羊の木の作品情報・感想・評価

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

h

hの感想・評価

4.8
錦戸亮の "普通の人" のお芝居が素敵。
なんというか、とても心地よいペースで見れて程よくヒリヒリできた。もう一度みたいな
書庫番

書庫番の感想・評価

4.2
2018年02月09日 シネマシティにて鑑賞。

後ほどレビュー
SKD

SKDの感想・評価

3.5
人が一線を越えるのはちょっとしたきっかけであり、越える事の無かった人とわずか数ミリの、数ミクロンの差であっち側に行ってしまい、超えない人がと何の差があるのか。だから天の人は君たちは一緒だよー、と、雷を落とす。そこに気づく人はと気づかない人がいるがいるんだよねを
優香がエロかった。
お祭りのシーンがピークでその後トーンダウン。
並木

並木の感想・評価

3.8
寂しい島行ってみたいなあと思った
お祭りのシーンが好き
日本映画って感じで好みの雰囲気
吉田大八監督作。ご多分に漏れず「桐島〜」は大好きで劇場で三回観ました。こーいう映画の場合、狂言回し役が割食う事が多いですが、本作は狂言回しの錦戸くんが一番良かったです。初めの「いいところですよ。人もいい、魚も美味しいですし」が繰り返され、その反応で人となりがわかるのは上手い!って思いました。祭りも奇祭っぽく、現実にありそうなリアルな感じでしたねー。
役者さんも優香もエロく、松田龍平は出てくるだけで「こやつ曲者!」感が年々高まってますね。ラストにかけての展開がボンヤリした感じですし、あのバンドの完成形はポストロック?とか気になる所はいくつかありました。
Hidenovic

Hidenovicの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

絶望的に更生の可能性がない道徳観というか「心」の欠如、松田龍平はやはり絶妙である。散歩する侵略者やドラマ「あまちゃん」「カルテット」でも「こいつなに考えてんだろ」感を強く思ったっけ。
一線を超えてしまった6人がどう社会復帰していくのかの実験のいわば理想論のような成功事例をシュールで時にブラックな感じでコメディにしてるのかと思って観てたら、あらビックリ。後味の悪さも残る今時の映画でした。港で配達の軽4で轢くシーンの気味の悪さは夢に出て来そうです。
す

すの感想・評価

-
ところどころ展開が安っぽいのは気になったけど、時間の流れ方の表現がすごく好き
ずっと恐怖に晒されてる感じが息苦しくて、終わった瞬間の安堵が異常
いろんな解釈ができておもしろい
pun

punの感想・評価

3.2
吉田大八監督の作品、
結構楽しみにしていました。

新住民は、みんな元受刑者・殺人犯。

もっとひやひやさせてくれ
もっとドロドロしててくれ
もっと不気味であってくれ
色々な事を感じながら観てました。

個性派すぎるキャストが
個性派すぎる役を演じて ‥恐ろしかった。

じっくり観ました。

人間の真の部分、芯の部分 を
ごそっと見てしまったような。

私的には、こういうの大好きです。
面白かった!! もうちょっと、ぞくぞくしたかったな〜
わこ

わこの感想・評価

3.8
レビューだけ見てたら観たかったけどまあいいかなって思ってたけど観てよかった。流れがいろいろあっておもしろかった。優香はたしかにエロかった。錦戸くんの演技がすごく普通で優しい人がちゃんと出ててそれがいい感じになった。あとちゃんと殺人するシーンがあってドキドキできる。
>|