hirogonさんの映画レビュー・感想・評価

hirogon

hirogon

洋画・邦画、ジャンルもこだわりなく見たいと思えば何でも見ます。
映画館で見るのが好きですが、DVDやネットも活用します。
比率としてはエンターテイメント系が多いですが、感動系の映画も好きです。

P.S.)2017/11/1追記
2017/2からFilmarks始めました。新たに見たものだけレビューしています。
点数は、その時の気分でややブレています。目安程度で。想いはレビューに詰まっています。

オリエント急行殺人事件(1974年製作の映画)

4.0

ケネス・ブラナー版(2017年)を見た後にシドニー・ルメット版(1974年作品)の比較鑑賞。
リメイク作品とオリジナル作品を比較鑑賞するのは面白かった!

やはり雰囲気は、かなり違いますね。
豪華俳優
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.9

原作未読。旧作未見。ということで、ほぼ白紙状態で鑑賞。
豪華俳優の競演とポアロ探偵の謎解き、楽しめました!
豪華俳優と豪華衣装と列車の豪華内装に、ポアロ探偵の謎解きが加わった極上のミステリー。
原作の
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

炭鉱労働者の家族のダンス好きの少年ビリーが、バレエダンサーになるまでを描いた作品。

不況の中、炭鉱労働者達は、労働組合の主導のもと会社に対してストを行っています。
ビリーの父親ジャッキーは、そんな炭
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

4.1

”自分のことは自分で決める選択の自由”をテーマにしたヒューマンドラマ。

マイケル・ケイン、トビー・マグワイア、シャーリーズ・セロンのメインキャストの演技がいい!
孤児院の子供達の演技もとても自然で、
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.3

「長かった!」というのが、素直な感想。
期待していた内容とは、ちょっとズレていました。

まず構成として、猫が中心というより、インタビューが中心になっていて、インタビューの背景映像として猫のシーンが挿
>>続きを読む

リュミエール!(2016年製作の映画)

4.0

リュミエール兄弟は、”映画の父”とのこと。
1895年に”シネマトグラフ”が発明されて120年あまり。
FILMAGAの【雑談】でリュミエール兄弟を取り上げた以下の過去記事がありますので、これ読むだけ
>>続きを読む

ネバーランド(2004年製作の映画)

3.9

ジェームス・バリによる名著「ピーター・パン」が書かれるまでの背景を描いた実話を基にしたお話。ただ、どの辺まで事実に基づいているのかは?

ジョニー・デップとケイト・ウィンスレットがいい!
ジョニー・デ
>>続きを読む

ショコラ(2000年製作の映画)

3.9

おとぎ話風のファンタジーですが、ストーリーとしてはヒューマンドラマが主体です。

フランスの田舎の村に、母ヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と娘アヌークの親子がやって来てショコラショップを開きます。
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

吹替版で鑑賞。素晴らしい作品でした。
冒頭から映像のクォリティと美しさに引き込まれます!
その世界観とストーリーも、導入のつかみは完璧です。

ストーリーもオリジナルのようで、この日本的ストーリーと美
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

”gifted”、天から与えられた特別な才能。
本作は、フランク(クリス・エヴァンス)の優しさとメアリー(マッケンナ・グレイス)の可愛さにやられます!そして、二人で飼っている片目の猫フレッドにも。
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

予告編で、フラッシュ@バリー・アレン(エズラ・ミラー)の「あなたの能力は?」という質問に、バットマン@ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)が「お金持ち」と応えるシーンがありますが、初めて見た時は笑え>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

アメリカの田舎を舞台にした、緩めのクライムコメディ。

「カントリー・ロード」が映画内で使われていて、ちょっと感動するシーンもあるのですが、この歌が映画の雰囲気を表しているように思います。

職場の炭
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

3.9

小学4年生のイ・ソンが経験する”子ども達の世界のイジメと友人関係”を描いた映画。と聞くと重そうですが実際重い!

ドッジボールのシーンが象徴的に何度も出てきます。私も小学生の頃はよくやりましたが、今の
>>続きを読む

オーケストラ!(2009年製作の映画)

3.9

ラストの「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲」の演奏シーンが圧巻!
この演奏シーンを感動的にみせるために、それまでの前振りがあったといってもいいようなコメディ映画です。というわけで、ラストにもってい
>>続きを読む

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.8

「アンコール!!」より、原題の「Song for Marion」の方が絶対にいい。邦題はセンスが感じられません。

本作は、アーサー(テレンス・スタンプ)とマリオン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)の演技
>>続きを読む

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

4.0

本作品は、アル・ゴア元米副大統領が取り組んでいる気候問題の最新情報を伝えるドキュメンタリー映画です。
本作のようなドキュメンタリーは、情報の鮮度が命なので、見るなら公開している今のタイミングだろうと思
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ツッコミどころ満載の映画です!
ただ、SNSなどのネットワーク社会への警鐘となっているので、”見る価値なし”とまでは言いません。

技術的には、リアル過ぎて怖い感じすらします。
法的・倫理的には、かな
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

