羊の木の作品情報・感想・評価

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

けすけ

けすけの感想・評価

3.7
試写にて。
吉田大八監督独特の雰囲気とキャストの不気味さが相まって、どんどん物語に引き込まれました。
優香さんの新境地になったのだはないかと思いました。
 松田龍平が全部持っていったかんじ。うまいね~
錦戸の公務員姿も板についてる 

優香の熱演?と熱烈キスには笑わされました。
関係者試写会で。

吉田大八監督が羽を伸ばしている演出。
役者さん達も同じく。

桐島から、さらに新しく進化した世界観。

独特の世界観とストーリー、アクの強い人間達がどんどん引き込んでいく感。

原作は未読です。
Minshit

Minshitの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

役者が全員ハマリ役。殺人者でもしょうがなく人を殺さなきゃいけなかった人、不慮の事故で殺した人、無差別に殺した人、良い人もいれば、悪い人もいる。それも全部多様性ってことで、人に決めつけはよくないよという話だと私は見解したけどあってるのかな?とりまめず、飽きずに楽しめた。そして、錦戸亮の普通ぽさと愛嬌とイケメン度のバランスが絶妙で、惚れた
チュー

チューの感想・評価

5.0
静かに始まり、所々笑わせて、のどかな田舎町の暮らしを描いて観客を安心させてからの、6人のそれぞれの人物を描くという手法‼

効果音の使い方も独特だし、引き込まれる120分!

まだまだ原作漫画はみどくなのですが、単なる実写化などではなく、明らかにもうひとつの『羊の木』を作り上げ、成功者していると思いました!
山上たつひこ、いがらしみきお原作の映画化です。
過疎の対策として6人の受け入れ役を請け負った魚深市の職員月末(錦戸)は
受け入れた6人が元殺人犯と知って・・・・・・
街の祭りの「のろろ祭り」を境に急展開
この「のろろ」がわけわからない―神?魔物?
6人元殺人犯は、この街で更生できるのか?
6人の俳優が豪華です。妙に役にマッチしています。
吉田監督の思いは、「見て楽しめる」は十分伝わりました。
公開が楽しみです。
2014年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞の山上たつひこ原作、いがらしみきお作画の同名コミックを「紙の月」の吉田大八監督が錦戸亮さんを主演で映画化した本作は、罪と贖い、性善説と性悪説を、伝承と風土が色濃く残る寂れた地方の港町を舞台にしたドラマで我々に問い掛ける。
映画で印象的な絵柄で登場するタイトルの「羊の木」は、コロンブス時代、欧州の人々が木綿は羊のなる木からとれると思っていたことから来ている。
ただ本作では、人間の在り方を羊に喩えることの多いキリスト教的なニュアンスを帯びたもののように感じられる。
キリスト教では人間は生まれながら罪深い存在なのだが、本作では実際に重罪を犯した6人が登場し、犯罪者の更生と過疎化対策という国家プロジェクトの一環で彼らを受け入れた市役所職員の主人公が振り回されていく様を、ゾクゾクするような展開で描いていく。
そして、この港町の丘に立っている邪悪性や罪の象徴のような「ののろさま」が彼らを見守っているように思える。
映画の終盤、彼らが抱える思いが飽和して溢れてしまったように、一気に怒涛の展開に突入する。
果たして人は罪を贖い、更生や再生することが出来るのか?
エンドロールの後に登場する静かな海の風景に何か悟りのようなものを覚えた。
とし

としの感想・評価

3.6
2018/1/9渋谷ユーロライブ吉田大八監督ティーチイン付き試写会にて。桐島部活やめるってよや紙の月を観た時も思ったけど独特の撮り方をするな。元殺人犯の6名が仮出所で過疎の街が全員を受け入れから始まりやがて事件が起きていく。みんな怪しくてジワジワくる恐怖感が良い。信じるか疑うかだけではなく死は終わりではなく再生かもしれない。吉田監督の意図が直接いろいろ聞けて疑問に思ったところも腑に落ちた。優香の濃厚なキスシーンが新境地。エンドロールをなぜ珍しい斜め落ちにしたのか聞いておけばよかったかな。
sachi

sachiの感想・評価

3.6
監督のティーチイン付き試写会でした。最初はクスクス笑ってる人もいましたが(私は笑えなかったけど)、最後はびっくり、スッキリ!豪華キャストでしたが、全然ミーハー感はなく、じっくり描かれていて良かったです。錦戸さん、すごく自然でした。

監督のお話もすごく面白かったです!
優香の色っぽいシーンがあり、女性の方がちょっと不快に感じたというような感想をおっしゃっていたのですが、私は人間くさくて良かったです。監督の、一目惚れの過程とかをまごまご描くのが好きじゃないとのお話に共感。やるじゃん、優香。
深谷守

深谷守の感想・評価

4.5
役者が達者というか、明らかに監督の演技指導が達者な作品。2時間ほどの作品だが、あっという間に観終わってしまう。久しぶりに役者の演技を楽しめる作品だった。
前にあるドラマの助監督を務めたことがあるが、監督の大山勝美さんは役者への演技指導の達人だった。テレビドラマという限られたスケジュールの中でも、こだわるところは徹底的にこだわり、細かく演技を指導する。その後ドラマ制作とは関わらなくなったが、相手に芝居をつけるという行為は、その後のテレビ番組制作にものすごく役に立った。芝居をつけるというのはある種の洗脳であり、自分さえも洗脳しなければならない行為。そんなことを思い出させる映画だ。

過疎の都市に移住者6人がやってくる。年齢、性別もバラバラ。共通しているのは、それぞれが殺人で収監されていたということ。刑務所のコスト削減と地方の過疎化対策として、刑期を大幅に短縮された6人は、この街で十年を過ごすことを条件に釈放される。
この設定が絶妙。原作の漫画は絵のタッチが苦手で途中で諦めたが、確かそれぞれが元犯罪者という設定で、それを元殺人者にしたところでよりキャラクターが際立っている。
それぞれの受刑者の物語が交差しながら展開していくが、大きくは性善説と性悪説の対立の物語だ。犯罪者の贖罪とは何か、罪を償うとはいかなることなのか。
ラストは原作漫画とは違っているらしい。途中でギブアップした原作だが、覚悟を決めて読んでみたいと思う。
>|