hayato

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のhayatoのレビュー・感想・評価

4.2
【金髪の野獣。ハイドリヒを暗殺せよ。】

★名台詞

ヨゼフ『We are Česká. Never no surrender!』
(俺たちはチェコ人だ!絶対に屈しない。)

国は戦わずして占領されたが、俺たちは絶対に屈しないんだと。

《ストーリー》◎
《演技》○
《音楽》○
《展開》◎
《笑い》×
《感動》○
《泣》△
《ハラハラ度》◎

★感想

ナチスに関する実話を映画化。
ナチス映画は色々見てきたが、こういった位の座についた人をどうやって暗殺するのかはとっても興味がある。

ハイドリヒはwikiでも調べたりしたけど、ヒトラーの後継者と言われてるほどだから、当時の最高位のクラス。
その人物を暗殺するには容易には出来ないけど、それを成し遂げようとする勇気が素晴らしい。

キリアンマーフィは顔的にイケメンで演技もいいね!
暗殺に向いてないやつは、任務に入れるなよって思ったけど、誰しも絶望的な状況だと、前に進めないのだと。
ただ、信念がみんな素晴らしく、最後は感動してしまった。

平和のために行おうとしたパラシュート隊員がとっても勇ましく、カッコよく、最後まで諦めようとしないのが素晴らしい。
そして最後のシーンが今までの戦争映画でとっても美しいと感じた。

諦めない気持ちが大切。