原作漫画未読。”恋愛漫画の金字塔”という評価を聞いて見に行きました。
ドキドキ、ワクワク、キュンキュン、といったような言葉とはかけ離れた恋愛映画でした。
若い男女のモヤモヤとした関係性や恋愛感情をすく
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.7

「ユリゴコロ」に続く沼田まほかる作品。それだけ人気あるんですね。
個人的には、ユリゴコロでややトラウマ気味の衝撃を受けたのですが、もう少し追ってみたい気持ちがあり、性懲りもなく”沼田まほかる作品に再挑
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.5

邦訳すると”眠り姫の限界”って感じでしょうか?
二宮健監督が描く現実と妄想が混じり合ったような映像は、過去に経験したことがないような映像です。
どこまでが現実で、どこからが妄想なのか?判断が難しく、ア
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.9

”もう1つのダンケルク”という表現が、映画紹介ページにありました。
クリトファー・ノーラン監督の「ダンケルク」が公開された直後なので、ある意味タイムリーです。

本作品は、第二次大戦当時、イギリスのプ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

ホラー版スタンド・バイ・ミー?
少年・少女の成長物語という面では、確かにそういう感じはあります。

"IT”。それは、少年期に抱く、漠然とした不安や恐怖の象徴であり、少年たちそれぞれに各自の不安・恐怖
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

4.1

良い映画でした。
多くの人に見て欲しい作品です。

”ラストレシピ”
”大日本帝国食菜全席”
”全ては、偽りだった”
”料理は、人を幸せにするもの”
そして、佐々木充(二宮和也)自身の生い立ち

最後
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

オープニングのブヨブヨの裸のおばさんが踊るシーン、「何だ、これ?」
スーザンが経営するアートギャラリーのビデオ画像のようです。冒頭にあんな映像を持ってくるのには、トム・フォード監督の何らかの狙いがある
>>続きを読む

BRAVE STORM ブレイブストーム(2017年製作の映画)

3.6

今週は仕事の一区切りで連休を貰っており、映画三昧ウィークとして、見たいと思っていた映画を順次消化していく予定です!
1日2本ペースで想定していますが、気が変わるかも知れません。その辺は気分次第というこ
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.2

この映画は、”家族愛を描いた寓話”なんだなあ。
ちょっと変かもしれませんが、これが一番の感想です。
そして寓話という側面から見ると、本作はユダヤ人迫害を取り上げてはいるが、その迫害の実態を描くことが最
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

愉快、痛快、奇々怪々の~ じゃなくって!
愉快、痛快、”ソー”快な映画でした!

”分かるかなあ、分かんねだろうなあ~”
特に1行目は若い人には分からないかな?
思いついたら書かずにはいられない浅はか
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の黒人が襲われるシーン。その意味は終盤に漸くあきらかになる。
突発的なシーン&音(これ心臓に悪いわ~)が、何ヶ所かありますが、ビックリしやすい私としては、あまり多用は避けて欲しいです。

写真家ク
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

まず、この作品を見ようと思ったきっかけですが、特にゴッホが好きという訳ではありません。
FILMAGAで紹介されていた以下の紹介文で、「これは、見なくては!」と感じたのです。こういう想いの詰まった作品
>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

4.0

いや~、大画面で見る数々のネコ達、たまりません。
終始、顔が弛みっぱなし。幸せな時間でした♪

動物写真家の岩合さんも、今ではすっかり、”猫好きおじさん”のイメージですね(笑)
撮影時に岩合さんが喋っ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

事前に前作のおさらい鑑賞をしておいて良かった!
本作品は、前作のまっとうな続編となっています。
従って、前作が頭に入っていると、繋がりが素直に理解しやすいです。
これから鑑賞予定の人は、前作を見直して
>>続きを読む

マジェスティック(2001年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督作品。
コメディのイメージが強いジム・キャリーですが、こんな作品にもでていたんですね。
好きだなあ~、この映画の空気感というか雰囲気。

本作は、戦争で
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

「ブレードランナー2049」の前に、旧作のおさらい鑑賞。
大昔に見て、猥雑な街の雰囲気とレプリカントの反乱の話だったくらいの記憶しか残っておらず、これは予習しておかないとまずいかも?
ということで、n
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ジェシカ・チャステインの演技が凄い!
冒頭10分くらい?のエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)のマシンガントーク。「ここで集中しないと置いていかれる!」と気合いが入ります。
ここでの会話の内
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

予告編を見て、「ガッキーと瑛太のコンビも脇役も面白そう!」と思い、笑える卓球コメディを求めて見に行きました。

これは楽しかった!ちょっとした感動のおまけもついてきます。
予告編での期待通りに、ガッキ
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

後編は、新次とバリカンの対戦に向けて話が集約されていきます。
でも、そこへ至る細部がなければ、対戦のリアル感は出て来ません。
前編からの伏線や後編の話も、あえてすっきりさせずに想像の余地を残すような描
>>続きを読む

>|