コウノゴイチさんの映画レビュー・感想・評価

コウノゴイチ

コウノゴイチ

映画(542)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

2.5

「展開の遅さに困惑する続編」

石田スイの人気漫画の実写映画版第2弾。トーカ役が出家騒動の清水富美加から山本舞香に変更し、カネキ君大好き喰種の月山習役は松田翔太か演じる。

原作は既読だが、こんな話の
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

2.0

「眠らない森の美女と魔女」

ディズニーアニメ「眠れる森の美女」のヴィラン、マレフィセントを主人公にした作品、まさかの続編。

正直前作のストーリーをほぼ忘れてたが、見てる間になんとなく思い出してきた
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.5

「盲目だから分かるコト」

2011年の韓国映画「ブラインド」のリメイク作品。目の見えない元警察官が感じた音や匂いなどを頼りに拉致事件の真相に迫る。

真犯人が判明するまではメッチャ面白かった。目が見
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

1.0

「二匹目のドジョウは大失敗」

「カメラを止めるな!」通称「カメ止め」の上田慎一郎監督による新作。他に2人の監督を迎えて3人体制で作った作品。

これはダメだわ。なんか全体的にVシネみたいに安っぽい演
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

「ワニワニパニック」

「ルイと9番目の人生」のアレクサンドル・アジャ監督のサバイバルスリラー。ハリケーンで浸水しそう家に父を探しに行ったら何故かワニが何匹もいたとかいう思いっきりB級映画好きを狙った
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

「27年越しのホラー同窓会」

キングの小説「IT」原作の映画化、1作目の続編にして完結編。前作から27年後、大人になった「ルーザーズ・クラブ」の面々が、「それ」がまた現れたコトをきっかけに再び集う。
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.0

「ナイトミュージアムな死霊館」

「死霊館」シリーズ7作目、「アナベル」スピンオフとしては3作目。ジェームズ・ワン製作のもとに、「IT イット」の脚本家ゲイリー・ドーベルマンが監督・脚本を手がける。
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

4.0

「ヒリヒリするひと夏の青春」

薬の売人をやっている地元の悪、悪と出会い調子に乗ってしまった少年、地元の悪の妹、この3人がひと夏を経て向かう先を描いた青春残酷物語。
監督は本作が長編デビュー作となるイ
>>続きを読む

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(2019年製作の映画)

2.0

「イライラ主人公SF」

テレビアニメ「青春ブタ野郎」シリーズの劇場版。普通に最終話からの続編で、テレビアニメでもたびたび出ていた主人公の初恋の女性、牧之原翔子がキーとなる話。原作で言うと第6巻と第7
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

2.5

「SFのガワを借りた親子ストーリー」

太陽系の彼方で消息不明となった父親を捜しに旅立つ宇宙飛行士の姿を描いたSF。その宇宙飛行士かブラピで父親がトミーリージョーンズという似ても似つかないSFのガワを
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

「数字で世界を変える」

三田紀房による戦争漫画を実写化。個人的に苦手な監督の1人である山崎貴作品だが、期待してなかったこともあってかかなり面白かった。嬉しい誤算。

戦争モノっつっても実際にドンパチ
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

2.5

「ベッドの下で愛を囁く」

恋した女性を監視するためベッドの下に潜り込む男の物語。

普通に考えてあんなベッドの下ならまず気付くだろうし、11年間の空白は何をしてたのかってなるし、もっと言えばどれだけ
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

「勢いさえあれば良いんだよ!」

「グレンラガン」「キルラキル」の今石洋之監督+中島かずき脚本が再びタッグを組んだ完全オリジナルの劇場アニメ。アニメ制作も「キルラキル」のTRIGGER。

「グレンラ
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

「プロとして普通になる生活」

南勝久原作の漫画を実写映画化。殺し屋のプロが1年間、大阪で普通の一般人生活をする為の悪戦苦闘物語。

評判が悪かったので身構えたんだが、普通に面白かったけどな。自分は原
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.5

「奇抜さの裏にある苦悩」

グラミー賞を5度受賞したエルトン・ジョンの自伝的映画。「ボヘミアン・ラプソディ」で、降板したデクスター・フレッチャーが監督、「キングスマン」のマシュー・ボーンが製作を担当。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

「手向の花束をハリウッドへ…」

お馴染みタランティーノ監督の9作目。1969年ハリウッド黄金時代の光と闇を軸に、落ち目の俳優とスタントマンが、ある事件に巻き込まれる。レオナルド・ディカプリオとブラッ
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

2.0

「ポケモン初のフルCGリメイク」

ポケモンの初期の映画をフルCGリメイク。

元の原作を観たことないんで、コレはコレで普通にポケモン映画然してたんだが、最近のポケモン映画と比べると付いていけないとこ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

