ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    みーや
    みーやの感想・レビュー
    1分
    4.3
    めっちゃ踊りたくなった!笑
    ryo
    ryoの感想・レビュー
    3分
    4.0
    とても完成度の高い映画と感じた。オープニングの一発ドリ、映画内のダンスや音楽、どれも一流もの。歴史に残る映画と感じた。
    もやし畑
    もやし畑の感想・レビュー
    9分
    3.9
    2人の夢を追う男女が歌って踊るお話。軽快なステップと共にストーリーも軽快に進んでいく。この勢いがとても良いのだけど、ところどころもっと丁寧にやってと思うところもあった。
    sayuriasama
    sayuriasamaの感想・レビュー
    13分
    3.9
    成功者が振り返る、ブレイク前夜の儚い輝きの思い出

    空いてきたであろうタイミングを見計らって鑑賞してきました。
    女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンの過ごした、儚くも濃密な時間をミュージカル仕立てのラブストーリー...としかあらすじは言えませんねえ....なぜならそれだけの話ですから...

    もちろん、音楽は素晴らしかったです!アカデミー歌曲賞の"city of stars"は哀愁たっぷりですが、私は”another day of the sun"のほうが好みです。元気になるし、夢を見ることのパワーを感じさせてくれました。
    カメラワークも面白かったですが、なんとなーくワンパターンで最後のほうは目が回りました...

    ただ、音楽で語りすぎたせいか、ドラマパートが弱弱しくそこで流れがダレてしまったような....まあ、2人にとっては夢のような時間だったのでつかみどころのない流れも悪くはないかなあ~。でももうちょっとピリッとしててもよかったと思います。

    ジャズの哀愁のあるノートが、単なる夢追い人の成功の話ではないことをあらわしており、ジャズはよくハマっていたと思います。
    (実はマイブームでジャズが来ており、先日ジャズバーに行ったことで、この映画を見る気になりました。)

    まあ、夢を見せてくれる人と、生活を共にしていく人はイコールではないことも多々あるってとこですかねえ....
    真鍋信太郎
    真鍋信太郎の感想・レビュー
    13分
    4.5
    本当に演出が素敵で、主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの歌、ダンスは、圧巻でさまざまな所で楽しめる見応えある映画です!映画「セッション」のように、最後まで何があるか分からない結末に感動しました!
    hiroko
    hirokoの感想・レビュー
    19分
    -
    泣きすぎた
    スドウ創太
    スドウ創太の感想・レビュー
    34分
    4.9
    夢を追う事の素晴らしさだけでは無く、それに伴う選択、犠牲、後悔、そういったものをひっくるめて、ミュージカルというフィルターを駆使しつつ幸せに描いた作品でした。
    僕の稚拙な文章では、文字越しで伝えてたところで月並みな作品にしか思えないでしょうし、そもそもが観た人によって「良さ」の具体的意味が変わってくる作品だと思います。
    この作品に限った話では無いのですが、気になったならば、観るべきです。
    あいり
    あいりの感想・レビュー
    47分
    3.7
    やっぱり歌とダンスが1番の見どころ
    たけ
    たけの感想・レビュー
    49分
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    IMAXでみた誤解をおそれずに言うと感動はしなかった
    最後の全部うまくいってたらっていうシーンはずるかった
    あと、セブがもうオーディション受けないっていう理由をミアに問い詰めるシーンも泣けた
    Takaharu
    Takaharuの感想・レビュー
    54分
    4.6
    本当は今まで余りミュージカル映画が得意じゃなくて、結構避けて通ってきたんだけど、それを覆す素晴らしい映画でした。

    こういう映画を普段観ない身からすると、リアリティと虚構の混ざり方が、かなり新鮮。映画であり、演劇であり、現実世界であり、ファンタジーでもある。総じて、エンターテイメント。

    何が新鮮って、普通の映画だったら演者が劇中で客観性を持つことはなくて、完全に演じきってその世界に居て話が進行するはずなのに、それが急に演者全員で踊り出したりするから、その瞬間別の視点に移り変わって、完全にその世界に居る訳じゃ無いんだよっていう自由な感覚がどうも病み付きになってしまう。
    そこにファンタジックな色合いと演出と長回しのカメラワークとかも相まって純粋に楽しい。VFXに頼り切らない人力感もまた、ハラハラして良い。
    映画だからこそ表現できた作品だと思いますね。好きな映画の世界を拡げてくれました。有難や🙏🏻そして、素晴らしい音楽を沢山聴かせて貰いました。有難や🙏🏻
    以上!ちゃんちゃん!
    >|