南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

天佑

天佑の感想・評価

4.0
大賀やっぱいいなぁ。

オダジョー本当に色気クズ男ハマる(笑)
mana

manaの感想・評価

3.5
気持ちが全然わかんない。誰にも共感できない。だけどね、俺のこと好きだったでしょ?とか言っちゃう元カレも、わたしがお金稼ぐから音楽してよって言っちゃう主人公も、分かってるような口してなにもできない彼氏も、探さなくてもどこにでもいるような人間たちで、切ない。最後の大賀の歌声、大好きだな。そして、そこで泣いちゃうツチダ、脆くて弱くて可愛いよ。映画は1時間半がやっぱり良いね〜
本当に現代の同棲カップルを描いてる映画だった。
オダギリジョーのクズ男演技が見事でした(笑)
erimugi

erimugiの感想・評価

3.9
同棲はしたことないけど、個人的な思い出と重なる部分もあり、胸がちくちくした。ライブハウスで昔好きだった人と会って、うわぁってなる感じとか懐かしい。
fabbienne

fabbienneの感想・評価

3.6
実際自分には 無理だし
友達にこんな女の子いたら
説教してるか もう呆れてしまうけど

好きだからこその 切なさとか
そういう気持ちを思い出して
泣けた。

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに観終わった後小一時間放心状態になるレベル。容赦ないストーリー展開に心底やめてくれって思った。

それぞれの描写と演技が細やかでリアルで(堪え難い色気のオダギリジョーに簡単に堕ちてく臼田あさ美。フラれた方が楽だと言いながら本当にフラれると絶望する臼田あさ美)、特に終盤の主演の3人は映画史に残す。めまいと吐き気と涙を催した。

観るタイミングは間違いなく今では無かったが生涯ベスト級。すごいよ。(まじ彼氏と一緒に観なくてよかった)
基本、ダメな人間しか出てこないが、オダギリジョーのクズっぷりが突き抜けていてカッコいい。
太賀も良い味出している。
ただ、いい歳した大人が観るには、ちょっときつい。
ゆい

ゆいの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

やっと見た!!!私は昔っから臼田あさみの容姿がだいだい大好きだ!!!!

このような恋愛についてはよくわからないが、最後の楽屋のシーンは切なくて悲しくて優しくて泣けた。歌いだす前、ギターを触ったあたりから臼田あさみが泣き出すから泣けた。とても優しい空間だった。
優しいはなし、前向きなはなしだった。
せいちゃん優しすぎる。
オダギリジョーはクズっぷりハマってる。
ヒロイン細すぎ!

内容は、よく分からなかった。
普通に恋愛して、障害があって、
乗り越えれるか否か!
って感じで。
何を言いたいのか私に汲み取る力がなかった。

このレビューはネタバレを含みます

うわー魚喃キリコだー。
同じように薄ーい欲望に流される女の話でも『ピースオブケイクス』よりは深みがあって好き。
臼田あさ美はこういう役が多い気がする。
大賀がこんなにいい役者さんだとは知らなかったよ〜(福田雄一監督作品でしか知らない)
>|