実録・九州やくざ抗争 誠への道の作品情報・感想・評価

実録・九州やくざ抗争 誠への道2006年製作の映画)

製作国:

2.1

「実録・九州やくざ抗争 誠への道」に投稿された感想・評価

仁義なき喜多嶋舞に騙された大沢樹生が任侠道に突っ走る実録映画!!(前半ウソ)

何でコレ見たかと言えば、載ってないけど千葉真一大先生が大御所ヤクザ役で登場してるからなんであります。本当それだけですねー。

実録モノという事でナレーションや静止画で状況説明など…モロに『仁義なき戦い』シリーズを意識しちゃってます。そして出演者たちのギラつき度が圧倒的に足りないので、、余計にショボく見えてしまうという結果に。。

ただの不良だった大沢樹生が任侠の世界で成り上がっていく話ですが、、出世がそこまで早くないし、他の人らの跡目争いが凄くて大沢樹生目立ってないという。。主役にする意味があったんだろうか。。 

まぁ『キル・ビル』からそんなに経ってない千葉真一が見れただけでも良しとしましょう。。

納得のDVDスルー!やっぱ任侠映画には小沢仁志や白竜さんが登場しないとしっくりこないですな。

光ゲンジは内海こうじ君が好きでした!