nana

日本で一番悪い奴らのnanaのレビュー・感想・評価

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)
-
超悪い奴らエンターテイメント!
犯罪なんて少ない方が良いことなのにノルマがあったり、銃を押収した数を増やすためにクスリに手をつけたり、やってることが本末転倒で可笑しい。
凄く笑えるコメディなのに、実話ということを思い出してぞっとしました。
この超怖いのに超エンターテイメントなテイストは「凶悪」にも似てるし、「凶悪」よりも軽いタッチになっているのでより観やすく、今作は誰が観ても面白いと感じるのではないかと思います。

主人公はそんな警察の狂ったシステムに飲み込まれ、その中でも必死になって結果を残そうとした「馬鹿」がつくほど根が真面目な人だったんだと思います。

綾野剛さんが主演の作品ってちゃんと観たことがなかったかも。
こういうおじさんの役をやらせたらもはや達人の域な常連ピエール瀧さんから、まさかの配役でもバッチリだったデニス行雄ちゃんまで、出てる人もみんな良かったです。