南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

面白くないわけじゃないけど、
好きじゃない。
好きじゃないけど、嫌いでもない。

こんな中途半端がいっぱい詰まった映画です。

ぼんやりしてる映画だから、
曇りの休日に、
1人でぼーっとしながら観るのがおススメです。
太賀がとにかくイイ
良かった
オダギリジョーはなぜあんなクズなのにあんなに格好良いのか。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.2
愛情とセックスレス

覚えておくべきは胡瓜から南瓜になっちゃうってこと、胡瓜で居続けたい
まず、太賀のリアルなヒモ感。というか、そのままの太賀なのか?というくらいのマッチ感。
次に、オダギリジョーの色気。これはたまんない。。臼田あさ美とのシーンが、いい意味で、もう全てが生々しくってエロい。。最高。。
そして何より、臼田あさ美。も〜臼田あさ美。東京にはこんな風に生活している女の子がいるんだろうなぁっていうリアル感。
彼氏の夢を応援するためにどんな仕事であっても、生きていくために働いている姿とか、仕事終わりの私服の感じとか、、なんかもう全てがグッときた。
何と言っても、最後のシーンで臼田あさ美がボロボロ泣くところ。完全にやられました。臼田あさ美の涙、すごい。。

ずっと観たいと思ってはいたけれど、特に誰が目当てで、とかではなかったから、とても満足感が高い。観れてよかった〜好きな映画になりました!
Asuka

Asukaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

境遇とか全然被ってないのに、
なんか自分を見てるような気持ちになった。
27歳の私は誰と過ごしてるかなぁ

せいちゃんと別れて、思い出がフラッシュバックするシーンが
明るくてしつこくなくて、自然に風化して日常に還っていく感じ…切なかった

あのアパートいいな〜
あとgarageの楽屋ポスターに釘付けだった。笑
nako

nakoの感想・評価

3.5
そうなんだよね、どうにもならないことがあって、でもそれがどうしてなのか、分からないんだよね。苦しい。
どんなに愛していても幸せだったとしても、一緒にいすぎちゃうと、日々の生活が違和感になっちゃうんだよね。過去の恋愛はどうしても美化されちゃうし、幸せになれないと1番知っているのに惹かれちゃうんだよね。
ツチダとせいちゃんの生活には、続きがあるんじゃないのかな。分からなくなって、悩んで、気付いて、違和感が自然に変わるんだろうな。
かくのわすれてた
最高にすきなかんじ
新宿武蔵野館でひとりでみた
俺たちどうしてこうなっちゃったんだろうな

せいちゃんのあの笑顔はたまらなかった。最後のシーンはもう胸がはちきれそうやった。
夢追いと現実を男と女と生活で揺れる漫画原作に近いドライな距離感。邦画にしやすい題材をうまく実写化できていた。
太賀の歌はほっこりさせられる唯一の救いだったなぁ。
南瓜とマヨネーズの相性は考えさせられるな。
千紘

千紘の感想・評価

3.8
臼田あさ美が好きでずっと見たいと思ってた映画。

南瓜とマヨネーズ
という題名でどんな映画なのか気になっていた。

非日常ではなく、現実にありうる内容。
ツチダの感情の表現が分かりづらい感じではあったし、バギオのさばっとしてる感じに辛さも感じた。

結局はみんなひとりってことなんだろう、きっと。

感動したとかそうゆうんじゃなくて、
嫌いになれない映画なのかもしれない。
>|