コウノゴイチ

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。のコウノゴイチのレビュー・感想・評価

3.0
「ホラー版スタンド・バイ・ミー。」

キング原作を映画化。「シャイニング」や「キャリー」に比べて知名度が低いが、1990年に一度テレビドラマ化もしている。子供の失踪事件に立ち向かう少年少女達の物語。

メインを張る少年少女達はイジメられてたり、本人じゃなくとも家庭環境が複雑など、どこかしら問題を抱えており、そこから脱する為に力を合わせて失踪事件に立ち向かうという「スタンド・バイ・ミー」的な成長譚としてのエッセンスも含まれている(ちなみに「スタンド・バイ・ミー」もキング原作)。何度怖い目にあっても何回も立ち向かう子供達の勇気は凄すぎるが。

CMや予告でも推していたピエロだが、正直そんなに怖くはない。怖さというよりかグロさのが際立つ。それよりもイジメグループのがビビるわ。イジメるコトに命かけてる様は一種の狂気を感じた。リーダー格のヤツが最後らへんに取った行動には度肝を抜かれた。まあこれもピエロのせいなんではあるけどさあ。

結局ピエロが何者なのかはこの時点では明かされてないが、そこは曖昧にするのもホラーあるあるではある。しかし既に続編が決定しているので、そこで明かされるんだろうか。続編はキャストは変わるのか、時間が飛ぶのかとか色々楽しみではある。この映画単体としては正直喰い足りない部分はあるものの、まあ面白かったかな。