片腕ファルコンさんの映画レビュー・感想・評価

片腕ファルコン

片腕ファルコン

全くためにならない映画ばかりレビューすると思うのでどうか温かい目で見守ってやって下さいm(_ _)m

今まで見た映画全部から点数を振り分けてる感じなのでどうしても若干点数が低めになってしまいがちですが…個人的には楽しんでます。3.5点以上だと結構な面白さ!

トリプル9 裏切りのコード(2015年製作の映画)

2.4

いかん、週末に見たのにもう忘れかけている。。

まず、キャストがかつてプチブレイクをした俳優陣というのがステキ。
ノーマン・リーダス筆頭にクラフトン・コリンズ・Jr.、ケイシー・アフレック、キウェテル
>>続きを読む

劇場版 びったれ!!!(2015年製作の映画)

2.8

『カバチタレ!』『極悪がんぼ』と同じ原作者のドラマシリーズを経た劇場版らしい。。やっぱり広島が舞台!

ちなみに「びったれ」とは広島弁で「小心者」って言う意味らしい!

元極道の田中圭が司法書士となっ
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

2.9

姉:ナタリー・ポートマン
妹:スカーレット・ヨハンソン

『海街diary』の4姉妹級に奇跡の共演、、。果たしてどっちを選べばいいのだ!!
まぁコレも一晩考えて私はヨハンソンを選ぶことにしましたが、、
>>続きを読む

春子超常現象研究所(2015年製作の映画)

2.3

大事なのは自信をもってバカをやる事、この映画、この監督はそれができてるとは思います。 前作『さまよう小指』はかなり好きだったんですが、同じようなテンションのはずなのに今作は全くハマれませんでした。>>続きを読む

オブザーブ・アンド・レポート(2009年製作の映画)

2.6

ショッピングモールを露出狂が気持ち良さげに駆け回るオープニングで一瞬 名作の予感を感じさせられましたが、、何なんでしょう、この笑いづらさ。。

想いを寄せるショップ店員にも卑猥なモノを見せ付けた変質者
>>続きを読む

花のおんな相撲(1996年製作の映画)

2.7

※閲覧注意※

時代は今、大相撲ブームが再燃してるらしい。。
去年辺りから若い女子が国技館に足を運ぶようになったらしい。。

1996年…それを予知していたかのような作品がございました。

 『花のお
>>続きを読む

弾突 DANTOTSU(2008年製作の映画)

2.6

フィルマークスのセガールファンの皆さん!!教えて下さい!!

沈黙シリーズとはは別に不定期に発表される『ICHIGEKI』とか『DENGEKI』の漢字を横文字にするシリーズの使い分けの定義を教えて下さ
>>続きを読む

ランニング・オン・エンプティ(2009年製作の映画)

2.4

『サタイマノラッパー』でみひろは演技ができるんだと証明させた池袋シネマ・ロサですぐみひろの次回作が発表されたんす。

それがコレなんですが、みひろと男が追いかけっこしててなかなか気になるヴィジュアルだ
>>続きを読む

ポリー・マグーお前は誰だ(1966年製作の映画)

3.0

画像とほぼ同じ1999年版のチラシだけは手元にあってずっと見たかった映画。
レンタルはなくて、DVDは廃盤、相場24000円らしい。。
まだ見ぬ映画にそんな払うのもリスクが高いので何かのタイミングでや
>>続きを読む

内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル(2015年製作の映画)

2.4

小学生の頃はダウンタウンが怖くて完全にウッチャンナンチャン派でした私です。

その後は熱心にウッチャンの番組を見続けてたワケでもないので「内村さまぁ~ず」とか「内村プロデュース」とか何となくしか知らな
>>続きを読む

ハーフ・ア・チャンス(1998年製作の映画)

2.7

フランスが誇る2大巨頭アラン・ドロンとジャン・ポール・ベルモンドがタッグを組んだ!!

