南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

shi0ri

shi0riの感想・評価

3.0
ツチダは快楽に愛を求めてなくて
相手のためにどれだけ失ったか
そんな自分が大切で愛おしいんだな
だから貞操観念低め。
せいいちのためおっさんに抱かれたり
存分に貢がせてくれて、
自分を捨ててくれるだろうハギオに
のめり込んだり…
共感できないけど、
似てる人は案外きっと近くにいる
大学の時に読んだ原作
映画化ということで、視聴。

原作とは違ったラスト、ほんのり切なくてほんのり優しいニュアンスに変わっていたように思う。

改めてみると登場人物クズしかいなくてウケた
ななな

なななの感想・評価

4.0
こんな結末になるってわかってるのにじぶんはちがうってどこかで思ってるし、苦しいんだあ、ぜーんぶ自分のせい
しお

しおの感想・評価

3.5
生活、人、感情、とかそういうやつ。目に見えないものの総集編。
何が素敵って音がないのが素敵。聞こえてくるのは生活の音です。
ツチダの気持ちがよくわかってしまう自分のことが嫌になりました。
先日別れた彼はいつまでたっても別れを切り出さなかったから私もそれに甘えてたけど、振ってくれたらなあとずっと思っていました。
せいちゃんの声が全てを洗いました。優しくて涙。
kaname

kanameの感想・評価

2.5
現恋人と元恋人との間で揺れる1人の女性の繊細な心情を描いた物語。

好き勝手に生きてるようで、どこか行き詰まっている者達のドラマが、妙にリアルで痛々しい…w

劇的な変化も正しい答えもないまま“普通”に終わっていくあたりも実に味わい深かったなぁと…
しう

しうの感想・評価

3.5
どいつもこいつもしょうもない、でもそこがむしろ救いだった。
ひとを愛することの幸せと切なさともどかしさに苦しくなった。
uyu

uyuの感想・評価

4.1
同じ経験をしたことがあるわけではないけど、うわこれあるなあわかるって感情を引き出された
あそびあいって漫画を思い出した
p

pの感想・評価

3.7
大賀が歌う歌が切なくて、
このシーンが綺麗すぎた。

大賀に対する気持ちも、
オダギリジョーに対する気持ちも、
どっちもわかるような気がして
なんとも言えないけど、
結末もやっぱりそうだよな…ってなった。
きのこ

きのこの感想・評価

3.5
なんか切なくて苦しいわ
「出ていくわ」とかめちゃくちゃ辛い言葉で、凄い胸苦しい。
せいちゃん優しい歌声、優しい表情、愛しくて泣くわな
ハギオ、オダギリジョーピッタリ。臼田ちゃんもいい
ライブハウスの音チェックの音がいい具合にこもってて懐かしかった
「わたしはわたしが分からない」て言葉が分かりすぎて痛かった。
人は器用で不器用で、いつも本音はハッキリしているのに、それとは違う動きをいくつも心に飼っている。棲み分けているとも言えない。何が何だかじぶんでもわからない。おもいでに賞味期限はない。南瓜とマヨネーズを比べることはできない。
こんなことを言うのは何ですが、臼田あさ美の体がよすぎる……。
>|