。

エマ・ストーンさんはファニーフェイスで可愛らしい印象を持っていたが、とても知的で魅力的な女優さんなのだと分かった。

大好き!と言うほどではないけれど、ほろ苦いストーリーと映像の美しさに惹かれた。
福みみ

福みみの感想・評価

4.5
こんなに素敵な映画とは思わなかった。

場面に応じたカラフルな映像、オシャレなファッション、セリフ、演出、音楽全てが自分には、どハマりで終始ニヤけながら観てました。

前半は観ていて幸せな気分になれます。
その後、四季の移り変わりと共に2人の関係も変化していきます。
途中、秋が来たら…と先読みしたら、やはりね。

この映画はなんだか昔の古い白黒映画を現代版に焼き直したかの様な雰囲気が画面から伝わってきて本当に映画が好きな人達が作った作品だなって随所で感じられました。

ラストの2人の回想シーンではセブが店からクビを言い渡されてピアノから立ち去る時に本来ならミアにぶつかるはずが、そうならなかった演出に思わず涙が溢れました。

いやぁ せつなすぎる…
もも

ももの感想・評価

4.0
踊って歌うところがすき
口笛のうたカッコイイ
街の雰囲気がオシャレ🥰

ハッピーエンドが好きだから、ちょっ登山ねんだった
>|