南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価・動画配信

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

Hina

Hinaの感想・評価

-
やっぱり私は大賀自身が、大賀の演技がとても好きだ。ツチダとせいちゃんの出会い方はとても素敵で、あんな出会い方をしてみたいものだと思った。ツチダが自分の身を削ってでもせいちゃんを養いたいと思ったのは、それだけ音楽をしているせいちゃんに惚れていたのだろうなと感じた。また、その愛が年月を経て情に変わっていったのも事実で、すごくリアルで見ていて苦しかった。
一方でハギオは見ていてほんとにイライラした。そのくらいオダギリジョーの演技が上手ってことだけど、ハギオの話すセリフや表情に怒りの感情が込み上げたし見ていてキツかった。
きっとツチダはミュージシャンのヒモ男を飼う自分に酔ってたんだろうな〜結局自分の事しか考えていなかった。せいいちが依存しているようで本当はツチダの方が依存していたんだと思う。

愛人として稼いだお金が見つかったら後先考えずゴミ袋に捨てたり、直ぐにバレそうな棚に隠したりする所にツチダのだらしなさや隙を感じた。

いつまでもハギオの事が好きだと思うなよ!と言いたい所だけど、「ずっと好きだったんだよ。」と答える所がリアルで苦しくなった。

自分は沢山の好きをあげてるはずなのに上手くかわされて、そこには虚無しかないけれど、かりそめでもいいから心は満たされたかった。

小さな幸せが詰まっていたはずのアパートの一室も、何かの歯車が一つでも狂ってしまえばそれはたちまち崩れ落ちてしまうんだなと思った。
真

真の感想・評価

3.4
あーあ自分何してんだろって、自分にもあいつもにもあの人にもあのクソみたいなやつにも分かんなくて、分かんないままどうしようもなく生きてんだな。泣きながら生きていくの良いと思う。実は泣いてるのに強がってみても。どうしようもない瞬間もある。みんなちょっとずつどうしようもないし、ちょっとの幅は人によってだいぶ違うから。
世界観が好き。大賀って、言い表すこができないけど何の作品に出ても良さを出す
太賀やっぱ好きだ、、。
流しながら観るのに丁度いい映画だった。
けどこういう感じの映画もとても好き、鑑賞側に全てを委ねるじゃないけど、なんか数少ない中で何かを伝えてくる感じ、めちゃくちゃ人間味を感じた。
配役が完璧すぎる
大好きな光石研がまさかのキモおじさん
父親の性癖を覗いた気分

家でせいいちとハギオが
鉢合わせるシーンで笑ってるツチダ
最悪 何がおもろいねん
恋をしてる自分が好きなだけの
アイツにソックリ
二度と電話してくんなアホンダラ
バンドマンの彼女全員が
ソラニンの芽衣子ではないのだ
それがまたリアルでよし
人間臭

せいいちの誠実さが少し報われる
ラストでよかった

変に音楽に頼らないのがいい
エンディングめちゃくちゃいい
流石やくしまるえつこ

あと、川島小鳥のスチールがいい
写真もっと撮りたくなる

好きなクリエーターが
いっぱい関わっててアガる
miku

mikuの感想・評価

3.7
皆さん、オダギってますか?

私、この映画の内容あんまり覚えてないんです〜 ごめんなさいね。でもね、これだけは覚えてます。

オダギリジョー、ドクズじゃねえか。
こんなの、好きで好きでたまらない。

どちらと一緒にいても絶対幸せになれないよ。
でもツチダの世界には、ハギオとせいいちしかいない。

正常な判断ができない状態で出会う男なんてろくなもんじゃないよ。

まあ、好きになっちゃうんですケドね!!!!!
chansan

chansanの感想・評価

3.5
大賀の演技がやっぱり好き〜


昼下がりの時間帯に観たい映画🎞
前半はなんだか胸糞悪く感じた。自分の身体を売ってまでせいいちに歌って欲しいと願い尽くすツチダにそう感じたのかも。後半は何だか引き込まれた。太賀のキスの仕方と歌声に惚れそうになったよ。
やすだ

やすだの感想・評価

3.8
私何やってんだろうと言いながらやめられない感じが人間臭くてとてもよかったな
>|

あなたにおすすめの記事