羊の木の作品情報・感想・評価・動画配信

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「羊の木」に投稿された感想・評価

6人の殺人による服役者をとある田舎町が受け入れた事から始まるサスペンス(?)映画。サスペンスっつーよりは群像劇の要素の方が強かったように感じた
佐藤

佐藤の感想・評価

3.0
【元殺人犯たちが田舎町に偶然集まり・・・】

って説明だと、ハリウッド映画で、スーサイドスクワッドみたいなやつらがすごい銃撃戦してそうだよね笑

まあ、人が身体的危害を加えられたりもしてるけど、そういうアクションとかは一切基本的にはなくて、違うところにフォーカスした作品だと思う。
いや、フォーカスっていうと語弊があるなあ・・・
ごめんなさい、薄味で、これっていう具がない鍋みたいな感じがします(今、鍋食べてるから🥣)

それと、松田龍平の役はサイコパスだとよく言われてると思うんですけど、多分違うんじゃないかなあ。
多分、普通に発達障害とかじゃないのかなあ。
いや、というか、なんだろねこれは🤔

田中泯さんのファンだし、松田龍平も普通にめっちゃ好きだし、北村一輝もすごい好きだし、つまんなかったってことはないです。

ただ、おいしい店だったけどもう一回来ることは多分ないかなみたいな感じです😌
tay

tayの感想・評価

3.5
映画の雰囲気や役者陣の演技は良かった。
意外な展開がほぼなかったのが残念。
syoppi73

syoppi73の感想・評価

3.0
変な気持ち悪い雰囲気とかいいけど
なんかイマイチ。

なんなん終わり方、、、それが不満。
ゆきこ

ゆきこの感想・評価

3.0
割りと想像のつくラスト。
裏切らない配役。
期待どおりの松田龍平のサイコパス感。
優香の生々しさは期待以上。
そして安定のいい人な錦戸くん。
感情的になると声が裏返るの、他でも見たことあるけどそれがまた好きで、もう見れないのかと思うと悲しい。

のろろ様は、どんとこい超常現象の映画かなと思った(笑)
キャスティングがめっちゃいい、全員。

原作とは設定等色々違うらしい
はる

はるの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

猿のみ それを貪る


大事なのは 居場所があるってことだよな


人が... 肌で感じることは たいがい正しいです


ごめん 今でも人殺し

昨日もおとといも

たぶんこれからも

のろろ様に決めてもらおう
2022年、春。山口県の田舎町で、
給付金4630万円を役場の職員が誤って、
1人の町内の一般人にまとめて送金。

誤送金されたのは、まだ若い男性で、
町からの返還要請に

「お金はすでに動かし、もう戻せない
 罪は償う」
と主張し返還を拒否。

そほ一般男性は町がPRしている
“空き家バンク”制度を利用して、
1年半ほど前に移住してきた。

というニュースを見て本作が頭をよぎった。

移住者に活路を見出さないと、
やってけない自治体は山のようにあり、
移住者募集もあの手この手、、、、

いやはやクソ田舎に来ていただけるだけで、
ありがたい話なんだけどと、、、
考えさせられる作品。

松田龍平の軽トラシーンにビクってなる。

北村一輝のヤサグレ感はやはり絵になる。

バンドを通して田舎のもつ独特の閉塞感も、
滲み出ていたし、そこに紛れ込んできた、
異物中の異物の元受刑者達とのコントラストが
印象深い。

原作漫画読んでみたい。
えりー

えりーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

過疎化対策として新たにやって来た移住者は全員元殺人犯!?癖のある移住者たちがあちこちで波乱を起こしたり、差別に向き合ったり多種多様な生き様が面白い。またお祭りや伝記を活かすことでオチまで納得の行く展開が非常に良かったです。
吉田大八監督の世界観
みんななんか変
松田龍平の得意技、優香の衝撃
>|

あなたにおすすめの記事