ひよし

ゲット・アウトのひよしのレビュー・感想・評価

ゲット・アウト(2017年製作の映画)
3.6
絶賛するほどではない、という感じ。不気味な雰囲気で物語が進んでいくのはいいんだけど、最後まで見ても「それで、何だったの?」となってしまう。
監督・脚本が意図したよりも尺を削られてるんじゃないかなあ?130分ぐらいあっていいと思う。

人種差別を描いた映画なのかというところも微妙で、序盤はたしかに「黒人の彼氏を家に連れていく」というところがクローズアップされるんだけど後半は話がぶっ飛びすぎて関係なくなってしまう。これは現代の黒人と白人の気持ちを反映したものになっているんだろうか。
細かいところだけどやたら独り言で説明するセリフが多いのも気になった。映像の力を信じてほしい。

よい点としてはとにかく息がつまる緊張感が味わえる。最後に肩透かしをくらうというだけで中盤のジリジリする感じは絶品だと思う。

追伸
中盤以降の展開が「シャイニング」すぎる