羊の木の作品情報・感想・評価

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

終始暗い。

犯罪者の社会復帰は今の日本のテーマではあるけどやっぱり怖いわ。
とし

としの感想・評価

3.0

「人を殺したことがあります。」

と、ひとくちに言っても色んなタイプがいる

殺してしまった人
殺すことを選んだ人
殺すとは、愛することだった人
殺す道の人
そして、殺し続けてしまう人

人の死の周りには深い悲しみがあり、人を殺めることへの周りには常人には想像し得ない感情が渦巻いている。そして、それは映画『怒り』を観てからは"怒り"の感情に収斂されてるのかもなぁとも、最近思う。

この作品には確実に「死」が焼き付いている。けど、なぜか悲しみがない。そして、なぜか強い"怒り"を感じない。

創り手の意図は、あくまで死は記号に過ぎず、人間の闇と光、再生、救済、信仰や自然や人智を超えた何かへの畏敬のようなものを描きたかったのかもしれない。

そんなテーマは好きだったし、北陸の漁村を舞台にした奇祭がサスペンスとミステリーをさらにドラマ化させるし、世界観は申し分なかった。単純にワクワクした。

なのに、残る印象は、暗さだった。
ただただ、暗い映画だったなぁという印象に留まってしまい、残念だった。
(機内で観た液晶が暗かったからかも。笑)

なんとも事象の1つ1つにリアリティを感じなく、エキストラ全般ひどく、ときどきやすい二時間ドラマ的だった。ラストのSF?ファンタジー?的な展開の使い方が唐突だったりで困惑。誰一人として魅力的な登場人物がいなかったのも珍しかった。(役者さんとしては魅力的なんだけど

そして、改めて振り返ってみると、誰も、何も、尻拭いしない投げっぱなしの無責任さにポカンとしてしまう。大抵の映画はストーリー悪くてもそんなに気にならないけど、これはけっこうだなぁと。

救いとして

松田龍平の異常ぷりを改めて尊ぶ映画
優香の色気を楽しむ映画(男性のみ?
のろろの奇妙さにニヤリとする映画。

あと吉田大八監督の作品はほとんど好きで、いつも音楽や音での引き込み方が魅力的。これもバンド演奏シーン多く、特にディストーション効いたギターが、話の緊張感を高めてるのが良かった。
つくお

つくおの感想・評価

3.7
終始おどろおどろしい。
みんな何かやらかす気がしてならない。
結局人間は人間なんだという映画。
takaoka

takaokaの感想・評価

1.5
久しぶりに観ようと思った吉田大八映画だったけど、ほぼ予想通りに展開します。
mal

malの感想・評価

3.0
見ていてすごい不安になる作品でした。

直接的な暴力とか恐怖描写がほとんどないのに心が落ち着かない。

だから、サスペンスというよりもむしろホラーという印象を持っています。

「人を信じたいけど、信じちゃっていいの?」

「人の過去は関係ない、今が大事ってよく聞くけど、本当にそうなの?」

正論というか、美徳的な考えを揺さぶってくるような。


印象的だったのは刃物が出るシーン。

この映画、ちょいちょい刃物が出てくるんですけど、リアリティーがあるというか、実際、目を背けたくなるような生々しさがあって、うわー嫌だなー嫌だなーってなり、血なまぐさくないのにゾワゾワ!


話としてはそれほど意外な展開はなく、だいたい予想の範囲内。

登場人物が多すぎて1人1人にあまり深みがなかったかなと思います。

6人の元受刑者が出ていましたが、3、4人でまとめても良かったんじゃないかなぁと。


『散歩する侵略者』を観た時も思ったんですけど、松田龍平さんってちょっと何考えてるかわからない、無機質な役がすごい似合いますね!

あと錦戸亮さんの、イケメンなんだけど溢れ出る平凡感が凄い良かったです!
みやた

みやたの感想・評価

3.3
シリアスならシリアスで
最後まで統一してほしいという願望
のろろ様はんぱないす

このレビューはネタバレを含みます

過去にしたことは、決して変えられない。自分が忘れても、誰かが言って覚えていたりもする。そんな時、救いとなるのは人で、妨げになるのも人だったりする。そして、それ以前に、変われた人と変われない人がいる。
見ていて苦しくなりました。
劇場公開を見逃したから、Amazonで見ようと思ってたのに全然レンタルできないので、TUTAYAまで行って借りてきたら、おい、どうした吉田大八。

異質な他者(元受刑者)を自分たちのコミュニティの中に受け入れられるかどうか、っていう大きなテーマがあって(なんかそういう解釈もわかりやす過ぎて嫌だけど)元受刑者6人が過疎ってる町で生活を始めるんだけど、6人は多過ぎて、コミュニティに受け入れられる人たちの話が浅い。松田龍平と北村一輝と、あと町に馴染むことができた人が1人でいいじゃん。

漁港でいきなり車に吹っ飛ばされたおじちゃんのとばっちりぶりは同情ものだけどいい飛びっぷりだった。

エンドロールは斬新。斜めに流れるの初めてみた。
過疎化対策に魚深市が選択したのは、仮釈放の受刑者を住民として受入れる極秘国家プロジェクト・・・そして、それぞれの”過去“を秘めた6人の男女がやって来ます

おかしい、何かが・・・
yaeko

yaekoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


うーん、、、
設定が面白いと思って楽しみにしてたんだけど、、、
どちらかと言うと役者さんの演技を味わう映画かも。

松田龍平の異質さよ。
ずば抜けて際立ってたよ〜目が怖いよ〜。

罪としては殺人罪だけど、それに至った背景と経緯はそれぞれ、とみるか、
背景と経緯はそれぞれだけど、なにをしたかと問われれば殺人罪、とみるか。
>|