IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価



レビューめちゃくちゃ遅れましたけど 公開日に It 観て来ました。
久々にホラーって感じの映画に出会えたなぁ としみじみ。
最近の邦画は流行りの女優や俳優を出しとけばいい風潮にあり 話の本筋がスカスカで「なんの映画?」ってなる事が多いんですが 誰かわかりません?w

洋画は といったらホラーとついてても戦っちゃうのがお決まり。
ちゃんと準備する時間もあり 助太刀に胡散臭い霊媒師などを招き入れて やっとこさ退治!勝利!的なのが大半。

あとは勝利!と思ったらエンドロール後に「実は…」的な次回作を匂わせる終わり方をしたりしますよね。

今作のIt(本題)は その匂わせて終わるタイプ!しかも戦っちゃう!w
でも 助太刀は無し。子供達が自ら戦います。
観た人が言うようにスタンド・バイ・ミーのような雰囲気が強く、ホラーと青春を行き来するような映画になってます。


いやぁ楽しかったなぁ
飽きる時がない。ずっとほのぼのしてるか ピリピリしてる。
観た人気付いたかな?
今から観るよって人いたら良く見て見てね。
ほのぼのとしたシーン。ぼーっと見てちゃダメだよ。後ろに一瞬クラウンが映ってるからね。細かいよねぇ 本当に気付く人少ないだろうに そこまで作り込むなんて…
あとは少しネタバレにはなるけど クラウンは変身するような能力を持ってるんだ。その能力を使う前には当たり前だけどクラウンだよね?そのクラウンが変身して出てくる前のシーン。変身する前のクラウンが後ろに一瞬映ってたりするんだ。

本当に凄い。
細すぎる。本当によく観て欲しい。ピリピリしてる時にも目を背けず細かくね。

以下ネタバレ&疑問点になります!観てない人は観てから見てくれるとありがたいです!





ーーーーーーーーーーー




今回のクラウンは子供を食うのが目的だよね?
子供に対してイタズラ(トラウマ級)をするのは恐怖心がつくと肉がとてつもなく美味しくなるから って考えてたんだけど合ってんのかな?
だとしたらラストの皆がふわふわ浮かんでた所はどうなるんだろ?
なんであの子達は食わなかったんだろ すぐには食べずに食べる分を貯めてたのかな?貯めてるとしたら何故ジョージはすぐ食べたのかな?浮かせてるのが仮死状態で死んでないようにしてるなら ジョージは腕が無くて出血多量で死ぬから食っちゃったのかな?

浮かせるのが食べるためだとしたら あの女の子はどうなるんだろ?あの女の子が生きていたのは恐怖を感じなかったからって言ってたけど、その後は結局浮いて死んじゃうのかな?生き返る狭間にいただけで 死なないのかな?その後にまた何とか怖がらせてやっと食べるのかな?だとしたら恐怖心が限りなく少ないけど そこまでして 彼女を食べたいのか?怖がらないなら適当に他の新しい子を怖がらせた方が手っ取り早くないか?

まだまだ疑問が続くぞー

デカくなって皆襲おうとしたけど それラストのみんなにボコボコにされる時に使えなかったのか?使えなかったとしたらあれは脅かす用で攻撃力はないのか?


最大の疑問としては 食べる子供は何歳から何歳が対象なんだ?
それぞれのキャラクターの年齢が完全に分かってないのであれだけど…んー。
てか何故子供を食べるようになったんだろう。
神出鬼没だけど物理攻撃効くから 危ないと思ったら攻撃してくるような大人を狙うのはリスクが高いからやめたのか?
謎が積もるなぁ

まあ何はともあれ第2章があるらしいですね。
んー。この全ての謎が解明されればいいのだが…そして映画の定義としてパート2は外れるってのが気になるなぁ。

果たしてクラウンはちゃんとお食事を済ませる事が出来るのか、またパート2はヒットするのか…乞うご期待!

※ちなみに今作出てくるのはピエロでは無くクラウンです。
ピエロとクラウン何が違うんだよって人の為に解説すると、ピエロは泣いてる道化師、クラウンはそれをバカにする道化師 らしいです。今作のあいつは怯えてる子供をからかってたよね?そういうことらしいですよ。
スタイル抜群のイケメンがあんなおっかないピエロになるという技術力が何よりもホラー
ホラーでありながらも少年たちの青春が眩しすぎて非リア充のわたしにはすこし痛い
ペニーワイズ怖いよ~

勇気を持って恐怖に立ち向かうことが大人への一歩。
旧作と比べるとエンディングはこちらの方がよいかも?
シャワー室の排水溝のシーンがなかった?のが残念。
moyu

moyuの感想・評価

4.1
ただただ怖かったけど、ちゃんと中身あったし感動した。
立ち向かう子供たちに感動した。
マイク

マイクの感想・評価

3.5
ピエロ恐怖症の人ならうってつけの怖さではないでしょうか。

ただ、ストーリーのなぜなのかっていう部分が語られなかったし、矛盾しているような気がしてなりませんでしたね
あずみ

あずみの感想・評価

5.0
ホラー映画として見るよりも、子どもたちの成長物語として楽しんでいます。

リメイク前のItは完全にトラウマものでしたが、今作は自分が大人になっていること、そしてペニーワイズ役のビル・スカルスガルドが大好きだったこともあって恐怖要素が薄れてしまいました。
しかし、それでもペニーワイズの不気味さは健在ですし、怖いものは怖い。
メタ

メタの感想・評価

3.3
ホラー映画入門としていい映画。

大衆向けになったぶん、ホラー要素は多いけど、すっきりとした印象。
後に引く怖さがないので安心してみれます。

ペニーワイズのデザインは、昔の方が毒々しくて好きですね。今回のは、あっさり。
けれど、ホラーとしての演出は、絵面的にけっこう好きなシーンがあります。楽しめた。

子供たちが中心になり進むストーリーがいいですね。
子供ならではの衝突・友情とホラー映画の融合はうまくいっていたと思う。それこそ、小学生くらいの子どもたちに見せてあげたいホラーですね。

原作変えて、女の子2、3人にしてくれても良かったかも。
nko

nkoの感想・評価

1.5
急に出てきて驚くだけで物語はそこまで面白くないし終わり方がよく分からない
MStaro

MStaroの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

青春モノだった ゴアやグロなどは控えめで
比較的広蔵見れる作品になったのかも?
>|