memmmiii

ウインド・リバーのmemmmiiiのレビュー・感想・評価

ウインド・リバー(2017年製作の映画)
3.9
見た直後⇨え、これ高評価してる人って絶対男でしょ…と偏ったフェミニズム思考に陥るくらい、あのトレーラーでの出来事が、リアルすぎて、怖くて辛かった。
いくら最後にアイツをあの思いをさせたからって、あの一連の流れは最悪すぎた。ところであのピートって奴はデトロイトでウィル・ポールターが演じた奴くらい、胸糞悪い白人ですね。

数時間後⇨いやでも映画としての取り組み姿勢とか、カットの切り替えの新鮮さとか(ノックからあのシーンに繋いだのはハッとしたし、集団であわや銃撃戦は緊迫感あったし、白い世界から急なヤマアラシからの急なジェレミー・レナーとか)凄いかもなぁ。

一晩経って⇨やっぱりテイラー・シェリダンはすごい!ということで、結果的にボーダーライン超え。(※後日ボーダーラインがジワジワ来て、星はひっくり返りました)欲を言えばあの壮大な雪景色をロジャー・ディーキンズに撮って欲しかった。

2つ謝ります。
①オルセン姉妹の妹としか思ってなかったエリザベス・オルセンさんが「10㎞走ったの?」と泣く演技はなかなかでした、ナメててすまん。
②色っぽく髭剃りしてたジョン・バーンサルが映った瞬間「おっ!またお前が女主人公をボッコボコにするんか〜」と思ってたら色んな意味で逆でした、喧嘩のシーン見事でした、すまん。