日本で一番悪い奴らの作品情報・感想・評価・動画配信

日本で一番悪い奴ら2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:135分

3.6

あらすじ

「日本で一番悪い奴ら」に投稿された感想・評価

これ実話ベースのお話なんですね。
諸星が終盤に手を出してしまってからはきついです。
コメディさのおかげで重い話を多少は軽減してくれてます。

アウトレイジといい狐狼の血といい、本作も含めて皆さんの演技に圧巻です。
ぴー

ぴーの感想・評価

3.5
実話を基にしてるってことが、観たあと胸糞悪さが残る。さらに原作者が本人ってことにもおどろき。
ピエール瀧が犯人逮捕したのに一発腹パンチしたのがなんか笑えた。
ゆうな

ゆうなの感想・評価

4.0
迷っていても一歩踏み出してしまえばいくらでも進んでいける、それを間違った方向にばかり進んでいってしまった、人間の悪いところがつまった作品。
実話。まだこんな人が日本の警察に残っていることが怖い。
Joe

Joeの感想・評価

3.4
記録用。
これが、実話は興味深い。
北海道警の不祥事は当時はよく分からなかったですが、、、そういうことか。
って感じです。
これが実話ということの驚き
これが警察ということの驚きと怒り

公開時一人映画館へ観に行きました。
この事実への衝撃はもちろん、ラストでそれまで以上の衝撃をドンと受けた。

うぶな柔道少年の果てがこれかと悲しくもなる。頑張り方を間違えた残念な例。
柔道が強いからと道警に推薦され、なんとなく入り凄い先輩の言う通りやってみた。ということは彼だけの話では無いはずなのに、最後には無かったことにされる絶望感。後味は最悪に濃厚です。

一つの映画としては引き込まれるし面白い。わりと好きな類でした。
綾野剛の一番ヤバい顔はこの映画でしか見られないんじゃないかとすら思った。きっとあんな風になっちゃうんだろう、とものすごく怖かった。
でもお気に入りは行雄ちゃんです。唯一の癒しでした。めちゃくちゃ馴染んでて笑った。
中村獅童とピエール瀧のかっこよさもえぐかった。あのスタイルが似合う人が本当好き。
2回観て中村倫也も出てたことに気づけたことがちょっと嬉しかった。

警察とは何をする組織なのか、何のための組織なのかを正しく意識していないとこうなるんだろう。
営業職のように今月は何件とれただの、もっと数を増やせだの、不思議な会話が本当に多かった。ツッコミどころの多い会話が私たちの知らないところで繰り広げられているのでしょう。検挙率の高さを誇らしげにすることも私からすると理解できない。それだけ警察が動くことが起こっている町だと露呈しているようなもの。

しっかりしてくれよ、道警。
地元北海道の実話を元に作られたそうで。
こんなのやられたと思うと本当にやばいですね。
Shintaro

Shintaroの感想・評価

3.6
北海道警の事実に基づく組織犯罪。諸星は加害者か被害者か。現在も諸星のやうな者いるのかな。
sazawa

sazawaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これがほぼ事実って言うのが、本当道警録でもないな、という感想しかでない。
若い中村倫也出てて、おっ!となりまひた
綾野剛君はこういう役しかもうもらえないんだろうか。可哀想に。。北海道に存在したヤクザとどっぷりな刑事がいかに出世をして金を稼ぎ落ちぶれていったかを時代ごとに撮った作品。拳銃を集めるためにヤクザの闇ルートをつかって覚醒剤を捌いたりだとか、東京のヤクザの構想に巻き込まれるだとか、まあ話はアルアル。それよりも主要メンバーのいまいちパッとしない小物っぶりが際立ってしまって、悪い奴らに全然見えなかったのが残念だったなあ。綾野剛のいつも通りのわざとらしい演技に中村獅童の顔だけ怖い演技や、デニス植野のパキスタン人マフィアも全然引き締まらなかったなあ。老後の演出も全然悲壮感もスガスガしさもなにも表現できてなかったように思う。ピエールで全編やりゃよかったのになあ。
ozadora

ozadoraの感想・評価

4.2
「オッス、オッス」

実話を基にした北海道警察のとんでも不祥事「稲葉事件」を題材に描いた作品

流石は綾野剛。タコ耳の若い新入り刑事が名を売り出し、裏社会のスパイとして悪事の限りを尽くしていく中で真っ黒に染まり倒した挙句にシャブに狂っていく様はブラックなユーモラスに溢れていて痛快なエンタメ性があります。事実は小説よりも奇なりと言いますが、ここまで奇異な人生を送る人間がいるとはなんとも言い難いものがありますね。
悪いですねぇ〜、悪い悪い!
>|