YUYA WORKSの作品情報・感想・評価

YUYA WORKS2016年製作の映画)

製作国:

上映時間:70分

4.3

「YUYA WORKS」に投稿された感想・評価

athihe

athiheの感想・評価

-
最前列に座ってしまい音楽が五月蝿かった 鼓膜がびりびりするのを感じる
iikimm

iikimmの感想・評価

5.0
YUYAが走る。
YUYAがこぐ。
続ける事が大事‼︎

RUN FOR Parisは走りながらも橋等の歴史もわかる!

モブさんとろくに対談せずに、20分くらい話して帰ってしまったけど、そこがロックンロール!

美味しいビール飲めたかな。
カナザワ映画祭にて鑑賞!

ロックンローラー・内田裕也の30年分の映像を編集した、「裕也の、裕也による、裕也のためのアイドル・イメージ・ビデオ」☆

内容は、パリの旧所名跡をただただ走りまくるものと、世界の観光地を自転車で疾走するもの☆
延々と続くこの前衛的な映像の前に、わたくしは
「こ、これは・・・( ̄▽ ̄;)・・・」
とビミョーな感覚に陥ってしまいましたが、その後に行われたトークイベントに裕也さん本人登場で一気に空気が変わり、いいもの観たなという感覚に変わりましたね(  ̄▽ ̄)♪

パリでの作品は、「エロチックな関係」撮影時のフラストレーションを爆発させたものだとおっしゃられ、なるほどと一人関心させられました。
そしてキメ台詞
「愛を一匙ください」
カッコいいっす☆

東日本大震災の映像もかなり生々しい感じで差し挟まれていて、時と共に鈍化していく自分にはっとさせられました。

さぁもっと楽しい話が聞かせて頂けるのかと期待していたら、そこはロックンローラー・内田裕也!
「いい上映会が出来てビールで祝杯を挙げるから帰る」
と言って早々に退場!
関係者も対談相手だったモブ・ノリオ氏も唖然とするまま大歓声に包まれながら去っていく裕也さん!!

貴重な映像体験とロックな生き様を見せてくれた裕也さんに感謝です(* ̄ー ̄)♪
2016(159)
とにかく内田裕也氏が走る走る、クレープみたいなの両手に持ってるシーンが気になったし良かった
モブノリオ+内田裕也のトークショー付き
カナザワ映画祭にて
(144)
上映後の1秒も対談しないでひたすら喋ってハイ、終わり、ビール飲もう!なトークも含め、ロックンロールとは何かを確かに体現してる
走って、泳いで、チャリ漕いで、スカイダイビングしてました

@ カナザワ映画祭 2016
内田裕也+モブノリオのトーク付き
爆音
【カナザワ映画祭2016三本目】
ほとんどが内田裕也が世界各国を自力で、もしくは自転車で走り回るシーンだけで構成されている。最初はあはは〜んてな感じで観てたが、NEW ROCK FESあたりから何か裕也さんってやっぱすげえんだなと思ってきた。内田裕也とは、生き方であり自由そのもの。上映後のトークもロックンローラー全開だった(予定より1時間ほど早くトークが終わる!)
最高!『ビール飲みたい』で90分予定のトークが20分程で終わりました。ロックンロール!(って、言ってなかったけど)