蝉丸

南瓜とマヨネーズの蝉丸のレビュー・感想・評価

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)
3.8
富永監督の作品初めて観たと思ったけど、実は「乱暴と待機」を既に観ていた。やくしまるえつこの起用に納得。


ヒモと聞くと生ぬるい生活を送っているように感じるけど、ヒモはヒモで、いやヒモだからこそ結構しがらみに囚われたりするのか、と。なんかだらしなさ、それもダサい方のだらしなさを伴って生きているのになぜかそれが成り立っちゃう人も世の中にはいるんだろうねと思った。
臼田あさ美を見てて気づいたけど、女性の肌、特に脛は光を反射するんですね。その光に包まれたまま逝去しちゃおうかな

あとタイトルの意味は原作を読んだ人もあまり分かっていないようなので個人の解釈に任されている。