南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

かな

かなの感想・評価

-
生活音がたまらなく気持ちいい。エンドロールをイヤホンで聞きたい。
映画自体はあんまりハマらなかった。
けど俳優さんがみんな良かった。
miyuki

miyukiの感想・評価

4.0
ハッピーエンドではないけれど、バッドエンドにもみえなかった。
この映画から得られる教訓なんて全然なくて、終わった後に感じたのは、ダメ男に気をつけようなみたいな単純なものではなかった。
ツチダにとってどんな人生がいちばん幸せなのか全然わからなくて、それは私たちも同じだし、、と間接的にいろんなメッセージを伝えてくるものすごいパワーを秘めた映画。
臼田あさ美がますます好きになった。声と表情による表現が秀逸。
co

coの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

原作好きすぎな人でしたが、納得のキャスト。原作同様ハギオの顔の映らなさはオダギリジョーの贅沢使い。最高。
ずっと一緒にいても好きでいてくれる?普通の幸せに慣れていく私、私たちの葛藤、、いつだって迷子だよね。
Kaori

Kaoriの感想・評価

4.5
バギオとせいちゃんのかっこよさ。
途中はハギオにやられてた。
あんなイケメンにゆられてるあさみは疲れてたな〜それでいいんだよ、それで。
まさ

まさの感想・評価

3.5
原作未読で鑑賞。まっすぐだけど、互いに不器用な二人。あまりな真っ直ぐさ故に、時にどうしょうもなくなる。そんなどうしょうもなさを臼田あさ美と太賀が好演してた。脇を固めたオダギリジョーの薄っぺらさと光石研のぬるぬるした気持ち悪さも素晴らしい。退廃的だけど、後味はスッキリしてた。好きな雰囲気の映画だった。
とにかく臼田あさ美がかわいかった。

変にぐだぐだ男女のすれ違いを描いているわけではなく、思っていたより終わった後ももどかしさはなく丁度良い雰囲気のまま終わってくれた。

決してすっきりする映画ではなく、自分好みの良い映画だった。
ユウカ

ユウカの感想・評価

3.6
苦しくて切なくて。
幸せって難しいよなあ。

やっぱり太賀くんの声本当に良い。
ぎゅんってなった。好きだった。
あれはツチダ泣いちゃうのわかる。
にゃあ。
りんこ

りんこの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

太賀くん、オダギリさん、キャストとても良かったけど、臼田あさみちゃん演じるツチダが最高だった。

ハギオの色気、あぁお前は罪な男だよ。
私、何やってるんだろう
って思うことあるよね。

こういう話が本当にその辺にありそうで、漫画原作とはいえとてもリアリティがあった。
彼氏養ってるとか、おじさんにお金貰うとか、元彼とどうこうなっちゃうとか、してる事は結構ダークなのに描き方がナチュラルだと感じた。

ラストのせいちゃんの優しすぎる歌声とツチダの涙にはこちらの涙腺も緩々に。

とっても良かった。
冨永監督作品で一番好きかもしれないな。
ま

まの感想・評価

-
学校前に鑑賞、深かったなあ
よし、4限行こう
おゆき

おゆきの感想・評価

4.5
登場人物たちが原作から出てきてた
せいちゃんとツチダの出会った頃の回想シーンすごくいい。無音だから映像に見入っちゃう
すごく可愛いはずの臼田あさ美ちゃんがツチダそのものになってて凄かった。音楽があんまりなくて、生活の音が入ってるの良かったな。その分最後のせいちゃんの歌がずっしりきた。そりゃツチダ泣くよね!
>|