ルクセンブルクのおすすめ映画 66作品

ルクセンブルクのおすすめ映画。ルクセンブルク映画には、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の神様メールや、スカーレット・ヨハンソンが出演するマッチポイント、ソング・オブ・ザ・シー 海のうたなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

神様メール

上映日:

2016年05月27日

製作国:

上映時間:

115分
3.5

あらすじ

“神様”は 実在し、家族と一緒にベルギーのブリュッセルに住んでいる。実は相当に嫌な奴で、自分の部屋のパソコンで世界を管理しているのだが、面白半分に事故や災害を起こしたりしている。そのことに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

おのれの余命を知ってしまった人類はどうする?どうなる?まあ、パニクるわな? すげー!何この話?すげー!ってアホな子供…

>>続きを読む

人生はスケート場だ。大勢が滑って転ぶ。   【余命をメール配信された人々のトンデモない生き方に拍手!】 僕の余命は12…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こんな残酷な映画見たことない。 死ぬことより生き続けることの方がよっぽど辛い。 ミスティックリバーを見た時と同じような…

>>続きを読む

昔観たのに、「ネットのどっち側に球が落ちたか」も忘れていて、冷や汗かきながら観ていた(当時残していた感想は「スカーレッ…

>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

上映日:

2016年08月20日

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.9

あらすじ

少年ベンと、“最後のアザラシの子”である妹、サワースの物語。ふたりは海のそばの家に 帰るため、消えゆく古代の魔法世界へと不思議な旅に出発する。海で暮らすアザラシが陸に 上が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

セルキーのママ、人間のパパ、ママのお腹には赤ちゃんがいた。お兄ちゃんになったベンは妹にキツく当たっていた。そんな妹シァ…

>>続きを読む

アイルランドに語り継がれている、セルキー伝説を元に描かれた海辺のとある家族の物語。 どうしても、女の子のキャラクター…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

⚽️とレビューをシンクロさせるのはこれで最後にします(・_・; 日本⚽️に対しては選手やスタッフよりも掌返しのマスコ…

>>続きを読む

チンコは出ませんあしからず 面白かったのですが、「妙齢のうぶな未亡人が手コキという特殊な才能を見出だされ、たくましく…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フェルメールと言えばなんといっても「真珠の耳飾りの少女」ですよね♪ (知ったかぶりw) 17世紀のオランダが舞台。 …

>>続きを読む

世界的に有名な絵画 『真珠の耳飾りの少女』の作者 フェルメールとモデルとなった少女のお話。 本当のお話ではなく この…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アリ・フォルツマン監督があらゆる感情データを映画会社に売り渡したハリウッド女優の運命を描くSF映画を作った!! 20…

>>続きを読む

この映画が効いてきたのは、映画館を出た後だった。観終わった後、新宿をふらふらと歩いた。まじまじとビルを観たり、歩いてる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原題"The Breadwinner" 原作はカナダ人作家デボラ・エリスの同名の児童文学。 男と同伴でなければ女は外…

>>続きを読む

2018年のアカデミー賞長編アニメーション賞にて『リメンバーミー』に次いで高い評価を得ていたので気になっていた本作です…

>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女

上映日:

2017年01月28日

製作国:

上映時間:

109分
3.6

あらすじ

20世紀の幕開けとともに彗星のごとく現れ、スキャンダラスな逸話と名画の数々を残して、わずか28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレ。数多くのモデルと浮名を流したシーレにとって、とりわけ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

幼児偏愛者であり近親相姦や、誘拐疑惑による逮捕歴もある異端の変態画家、エゴン シーレ。 結構これだけ羅列するとクレイジ…

>>続きを読む

28歳で夭逝した天才エロ画家エゴン・シーレ。エゴン・シーレの絵は芸術かポルノか。そもそも女の裸だけ、なぜ芸術なの? …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

南イタリアの避暑地にやってきた上流階級の夫婦が、夫の浮気を疑い始めた妻とその相手によって乱されていくという話。 スカ…

>>続きを読む

よく出来たシナリオ。 秘すれば花な結構深イイ話。 後半からが面白くて、途中で観るの辞めなくて良かった。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

