ウインド・リバーの作品情報・感想・評価

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

4.0

あらすじ

雪深いアメリカの、ネイティブアメリカンが追いやられた土地“ウインド・リバー”で見つかった少女の死体―。新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が単身FBIから派遣されるが、慣れない雪山の厳しい条件により捜査は難航。ジェーンは地元のベテランハンターで、遺体の第一発見者であるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)に協力を求め、共に事件を追うが、そこには思いもよらなかった結末が・・・。

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

生きていくために必要なのは運ではなく・・・。

見ごたえがあって、凄くいい作品でした。
脚本を担当した「ボーダーライン」が、かなり好きなので期待して観に行ったのですが、その期待を軽く飛び越えていきました。

サスペンス映画だと思っていたら、なかなか重いテーマを扱っている作品。

アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで一人の女性が遺体で発見される。

この映画の舞台となるウインド・リバーは、雪山の厳しい自然環境や不安定な気候のため捜査が打ち切られることがしばしば。先住民の失踪者は、把握できておらず不明である。この映画では、先住民の差別問題が描かれている。

なのに、自分は途中でそのことを忘れてしまい、サスペンス映画として食い入る様に鑑賞してしまった。
最後にテロップが出て思いだす。ダメじゃん。
重いテーマが背景にあるが説教くさくなく、全体的に緊張感が漂っているので濃厚な2時間を堪能することができました。

主演はジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン。
MCUでもこの二人は、少し関係があるので、MCUファンにはたまらない作品でもあります。
アヴェンジャーズでは一度もカッコイイと思ったことがないジェレミー・レナーですが、本作はめちゃくちゃカッコよかったです。
あんた、やればできるのね。笑

本作では、ハンターの役柄。
終盤の銃撃戦が最高でした。これぞ、プロの仕事。
くうーーー。サイコーーー。
この事件の結末のつけ方も、良かったです。
その際、ある人物に言うあるセリフが心にズンと響きました。

テーマもしっかり描き、エンタメとしても楽しめる。
なかなかの傑作ではないでょうか。

この世界で生き残るには運なんて必要ない。
自分の力で生きていくこと、戦うことが大事なんだ。
Moto

Motoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ネイティブ・アメリカンの中で生きるホークアイが、あ間違えたジェレミーレナーが、鬼かっこいい

でも劇中の立場がアベンジャーズとちょっと似てたね

それがあるからこそ、或いは親友が同じ立場に置かれたからこそ、最後の犯人に対する仕打ちだと思う。
しかもしっかり裏のテーマに、いや表だろうけどネイティブアメリカンのアメリカでのひどい扱いも垣間みえてそれが最後にサクッと胸にささるのは自分としては好きなテーマだった

犯人が誰かネタバレする描写のカットの切り方が秀逸だったなあ、
「なぜこの土地では少女ばかりが殺されるのか」
映画で描かれた事件の結末を見届けた直後はこのキャッチに疑問だったが、最後の字幕を見てハッとした。冒頭の字幕をすっかり忘れていたからだ。
我々が見届けた事件はほんの一端に過ぎないのだと、それは結末でも何でもなく現在進行形の事件だと。
恐らく、誰が犯人か、真相は、解決は--それを見届けることは叶わないのかもしれない。
だからこそこの映画の価値があるのかもしれない。

「苦しみ続ければ心の中で生き続ける、忘れることはない」
救いか呪いか、ともかく主人公の台詞はまさに映画のテーマそのものである。
マジで最悪(褒めてます)。序盤から最後まで作品全体に緊張感があり、ウインド・リバーという地の、そこに住む人しか分からない恐怖・悲しみ・哀れみ・気高さがひしひしと伝わってきた。そしてそれを徐々に感じ取っていくFBIの若い女捜査官エリザベス・オルセン。最初と最後が対になっていたり、途中で観客側の不意を突くようなカットがあったりと、脚本がとても秀逸でした。
tachinoumi

tachinoumiの感想・評価

4.2
ある視点ってよく分からない。

現代版レヴェナントって感じだった。

娘のかわりの復讐

ずっと悲しみ続ければ忘れずにいられる、その通りだと思う

これが人種差別問題の極みなんだろうな〜

あのFBIの小娘は無神経過ぎた
m

mの感想・評価

-
見応えあり!銃撃戦が怖かった。ずっしり重い作品は嫌いではなくむしろ好き!
hiehie

hiehieの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

18.09.21 @ufotable CINEMA

雪原からの狙撃シーンが格好良くて鼻血出た。狙われるのは運が悪いのではなく弱いから。彼女は強い。

このレビューはネタバレを含みます

白き地獄にて


どえぐい話だった…
白い地獄のような地を生きることを押し付けられた先住民族の子孫たち
愛する家族を、幸福を奪われてなお這うようにして生きなければならない遺族
悲しみばかりが押し寄せるようで
犯人たちへの怒りが湧いても、無情さに虚しさが湧いて来て
…ようやれんわ…と
苦しくなってしまった…
復讐の景色すら、虚しい。
あんな状況で必死に生きもがこうとした彼女のことばかり考えてしまう。
10キロ、10キロか…

じぇれみの演技が素晴らしかった。
タフな男の中身に潜む膨大な悲しみの輪郭がはっきりと見えたラスト付近の目の力。
彼女の遺族、特にお父さんの嗚咽がしんどかった…
エリザベス演じる捜査官の一生懸命に仕事を全うする眩しさと、彼女が直面したものに己を保とうとする眼差しが好きだ。
あと振るわれる暴力の乾燥した撮り方が好き。
シナリオの、暴かれてしまえば数行で済んでしまう中身に潜む苦しさをひしゃくで汲んで鑑賞者の喉にざらーっとする感じが怖いくらいに良かった。
ジェレミーレナーがただただカッコいい。
映画自体はめちゃめちゃよかった。けど、題材が重くて胸糞悪くなった。特に犯人に
柊

柊の感想・評価

3.6
アメリカに於ける人種差別と言えば、黒人に対する差別が圧倒的に取り上げられていて、本来の先住民であるネイティヴと言われるいわゆるインディアンへの差別はひたすら隠される。言って見れば隔離移住だから問題はもっと深刻なのに…アパルトヘイトだって国際的には解決の道を辿ったのだから今更大国の恥部晒すなど許されないのか?闇に葬りたいのだろう。故にこの現代に於いてもネイティヴアメリカンの少女の行方不明者の数すら把握されていない。

この世に起きている事で知らなくて良いなんてほんとは何一つない。きちんと知る事が人を作って行くのだと私は思う。どう知って何を学ぶかはそれぞれではあるけれど…

訴訟の国アメリカでも、法すら届かない場所。我が子を理不尽に失くした悲しさは、絶望の地と相まって全てが雪の下に永久に隠されてしまいそうな中で執念が勝った。
法の下にこれが最善の結果なのか?と問われればそうではないのかもしれないが、現段階では他の方法ではある意味納得がいかない。
それにしても銃社会は怖い。普段から防弾チョッキ付けていても生き残るのは運くらいにしか思えない。あんな雪原での銃撃戦遠慮も何もあったもんじゃない。
ジェレミー・レナー着替えた白い衣装が孤高に見えた。最終戦に相応しい出で立ちでした。
>|