言うなればデ・ニーロとアルパチーノ
健さんと文太さんというたまにしか実現しないレア共演と言えましょう。。

が、
>>続きを読む

ライブハウス レクイエム(2015年製作の映画)

3.7

ムージックラボ2015の作品はリアルタイムでは1本しか見てなくてその『劇場版 復讐のドミノマスク』って映画が素晴らしく、なぜ準優勝なんだと嘆いたものだ。
がしかし、今年になってグランプリ作『いいにおい
>>続きを読む

ファイティング・アルティメイタム(2004年製作の映画)

1.7

またしても、ためにならないレビュー失礼します。。

例によって格闘系映画なワケなんですが……その中でも ワーストに近い何もなさでありました。。

記憶をなくした男が 身体にタトゥーとして刻まれてある女
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

2.8

おいい!誰だ『クローバーフィールド』の続編と言ってた人は!?配給会社の回し者じゃないでしょうね?

POV方式も『ブレアウィッチ2』バリにポイしてるし、あの怪獣たちは何処へ行ったんだ!?なるほど、ジョ
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.0

実力派若手女優ジェニファー・ローレンス、クロエ・グレース・モレッツ、シアーシャ・ローナンの3人から同時に結婚申し込まれたら、、という妄想…シュミレーションを自らにぶつけ、3日悩んだ答えがコレだ!!>>続きを読む

誰かが私にキスをした(2010年製作の映画)

2.0

アントン・イェルチンが死んだだと…!?
27歳で事故死なんて信じられない。。

一方でホリッキター・マキが第1子を妊娠だと…!?

同じ27歳で明暗をおもいっきり分けてしまった2人に加え、松山ケンイチ
>>続きを読む

ブラックスクール/裏黒(RIGURO)(2011年製作の映画)

1.8

全く誰も気にならない、誰も得しない映画のレビューをすいません。。

一応これでも下北沢トリウッドで劇場公開された作品です。しかも何故か3部作という。。

ストーリーは…幼い頃から殺し屋として仕込まれ高
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

2.6

メンツがやたら豪華ですわね。
当時、ブレイク前だったブラッドリー・クーパーもいるし今だとさらに価値あるメンバー。

が、しかしいくら豪華な群像劇とは言え…あまりにも長い…!!90分にまとめていただきた
>>続きを読む

教科書にないッ!(2016年製作の映画)

2.8

とにかく私は上半期のランキングを固めるため上位に入ってきそうな映画を見ております。。

今宵は『10 クローバーフィールド・レーン』……のはずがどうした…!!

このスカート中から引っ張られるスターウ
>>続きを読む

DEVIL NIGHT デビルナイト(2005年製作の映画)

1.6

デビルロボッツっていうデザイン集団をご存じでしょうか……いや、私は良く知りませんけど。

スターウォーズとかバック・トゥ・ザ・フューチャーのキューブリックを集めまくっていた頃(今はぐっちゃぐちゃになっ
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.5

完全に出遅れました。。 申し訳ございませぬ。。 も、もう、うんざりですよね…??

やあ!俺ちゃん……あ、このパターンも何回も読みましたよね?

グリーン・ランタ……この自虐ネタもお腹いっぱいですよ
>>続きを読む

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

3.0

まず声を大にして言いたい。

「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!!!」

…いや、コレは別にハリセンボン春菜がどうってワケじゃなく単純に僕の叫びなのです。
様子が変だ。これまでアポなし取材や過激なパフ
>>続きを読む

跳躍の孤独と恍惚(1974年製作の映画)

2.9

例によってエルメスのプライベートシネマ 場違いなファッションで見てしましたよ。。
いつも予約取りづらいのに 前日でも余裕だったって事は相当人気ないテーマなのかしらね。。

監督はニュー・ジャーマン・シ
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

2.7

SF映画がだんだん楽しめなくなっている…。
既視感ばかりを感じてしまって、特にオリジナリティーを感じられなかったんです。。

主人公とAI美女が人工知能のテストという名目で対話を続ける事でだんだんお互
>>続きを読む

エターナル・マリア(2015年製作の映画)

