ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ree

reeの感想・評価

4.0
ライアン・ゴズリングがひたすらかっこいい映画
ピアノ弾いて苦悩してダンスしてエマ・ストーンとイチャイチャしてる姿なんか様になりまくる
ラストのもしもエンドまで見終って初めて、ラ・ラ・ランドという題名とキャッチコピーの「夢を、見ていた」の意味が理解出来たときは思わず映画館で嘆息
今年最大級の映画!!今までミュージカル映画に興味がない人は今作を見れば絶対沼に落ちる!エマ・ストーンとライアン・ゴズリング の共演がとても素敵!
heeroo

heerooの感想・評価

3.7
冒頭はなかなか進まないと思ってみていたが、最終的には切ないラブストーリーで胸が痛くなった。使われてる小道具や服の色使いがキレイだった。
aya

ayaの感想・評価

-
渋滞中みんなが車から降りてきて歌やダンスを始めるシーンを見ても無邪気な無法地帯…としか思わなかったけど、最後はとても感動してポロポロ泣いた。片方は目が寄ってて片方は目が離れてる組み合わせなのでハリウッドそういうのはいいんだって思った。この二人以外に意味のある登場人物がいないのもすごく良かった。何はともあれ、観終えてからとても元気が出た。明日の活力になる映画。
mi

miの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

良かった!けど、この映画のハイライトはオープニングだな(^_^;)

エマストーンがあまり好きではないのと、2人のダンスはもう少し頑張って欲しかった。。

でもハッピーエンドではない、ラストの描き方は好き。賛否両論あると思うけど

画面が常にカラフルで綺麗だった。

ミュージカル映画で言うと観やすいのかも。
期待通りの作品でした! 色使いや時代風景の描写が繊細で、観てすぐに溶け込みました!

ストーリーは、観た感想から言うと、これ月9であったんちゃう⁉️ っていう感じがありトレンディドラマ全盛期のようで親しみを感じた(´・Д・)」 平野ノラさんが観て『おったまげー😳!!』という展開は無かった。 アカデミー賞作品賞は取れなかったが、作品賞の発表の際に間違って言い間違えてしまうハプニングも、この作品の素晴らしさがあったからだと思う!
観る前はお気楽ミュージカルと思って甘く見ていたが、その期待は見事に裏切られた。あんなに苦いラブストーリーだなんて思ってなかったわ…
軽快な音楽と、コミカルな映像で進んで行くんだけど、夢に向かって挫折し、悩み、ぶつかる人間模様の描き方がやや生々しさを感じるわ。最後の終わり方も苦いものね。でも夢を叶えた二人の姿は清々しさも同時に味わわせてくれるわ。

自分の夢を追いかける力になる映画。

音楽よし、映像よし。ストーリーは苦めだから元気があるときに観るといいわね。
あおし

あおしの感想・評価

3.9
続いて行く未来の中で、起こり得たであろう可能性の描写がとても好きだった
#爆音映画祭
ゆう

ゆうの感想・評価

4.3
世界観が大好き!
観てると、つい踊りだしたくなる。
ライアンゴズリングのワイルドさ憧れるわ〜w
カフカ

カフカの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

終わり方はきみに読む物語の別バージョンにも見えた。
思い出の映画
>|