★ ぐるり、ぐるりと目が回るやうだ。  「何を云つてゐるのか、君は独楽ぢゃない」 狂っているのは僕のほうでしょうか。…

>>続きを読む

なんとも見事な邦題に惹かれて鑑賞。事前に予測していた通りとても胸糞悪い作品でした。 主人公は売れない歌手の男。彼が老…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルギーのダルデンヌ兄弟(ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ)監督の作品。(以前『ある子供』は見た記憶がうっすらあ…

>>続きを読む

ベルギーへの不法入国移民に、違法の労働を斡旋したり、住居を提供して金を巻き上げたりして暮らしてるロジェのアシスタントを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

少額生の時、学芸会で、 担任が監督のもと、 この劇やらされたー。 まさかA・パチーノが思い出させてくれたなんてー。 …

>>続きを読む

アントーニオは親友バサーニオのために自らの肉1ポンドを担保にし高利貸しのシャイロックから金を借りた。しかし持つ船がすべ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルギーB級コメディ。 美大生連続殺人事件。 サスペンスとコメディって相性が悪そうだけどギリギリ整合性を保ってる。 …

>>続きを読む

奇人変人勢ぞろいな火サス風ハートフルコメディ 主役の刑事の相棒のワンコロがクソ可愛らしいんですわ! そもそもしっかり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ロケーション抜群。 享楽的で退廃的な雰囲気は好き。 でもやっぱりドラッグに対する抵抗感が強い。 もうそもそも論の次元で…

>>続きを読む

ドイツ人青年が一目惚れした彼女は、ドラッグに浸りながら空虚感に満ちた生活を送っていた。 ふたりは日常を飛び出し、空と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

うなじに「23(enigma)」という数字のタトゥーを彫ったサンドラ(アーシア・アルジェント)の登場シーン。 ただなら…

>>続きを読む

2017.2.2 DVD 時勢としてのグローバル資本主義が幅をきかせる中、パーソナルな私情や私憤を排した即物的な媒介…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年7月2日 『ヒステリア』 2011年制作 イギリス、フランス、ドイツ、ルクセンブルク 監督、ターニャ・ウェク…

>>続きを読む

題材がまさかのバイブということでちょっと危なっかしい映画かなと思いきや、とても爽やかなロマコメだった。 ヒュー・ダン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「有り得るけど 考えたくない ディストピア」 レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..) 社会や組織のル…

>>続きを読む

カラフルな世界はもっての他、モノクロのように白黒がはっきり分かれた美しささえ感じられない冷え冷えとした色合いに思わず息…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヴァンダムがヴァンダム自身を演じ、キャリアの絶頂期からの落ちぶれぶりを自虐的に自白するメタフィクションコメディ。 まず…

>>続きを読む

僕が初めてヴァンダムを知ったのは2012年〝エクスペンダブルズ2〟からでした。あの高い若干掠れた声から発せられる恐怖の…

>>続きを読む

人生は狂詩曲

上映日:

2016年07月16日

製作国:

上映時間:

100分
3.0

あらすじ

吹奏楽の欧州決勝コンクール出場チームを選ぶ大会に参加したベルギーのフランドル地方の楽団<サン・セシリア>。ライバルチームであるワロン地方の<アンナバン>の演奏に圧倒されながらも「必ず勝つ」…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルギー発、ビッグバンド・ジャズ対決💡バンド対決なのに、更にミュージカル映画で😅色んな歌と音楽が悪い意味で入り乱れまく…

>>続きを読む

ベルギーの代表として選ばれた2つのブラスバンドが色々なトラブルを抱えながらヨーロッパ決勝コンクールを目指す! というミ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

恋に落ちた男性と結ばれた次の日の朝目覚めると、15年後になっていた。マリーは戸惑いながらも現在の自分や家族を知ろうとし…

>>続きを読む

いいなあこの作品。私が観てきたジュリエット・ビノシュの中でこのマリーが一番素敵だと思う。私にとって初ビノシュの『汚れた…

>>続きを読む
>|