南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

Gucci

Gucciの感想・評価

4.0
やっと完成したばかりの曲を歌ってるときのせいちゃんの笑顔。たまらなかった。ツチダと一緒に泣いてしまった、
かな

かなの感想・評価

3.4
臼田あさ美かわいいだいすき!
オダギリジョーのだめ男が最高に最高。なんであんなに色気あるの。ダメだとわかってるのに、あんな風になっちゃう気持ちめっちゃわかる。ギュッとなった。
太賀の歌声きゅんときた。涙出た。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.6
なんとも言えない気持ち
胸がギュッとなる、
静かに泣ける感じ

太賀くん好き〜〜
咲里奈

咲里奈の感想・評価

3.8
エモいし、エモくて死にそう。
語彙力奪われる。
まず季節感と、2人の今にも匂い立ってくるようなあの部屋が、良すぎて苦しい。
何も考えたくなくなる。

これは誰かの話でもあるし私の話でもありますか?
ってくらいツチダの気持ち分かるな〜

太賀の歌声、優しくて好き。なんでそんなに優しいかなってムカついてくるぐらい尊い。

エンドロールが静かで、、無音なんじゃなくて、静か、なのが心地よかった。

間違いなく1人で夜に観たいな〜
mgm

mgmの感想・評価

3.7
久しぶりにひとりでゆっくり見る時間ができたので鑑賞。ひとりでみてよかった
もしこれをしんちゃんとみてたらずっとぎゅーっとしんちゃんの手握っちゃいそうだ!映像のふたりと ひとりのようになりたくないから
離れたくないけどじぶんと重ね合わせてしまう お互いがお互いしかいないって 幸せだけど不安だな 誰でもある好きだけど不安定な形だった またみたくなる時はあんまり来て欲しくないなあ
重ね合わせちゃうのはしんちゃんのヒゲが生えてきたからだな
あとオダギリジョーがエロいな
アサコ

アサコの感想・評価

3.7
昔原作を持ってたはずなのに何だか全然覚えてない...(笑)
まあ観てて面白くはないですよね。
登場人物みんなグズグズしてるというか。
でもどこかで分かるなあって寄り添いたくなる。

太賀はこういう地味な役というか地味な演技が上手だなあと思います。
ささやかな表情の変化がとても良い。
オダギリジョーのクズっぷりはピカイチです(笑)
臼田あさ美ちゃんはイメージぴったりでした!

ラストは何だかほっこり切なくて。
見所とか特に無いなって思うし退屈な作品だとは思うんですけどああ観てよかったなあって思いました。

このレビューはネタバレを含みます

一緒にいるのが当たり前になっても、ずっと好きでいてくれる?
求めてるもの、求められること、
だめにみえてもやめられないこと、
繊細でやさしい邦画の良さを久しぶりに感じた…

だめになるとわかってても、捨てられなくて自分のやり方で大事にして、でも最後にはいなくなってしまったこと、
また会えたときの気持ち、
そんなこと知ってる人はみんな泣いてしまうよねぇ
うーん、見ててモヤモヤする(笑)
せいちゃんは歯切れ悪いし文句ばっかだし
ツチダは重いしフラフラするし
ハギオはクズだし(笑)

まぁこれこそ社会の縮図なのかもしれないけども。
hf

hfの感想・評価

3.8
最初聞いたときは、なんで今頃映画化?て思ったんだけど、観るとやっぱりよかった。原作の空気感はわりとそのままでした。臼田あさ美、ほんとかわいいなー。
れじみ

れじみの感想・評価

3.7
誰かの特別であり続けることは難しい。心の距離は日々絶え間なく変化していく。冒頭で私は普通ですと話すツチダの恋愛観は一般的な普通の枠からは明らかに逸脱しているのだが、こんなのおかしい!と距離を置けない絶妙な親近感もある。臼田あさ美がとにかく素晴らしい。傑作。

衝撃的な展開は起きないが日常に潜む負の変化ががっつり描かれてるので思っていたよりダウナー系の作品だった。ただ、ふと愛おしい瞬間もいくつもあって、ほっこりもする。
>|