「見るべき毒薬」

お馴染みDCのヒーロー、「バットマン」のカリスマヴィラン、「ジョーカー」の誕生秘話をトッド・フィリップス監督で映画化。「ハングオーバー!」を始めコメディの印象が強かった監督なだけに
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

「怪獣大決戦」

ハリウッド版ゴジラの続編。前作から5年後を舞台にモスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する怪獣たちとゴジラがバトルしまくる。

画面狭しと怪獣バトルする内容になってるだけでゴジラ
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.5

「素材良しでも食い合わせ悪し」

平山夢明の小説を蜷川実花監督が実写映画化。

期待値を下げに下げたこともあったが結構面白かった。殺し屋連中も掘り下げが薄いという欠点も無くもないが、キャラ立ってるのは
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.0

「シュールな笑いを生む殺人鬼半生」

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」の鬼才ラース・フォン・トリアー監督の最新作。人を殺す魅力に取り憑かれた連続殺人鬼ジャックの12年間に及ぶ殺人の
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.5

「最強コンビ結成」

ワイスピ初のスピンオフ。前作「ICE BRAEK」から2年後を舞台にドウェイン・ジョンソン演じるホブスと、ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウが主役。

まあいつもの頭
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.0

「オンラインゲーム販促には最高の作品」

ドラマや書籍にもなったオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に纏わる親子の物語。

オンラインゲームを通じて父と息子の絆を取り戻すってのが大まかな
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

2.5

「ペットは可愛い…それだけでいい」

イルミネ最新作、シリーズ第2弾。前作の主人公マックスの飼い主が結婚をし子供を授かったことから始まる。

ペット達の愛嬌ある可愛さは文句なし。特に犬なのに猫に変装し
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

「お化けになっちゃった」

交通事故で死んだ夫が、お化けになり残された妻を見守るが...ていうあらすじにすればシンプルな話だが、一筋縄ではいかない結構壮大な話になっててビビる。

幽霊の姿はよくある白
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

2.5

「戦闘と戦争」

かわぐちかいじ原作のコミックを映画化。航空・海上自衛隊のひとつの戦闘を描く。

原作を読んだことないのだが、こんな群像劇なんだろうか。振り返って見ればこんなに人数いるか?てぐらい出て
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.5

「誰よりも自分を信じ、疑え」

東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案にした社会派サスペンス。若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。監督は藤井道人。

監督
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

「新鮮味は無いが迫力満点」

お馴染みディズニーの名作アニメを「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が”超実写版”と銘打って実写化。超が付いてるからと言って過去に実写化したものがあったのかと思
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

1.5

「タイトル負け」

東野圭吾原作のサスペンス小説を映画化。とりあえず言いたいことはタイトル詐欺。

ていうかもうネタバレするが、パラレルワールドでもなんでもない種明かしに脱力した。つうかこんなストーリ
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「好奇心は程々に」

1984年の夏を舞台にした青春サスペンスホラー。4人の少年が巷で起きている連続殺人鬼の犯人は隣人の警官マッキーじゃないかと疑い独自捜査していく、といった内容。

1980年代の少
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.0

「金に目が眩んだ4人の結末」

ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドという豪華キャストで送るフランスの西部劇。2人の殺し屋兄弟と科学者と政府の連絡係が
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.5

「最後に笑うのは誰だ?」

月9ドラマの劇場版。「キサラギ」や「リーガル・ハイ」の脚本家、古沢良太の最新作でもある。自分は古沢脚本はどちらかと言えば好みの部類で、このドラマも楽しませて貰った。「リーガ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

「過去よりも未来を大切に」

続編だが、これ絶対2ありき、もしくは2込みで撮っただろ的な正に後編みたいなデキだった。まあ連続公開されてるし当たり前か。

あの終わり方からどう繋げる気なんだと思ったらそ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

「やり直し逆襲ホラー」

「ゲット・アウト」など、 尖ったサスペンスやホラーで知名度急上昇中のブラムハウス・プロダクションズの新作は1日の最後に何故か殺されるも同じ日を繰り返すというループもの。全米で
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

「正体隠して世界と恋人救います」

権利関係で色々ゴチャゴチャしていたが、結局元サヤに落ち着き次回作も決定したMCU版スパイダーマンの2作目。「エンドゲーム」のその後であり、世界が復活して落ち着きを取
>>続きを読む

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

2.5

「はじまりの日」

シリーズ第4弾。時系列的には一番最初で、パージのはじまりの日が描かれる。

久しぶりのパージだが、相変わらず頭カラッポで楽しむには打ってつけのサバイバルだわ。今回特に何だったんだ的
>>続きを読む

>|