羊の木の作品情報・感想・評価

羊の木2018年製作の映画)

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.4

あらすじ

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日…

さびれた港町・魚深(うおぶか)に移住してきた互いに見知らぬ6人の男女。市役所職員の月末(つきすえ)は、彼らの受け入れを命じられた。一見普通にみえる彼らは、何かがおかしい。やがて月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」。 それは、受刑者を仮釈放させ過疎化が進む町で受け入れる、国家の極秘プロジェクトだった。ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文をも巻き込み、小さな町の日常の歯車は、少しずつ狂い始める・・・。

「羊の木」に投稿された感想・評価

なーんといっても、ノロロ様!!!
かわいい、キーホルダー欲しい。
BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

3.5
各キャラが良く立っていた。
特に、主人公を演じる錦戸亮の頼りない公務員感が素晴らしい。華のあるイメージだったが、ここまでイメージと真逆なキャラクターを好演しているのは素直に凄いと思った。優香の危ないエロさもかなり良かった。

のろろ祭りの実際にありそうな雰囲気も好きだった。

不穏な空気が全編に漂っており、キャラクターも興味深いので惹き込まれた。
田舎に流れる独特の埃臭い空気がよく表現されている。
「のろろ」という奇祭の描写、
成人した大人が当たり前に「のろろ様」を恐れ奉る姿、
市役所勤務の主人公に親族が「市役所勤務なのに彼女もいないなんて」とかける言葉、
実年齢より老けて見える同級生の「田舎は1年で2歳年をとる」という言葉。

主人公の錦戸亮と松田龍平のボーイ・ミーツ・ボーイ物語と言っても過言じゃないと思う。※過言です
テーマ、主題はわかりづらい。殺人犯の受け入れに巻き込まれる役所員、という構図。
北村一輝の不穏さはすごい。嫌な空気を出していた。
松田龍平、やっぱりサイコパス感すごい。
犯罪者の社会復帰は簡単にはいかない。正解はないような気がするな。
まほ

まほの感想・評価

3.5
結局悪いことをしたら自分にも返ってくるんだなと学びました。

見終わったあとはなんか疲れたというかしばらくどんよりした気持ちでした。
優香が最初からエロい感じで、口紅の色とか、あんまり見ない位の赤で目に付いた。
錦戸君は、正直イマイチで残念。
jocx

jocxの感想・評価

3.8
評価はあまり高くなかったけど、それなりに楽しめた。プロモーションがうまかったと思う。テーマは人を信じることだと思う。それぞれ事情を抱えた殺人犯。救われるのは、たった1人でも自分を信じてくれること、そしてその土地に根付いていくきっかけになる。もう少し一人一人の過去と現在の心の動きや立ち直りなどが丁寧に描かれていればもう少し評価は上がったかも。少し唐突な所が鑑賞者を置き去りにした感があった。田中泯さんの哀愁がなんとも言えなかった。
それぞれの演者がいいだけに、もうちょっといけたのでは…!と思ってしまう
なかなか一堂に会さない受刑者たちがついにクロスオーバーする後半の見せ場はワクワク感あった
macha

machaの感想・評価

3.5
内容はそんなに変わった感じでもなかったけど、松田龍平が、この役をこれ以上うまくできる人いるのかなってくらい素晴らしかった!!やっぱり好きだなぁ、松田龍平…。
非常に面白くなかった。
人間ドラマとして人物の成長があるわけでもなく、ミステリーとして何か謎があるわけでもなく、どう見たら良かったのか…ちょっと分からなかった。
確かに、魚深の街が徐々に崩れていって、犯罪が起きてしまうのでは…?という緊迫感はあったけど、「それで?」ってなる。
でも、役者はみんな良かった気がする。
>|