ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

AoiAraki

AoiArakiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

結末がどうしても残念と思ってしまう
王道の展開で来ていたのだから、5年越しにお互い夢を叶えて最後はくっついて欲しかった…
5年の月日は長いという現実を見せたかったのかもしれないけれど、たった5年で女優で成功、結婚、出産、女優復帰はあまりにも非現実的すぎると思う
とかげ

とかげの感想・評価

3.5
ずっと歌って踊ってばかりの映画じゃなかったのね…

自分も夢追いタイプだからなのか、夢追い人の苦悩には共感する所があったかも…

ライアン・ゴズリングの幸薄なというか、切なげな雰囲気が良かったな。
何日か引きずった
でもとてもハッピーエンド
オーディションのシーンが◎
い

いの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

セッションみた直後にみたのでセッションの話になるけど、本質的にはこの2作は似ていると思う。違うのは男女という関係性と、そこにかかるバイアス、あと決定的なのは、セッションは「あのラストシーンで終わる」映画だけどララランドは「その先」の話がある
夢、目的、セッションでいうと人間として偉大であるということについてこの2人も突き進むんだけど、そこに生活をするということだったり男女としての関係性の成就だったり、その「抵抗」の中でどこに割り切りをつけるか
セッションは(音楽という手段で成就するという)目的を持った男2人が自分の我を貫き通した先にあの瞬間交差した、そこで終わる話であってその先は映画として描かれないんだから考えなくてもいいんだけど、ララランドは(手段や行き着く先が交差しない)夢を持った男女2人がどう生きていくかという話だったのでラストは本当に泣く
こんな終わり方があるかよ!ハッピーエンドとかバッドエンドとかそういう地平にはないものを見た気分になる
なんかセッションの話ばっかしてたけど本当に良い映画だった。観る人によって捉え方、感じ方が全く違いそうなのでいろんな感想が見たい
なー

なーの感想・評価

4.0
ゴズリン好きだけど最後が嫌だった
ハッピエンドじゃなきゃ嫌!
yuka

yukaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最近見た映画で1番泣いた!リアルな終わり方がまたいい。


この時代にあえてアナログで撮る感じがすごい!!

もう一回見る!
お互いが夢を追い続けたからこその終わり。思ってたのと全然違う終わり方だったけどこれはこれで好き。
ぴぴぴ

ぴぴぴの感想・評価

3.9
今まで見てきたミュージカル映画の中で上位に入る叙情的なストーリーと音楽でした。
poem

poemの感想・評価

4.1
影で動作を表現したり、円形にフォーカスして画面を暗転させ場面を変えるなど、古いクラシック映画や演劇を意識したカメラワークのように感じた。
冒頭のミュージカルシーンも、いかなるシーンも、全てラストシーンにうまく終結していて、感動する。
だが、ミュージカル映画は仕方がないのだが、穴や強引なストーリーが時たまあるのが脚本重視の私にとってどうしても気に留めてしまう。

ララランドを観る度に、暫時テーマソングが頭から離れないのはあるあるなはず。
2時間があっという間だった
でも、でも、自分には合わない・・切ない
>|