Moeka

サタンのラプソディのMoekaのレビュー・感想・評価

サタンのラプソディ(1917年製作の映画)
4.0
1世紀以上前に作られたイタリアの幻想ホラー。若さを手にいれるため老婦人がメフィストフェレスと契約を結ぶが、人を愛するごとに再び老醜が顔に刻まれてゆく。ゴシックの装飾や絵画から現れる悪魔に零れ落ちる花束や蝶のつがい?などシンボルの数々も美しく、幽玄の森の中を歩く時の花嫁か死装束かのベールの蠱惑的なこと、、、