TSUBASA

世紀末の印象派のTSUBASAのレビュー・感想・評価

世紀末の印象派(1899年製作の映画)
-
短文感想 採点不能
魔術師と言われたメリエスが、ひたすらマジックを披露していく1分間の映像。女の人も登場し、メリエスと女の人が入れ替わるマジックも披露される。当時の人はこれをどう捉えたか。初見の人は唖然としたでしょうがご存知の通りメリエスはこういう手法を好み、度々映像にしていたため、常連からするとマンネリ化していた恐れがあります笑 僕自身、またか。と心の中で思ってしまったことが、当時の人の気持ちを代弁している気がしました。