hirogon

トレイン・ミッションのhirogonのレビュー・感想・評価

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)
3.5
リーアム・ニーソンが活躍する列車サスペンスアクション。

マイケル・マコーリー(リーアム・ニーソン)は、通勤列車で見知らぬ女性ジョアンナ(ベラ・ファーミガ)から、あるミッションを依頼されます。

報酬は、着手金$25000、成功報酬$75000、計10万ドル。
限られた情報から、人を探して荷物を確保すべしという内容。
中盤までは、終始ハラハラしながら先の見えない展開を楽しんだのですが…。
全貌が分かってくると話に無理があって、突っ込みどころが目についてしまいます。脚本にかなり無理がありストーリーが破綻気味。

列車内には、マコーリーの見張り役がいて、マコーリーの状況を随時ジョアンナに連絡しているのですが、そんな回りくどい方法取る必要ある?見張り役が直接ミッションこなす方がよっぽど確実!

その他にも、少し現実離れしすぎた設定や展開が目立ってしまい、見終わった段階では、ちょっと気持ちが映画から離れてしまったかな。