兄弟の作品情報・感想・評価

「兄弟」に投稿された感想・評価

問題解決へと導かない日常、一方通行の出来事が延々と続く。一日ごとの区切りをつけない時間感覚は、簡単にはリセットされないような根深い感情を表すように見える。
ベルリンになじんで生活をしているトルコ移民の弟と、なじめないその兄の話。ただ、移民がネタのテーマ主義ってわけでもなく、淡々と兄弟の日常とベルリンの街並みを描いており、そこが魅力かしら。歩くシーンが異様に多いのが印象的でした。あと、HIPHOP映画でもあった。