映画初心者おぐけん

天空の城ラピュタの映画初心者おぐけんのレビュー・感想・評価

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)
5.0
金ローの『冬のジブリ祭り』で数年ぶりに鑑賞。

ジブリ映画って直前に見た作品が1番好きになるんです。
今?もちろん1番好きな作品はこの『天空の城ラピュタ』ですね笑

その前は『紅の豚』、その前は『ハウルの動く城』、さらにその前は『風の谷のナウシカ』、さらにさらにその前はまたもや『天空の城ラピュタ』さらにさらにさらに。。。きりがない笑

どれも『1番』面白いんですがその中で群を抜いて面白いと思うのが僕にとってはこの作品です。

発展しすぎて滅びてしまった古代文明!スチームパンク!!非常に魅力あふれる悪役!!!応援したくなる純粋無垢でタフな少年!!!!そしてロングとショートカット、どちらも可愛く凛々しいヒロイン!!!!!もう完璧です。最高です。大好きです!!(作品が)

どの場面も名言、名シーンが溢れかえっている今作ですが、特に好きなシーンは序盤の『線路上での追いかけっこのシーン』と『髪を撃ち落とされたシータがムスカに対峙するシーン』でしょうか。特にムスカとシータが対峙するシーン、さっきまで逃げ惑っていたシータが急に凛々しくムスカに人について語るシーン、大好きです笑

自分の好きなことばっか喋ってろくにレビューもしてない今作!!

未見の方も、そうでない方も!少年時代のワクワクを味わいたい方、冒険活劇の王道を鑑賞したい方、ジブリが大好きな方にオススメです!!

長文失礼しました。

2016/1/16