ウインド・リバーの作品情報・感想・評価

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

kana

kanaの感想・評価

3.9
くどくない
最近アメリカドラマばかり見ていたせいか、全くくどさを感じなかった。しかしそれなのにメッセージがひしひしとちょっと苦しいくらい伝わる。
さすがの描き方。
他人事じゃない内容。
Mrorange

Mrorangeの感想・評価

4.3
世界には闇がたくさんある。
この映画はその中のほんの一部の話(実話)。
とても考えさせられるし、世界でこのような出来事がたくさんあると思うと自分はどれだけ良い環境にいるのか。
この映画を観たからにはしっかりと心に刻み込み忘れない。

社会問題について深く向き合ってていきたいと感じれた作品。
おがさ

おがさの感想・評価

3.9
ワイオミング州ウィンドリバーの雪中で見つかった死体の真相を追う、実話ベースの作品。
走って逃げることもままならない極寒と、エビデンスがすぐに消えてしまう豪雪という極限状態の中での捜査が進む。綺麗な白銀の世界に相反する、どんよりとした重厚な雰囲気がハードボイルドでよい。
土地自体の人口の少なさ故に、事件解決までに劇的なサスペンスは無かったが(実話ベースだし)、淡々と犯人を追っていく様が捜査というよりもハントな感じがして渋かった。

寒い日にランニングすると血の味がするのってこういう理屈なんだな。
ジェレミーレナーが最高に渋くてカッコ良い。この土地の凍るような寒さと生きづらさがリアルに描かれている。そういう閉塞感とやり切れなさで人間って愚かな存在にもなるし、健気に生きる人もいる。しかし胸糞悪い犯人。。。
「ボーダーライン」の脚本を手がけていたテイラー・シェリダン監督作品。

主演ジェレミー・レナー。
この作品、現代アメリカフロンティア三部作と呼ばれる最後の作品だそうで、アメリカに今も残る闇の部分を描いている硬派な作品。
今作はネイティブアメリカンの居住区であるワイオミング州が舞台で、その寒々しい風景描写が現地に入植させられたネイティブアメリカンの悲痛…そして怒りを感じさせ、終始シリアスに描かれています。
ネタバレするとサスペンス性が薄れてしまうので、あまり事前に映画評などは見ないで鑑賞した方が緊迫感が感じられて良いかと思います。

現代アメリカフロンティアの2作目にあたる「最後の追跡」はNetflixオリジナルなため加入していない私は観れていなんだけど、いつか観たいですね。
全体的によかったです。

これが事実とは恐ろしい…

雪だけの世界なんて想像できないけど強く生きたいと思いました

2019年-19本目
「メッセージ」に続き
最高なジェレミー・レナーが観れる

噂通りの傑作
やっぱりシェリダンは凄えや…
悪党のさばき方は本当スカッとする
(それこそカタルシスがハンパない)

エリザベス・オルセンのかわいさは正義な

西部劇6
先住民居留地での社会問題を軸にしながらも適度にエンタメしているので見易い。なにか足りないと思って見ていたが、キャラクターの心情を正しく描こうとしすぎて、その土地、景色、人物ではない画が疎かになっている。視点が近すぎるので映画が小さく見える(雪国の恐ろしさがいまいち)。作りとしては『羊たちの沈黙』を参考にしたんだろうなあと邪推。終盤の容赦ない銃撃戦に+0.5。
kazu

kazuの感想・評価

3.8
大雪の朝、女性の遺体が発見される。
犯人は誰なのか‥

想像してなかった結末でした。

「ネイティブ・アメリカン失踪者に関する統計調査は存在しない
失踪者の数は不明のままである」

ショック‥
何故あの場所で彼女は
あんな死に方をしたのか

始まってからすぐに引き込まれた

雪深い地には原住民がひっそり暮らしている

派遣されて来たFBIはオフィスからそのまま来たよ~って出で立ちの女性捜査官

チッ形式だけの捜査かよ!とムッとしたけど、この捜査官がなかなかガッツがあったのよ😉
防寒着に着替えてからは髪も纏めてたし

深々と雪が降り、始終静かに流れていたストーリーが採掘場から一気に加速

ジェレミーのハンターが今作でも
いい仕事してくれました!!

残忍な犯人には、同じ目に合わせる
これがシンプルで府に落ちる
>|