2.8

都内で数回しか不定期上映でされない本作。。

見るべきかスルーすべきか迷ってたけど結局見に行った。
ならば、星美りかが舞台挨拶の時に見るべきだった。。
※僕が見た時は出演したオッサンしか登壇しなかった
>>続きを読む

明日の世界(2015年製作の映画)

2.8

『きっと全て大丈夫』で完全置いてけぼりをくらったドン・ハーツフェルト監督の新作の方がコチラ。(同時上映だったんです)

相変わらずのユルいタッチですが、こっちの方がよりクズしてるのがむしろ良い!!
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.4

さて…予告していた世紀の一戦、ロイヤルVIP席(最前列)で見届けてきました。

[世紀の一戦]という謳われた試合は時として[世紀の凡戦]と揶揄されてしまう場合もあって…

それは
メイウェザーVSパッ
>>続きを読む

ひきこさん VS こっくりさん(2012年製作の映画)

2.0

明日はいよいよ…日本が注目するメインイベントが開催されますよ!!

日本ユーレイグランプリ決勝戦!!
『貞子vs伽椰子』
https://filmarks.com/detail/65921

いったい
>>続きを読む

メディテラニアン・ブルー(2012年製作の映画)

1.9

トニー・タランティーノって誰じゃい!!

実は…なんとクエンティン・タランティーノの実のオヤジさんらしい!!
ジャケで言うと…左から2番目のオッサンがそれ。

見たら絶対忘れないあのアゴは遺伝じゃない
>>続きを読む

白と黒(1963年製作の映画)

3.5

3年前辺りから池袋新文芸座で毎年行われるようになった仲代達矢特集。映画会の人間国宝と言っても過言ではないレジェンド仲代達矢。
全く寿命を感じさせない梅宮辰ニィや千葉真一先生と違って、年齢的にもだいぶ高
>>続きを読む

きっと全て大丈夫(2006年製作の映画)

2.5

僕なんていう凡人がまた手を出しちゃいけない作品だったような気がします。。

どうやら3つの作品を合体させて再編集したアニメらしいですが…

絵が棒線のみで描かれててシンプルなタッチではあるんですが、い
>>続きを読む

リベンジポルノ LOVE IS DEAD(2015年製作の映画)

2.2

七海なな版『リベンジポルノ』が激的につまらなかったですが…

こちらは第2弾となる
吉川あいみ版『リベンジポルノ』
まず吉川あいみがエロいんだ。気づけばフィルマークスに登録されてる吉川あいみ出演作コン
>>続きを読む

カルテル・ランド(2015年製作の映画)

3.0

不倫じゃ別荘じゃと連日報道してるニッポンがいかに平和ってのが改めて痛感させられるメキシコの政府も警察も機能してないミチョアカン州の壮絶な現状を捉えたドキュメンタリー。
つまりあれですね『ボーダーライン
>>続きを読む

UFO仮面ヤキソバン 怒りのあげ玉ボンバー(1994年製作の映画)

2.5

やかんあり!!!


ずっと言いたかったんですがケロケロみんさんの承諾を得たので使います!!!!ありがとうございます!!

画像の通りです!!やかんあり!! やかん悪魔ケトラーが世界中のやかんを一人
>>続きを読む

はなちゃんのみそ汁(2015年製作の映画)

2.7

なるほど、全くお涙頂戴な悲しい展開にはしてないのですね!

そこの演出には好感がもてますが…もうちょっと悲壮感に寄せても良かったのでは、と思ってしまいました。。
どういうワケか、演技派のはずの広末涼子
>>続きを読む

遠距離恋愛 彼女の決断(2010年製作の映画)

2.8

元ラブコメクイーン:ドリュー・バリモアがまだまだ現役だというのを知らしめた体当たり芸。

当時、相手役のジャスティン・ロングとは実際恋人同士だったのね…そう考えると何だかお恥ずかしいわね。それにしても
>>続きを読む

>|