くう

羊の木のくうのレビュー・感想・評価

羊の木(2018年製作の映画)
3.5
人の危うさに恐怖し、人の優しさに心からホッとする作品。

普通の人を普通に自然に演じることが出来る錦戸亮さんが今回も出過ぎない演技で安心感。

錦戸さんだけではなく、キャストがみなさん適材適所。…と言ったらネタバレするだろうが!!と思われるかもしれませんが適材適所の安心感が観る方の感情も自然に動かしてくれた。

作中、静かに恐怖感盛り上げる劇伴、終始漂う不穏な空気、不気味すぎるノロロさま。それは全て劇中の人たちと同じ先入観でもあるんだね。恐怖で人を見るか、自分で感じたものを信じるか、選別する話。

結局、全てのろろが選んでいるのだと思った。「羊の木」の意味は初めは解らず、ただ不気味だったけれども、ラストにはそういう事じゃないのだと思えた。

人の善意を信じられる人も、きっとのろろさまに選別される。これも神様のいる映画。