Sunset Song(原題)の作品情報・感想・評価

「Sunset Song(原題)」に投稿された感想・評価

原作は、Lewiss Grassic Gibbon による20世紀スコットランド文学のマスターピースの1つとされる、同名の小説。

第一次世界大戦が世界を飲み込み、混迷を極めた時代のスコットランドを舞台としたお話。
農家の長女として生まれた学才豊かな主人公クリスは、暴力的な父親や家族との別れ、戦争など様々な困難や不幸に翻弄されながらも、自分の生きる道を見定めようと健気に生きていく。

とても暗い内容で、陰鬱とした気持ちになるので、何度途中で観るのを止めようかと思ったかしれません。
当時の過酷な現実、女性として生まれたが故の運命、最愛の人すら別人に変えてしまう戦争の醜い姿、それらを泥臭いほどにリアルに描いた映画でした。