ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの…

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

3D
スケール大きすぎて、リアリティなさすぎて、世界に入り込めて楽しかった、エンターテイメント。
pfmg

pfmgの感想・評価

3.8

これがジュラシックワールドか…!

R指定もPGもないのに衝撃シーン多め。
xyxy

xyxyの感想・評価

5.0
すげーおもしろい。色々なポイントを書きたいけど前知識なしで見た方がおもしろい。映画が始まってあれよあれよと流されていき、気づいたら変なところに辿り着いてて、こんな映画だと思ってなかった…ってなる映画サイコウですよね。
まき

まきの感想・評価

4.6
ほんとに大ファン!なのでもちろん最新作も見てきました。前作が私の中で期待を裏切る最高作だったので今作はどうかなぁー!ワクワクと思いながら。^^
前作よりもブルーとオーウェンとの絆がより描かれていて凄く心があったかくなる作品でした!ネタ切れ感はあるにしても、いろんな意見があるにしても、ハラハラの連続さすがです、笑
アトラクションに乗ってるみたいでした笑
オーウェンかっこいいなあ。うん。

ラストでは色々考えさせられる終わり方でしたがこれからどうなるか。次回も楽しみです^^
kinishiki

kinishikiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

いや〜ラストの着地に納得!
というかその手があったか!って感じ。

ジュラシック"パーク"とは逆転の発想で、むしろ地球本来の姿に戻っていってしまうこの舵の切り方は、大正解なんじゃなかろうか。
ジュラシックパークって続編を作れば作るほど、矛盾をはらんでしまうという厄介なシリーズものであると思うんだけど、今回ので次回作はとりあえずクリアされたね笑

でもやっぱりパークトリロジーとは違う、ワールドトリロジーのらしさをこの作品で提示できたと思う。ラストで博士が言ってた「ウェルカムトゥジュラシックワールド」ってのがまさにそれで、パークではなく、ワールドの意味が前作以上に明確化されて大変良い。


正直、序盤の島まではあんましワクワクしなかったんだけど、(前半はほとんどディザスタームービーだよね)後半のロックウッド邸に行ってからはめちゃ最高だった。
二作目だからか、ロストワールドオマージュというか、ぽさを感じた。
むしろこっちの路線の方が自分は好きかも。

今回やっぱり印象的だったのは、光と陰の演出ですよね。画的にもバシッと決まっててカッコよかったし、サスペンスの演出として、ジュラシックパークに持ち込んだのは新鮮だった。

とにかく三作目が観たい!
はよ!
4DXで見ました!
DVD鑑賞もいいけど、この作品は4DXで是非とも‼︎
HAZUMI

HAZUMIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

<3分で書いたあらすじ>
前作から数年後。恐竜たちが棲む島で火山噴火が起き、恐竜たちは絶滅の危機に瀕していた。恐竜を保護すべきか?自然の流れに任せるべきか?その論争の裏では恐竜を兵器として世界中に売りつけようとする計画が進んでいた。インドなんとかの遺伝子となんとかラプトルの遺伝子を組み合わせたハイブリッド恐竜もまた――。


<感想>
この世に生まれて二十うん年間、恐竜が嫌いで苦手だったのですが、ここにきてまさかの克服。映画館に来るたびにジュラシックワールドの予告編を何度も見たおかげです。

展開としては、ただの恐竜パニック映画ではなく「島での出来事」と「島を脱出してからの出来事」と、ストーリーに起伏があって、飽きずに見られました。島への導入、火山噴火パニック、脱出劇、そこからの展開もやるべきことが行われている感じ。そして死ぬべき輩が死ぬ……。

あまりにも都合よく展開が進むので、オーウェンがもっとピンチになってハラハラしても良いのでは……と思いましたが、それはまぁ刺激を求めすぎなのか。腕の一本くらいくれてやっても……。

島では恐竜を助けきれずに見殺しにしたクレアが、今度こそ助けたいと葛藤し、オーウェンに止められる瞬間はめちゃくちゃエモーショナルだった。たぶんお互いに助けたくても、できない。
そこでメイジーですよ。

葛藤など糞くらえ!

とばかりに、元気にボタンを押してくださいました……。
「They're alive.」のようなことを言って、恐竜を解放してしまいましたが、あれから起こるだろう惨事を思うと微妙な気持ちになりますが、まぁそれは続編への布石ということで。

おしまい
kaze

kazeの感想・評価

4.3
個人的にはかなり面白かった

これまでのシリーズとは舞台もテイストも大きく変わり、目新しさを感じた

絶対に来るとわかっていても、やはり怖いシーンは怖かった
ひたすらパニックすぎて、
スリル満点で汗出たー💦笑

いろいろツッコミどころはあるけど、
クレアおばさん、嫌いじゃない。

衝撃展開すぎて、次が楽しみ🦖
そら

そらの感想・評価

3.6
前作が傑作すぎたのでやること全部終わってしまい消化戦みたいな雰囲気を全編通してずっと纏ってた気がする

ブルーがかわいすぎる
いいかげんに人類は早く滅んで欲しい
>|