まえぴょん

孤高の遠吠のまえぴょんのレビュー・感想・評価

孤高の遠吠(2015年製作の映画)
3.8

「人はこうして不良になっていくのね…」

富士宮市で、本物の富士宮の不良を使って、本当にあった富士宮不良列伝をベースに撮られたことで話題となった一作。
登場人物全員が本人なので不良たちが超リアル、ってかリアルそのもの。いたわこんな怖ぇ人、の連続だし、先輩からの理不尽なノリや暴力も実話らしいので、妙に生々しい。B級グルメ富士宮やきそばなんて一本たりとも出てこない。胸に英文がたくさんプリントされた服着てるのは下っ端の証、といったあるあるもいくつか散見される。というかきっとこれも私服だから、マジな下っ端なのだろう。明らかな道路交通法違反と思しき爆走シーンにいたっては、もはやリアル通り越して、ダメだよこんなことしちゃダメ!!! だけど。
もちろん彼らは不良であって、役者ではない。決して演技がうまいわけでもないし、なんならセリフ噛んだのをそのまま使ってるくらいなんだけど、それを補って余りあるパワーがあるのが、こんな私にも何となくわかります。
オープニングとお母さんとエンディングのおばあちゃん、ギャップ激しすぎてもはやファンタジーの世界の人に見える。それほど、ワル大集合!!はっきりいって怖い!!