ブレイズ(原題)の作品情報・感想・評価

「ブレイズ(原題)」に投稿された感想・評価

ちかミ

ちかミの感想・評価

4.0
テキサスのシンガーソングライター、ブレイズ・フォーリーの伝記。監督はイーサン・ホーク。

ブレイズ役はミュージシャンのベン・ディッキー。映画のキャリアは皆無だそうですが、文句なしの素晴らしい演技。

ストーリーは、ラストステージに演奏された代表曲を時系列に並べ、ライフストーリーを辿る構成。また、ミュージシャン仲間だったタウン・ヴァン・ザント(チャーリー・セクストンが最高に良い)が彼の音楽的側面をフォローしています。

ブレイズの曲はアメリカ音楽のルーツでもあるフォーク&カントリーとブルース。自らの生い立ち、最愛の妻だったシビルへの愛情、孤独と救済の歌。公式HPにディスコグラフィや映像があるので、改めて聴いてみたいと思いました。

アメリカ人のメンタリティの一端に触れられる作品で、ここしばらくに観た伝記映画の中で一番好き。
Kazushi

Kazushiの感想・評価

2.0
心地よい音楽。
波乱万丈のストーリーなのに
描き方が緩すぎて寝てしまった。

よく分からなかった。