くう

ジュラシック・ワールド 炎の王国のくうのレビュー・感想・評価

3.2
今回も人間は相変わらず馬鹿で自分勝手で欲深い。

パークは前回すでに潰れているので、今回はその後始末(?)編。まぁこうなるんだろうなと思う通りに物語は進むが、進撃の巨獣さんからの逃走劇にはハラハラドキドキ!音楽も世界観も懐かしい。

オーウェンとクレアの相棒っぷりもコミカルにドラマティックに展開され、見ていて飽きない。クレアの戦闘力、ほんと好き。この2人を見ているだけで楽しい。

絶滅した種をわざわざ蘇らせる人間の罪深さもシリーズ共通のテーマ。恐竜たちを見ながら何度も涙する。天災で滅びるのと人災で滅びるのは違う。与えられた愛情は忘れないブルーが愛おしい。

恐竜たちがあまり傷つかない次作を願いたい。(なんだかブルーが「猿の惑星」のシーザーに思えてきた(笑))