トレイン・ミッションの作品情報・感想・評価・動画配信

「トレイン・ミッション」に投稿された感想・評価

冒頭の日常シーン〜駅までの映像から引き込まれた
映像の構図というか、演出が凄くツボ。素敵

ストーリーも面白かったし乗客、乗務員のキャラも立ってて好き。何よりリーアムニーソンがかっこいい

満足度が高かっただけに思いのほか評価が低かったのに驚いた
雄樹

雄樹の感想・評価

4.0
フォローさんにおすすめを聞きて本作を鑑賞したが全体的にバランスが良くて凄くツッコミ所が多いですがよく出来た脚本で普通に良かったです。
本作は電車の中で主人公のマイケル・マコーリーが謎の美女に出会ってからとんでもない事件に巻き込まれる様や謎が謎を呼ぶストーリーにハラハラしました。
それに本作は電車というアクションに適して無い舞台でリーアム・ニーソンさんのやりすぎるアクションは本当に圧巻の一言です。
あと終盤の綺麗な伏線回収やあのラストにはちょっと痺れました。

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと雑いけど面白かった
結局黒幕は誰?プリンが持ち出した物は?
トレインミッション 鑑賞。

心霊研究家のウォーレン夫妻が出ておられますね。

フライトゲームと同じ監督主演、今回も哀愁漂うリーアム・ニーソン様を味わえます。

かなりハラハラしました。
60を前にして未だ奥様とはラブラブ、子供に今からお金がかかる(晩婚型?)って時に突然の解雇。失意で帰りの通勤電車に乗るも携帯落としちゃう、哀れ。いいの、リーアムニーソンだから。理不尽な事件に巻き込まれ通勤電車仲間は殺され。いいの、リーアムニーソンだから。どんどん最悪な状況に追い込まれるも元警官の腕っぷしで殴り殴られ、高速の電車から飛びーの轢かれそうになりーの、でも死なない。いいのリーアムニーソンだから。え〜アリ?って思っても見ちゃう。いいのリーアムニーソンだから。そんな映画。
え、なぜこんな低評価?

突然の解雇により失意の主人公。
通勤列車に乗り合わせた謎の女性が現れ、突如不条理なミッションを課せられる。

10万ドルと引き換えに100人の乗客から1人を探し出せ。

僅かな手掛かりから編み出す巧みな考察とスリリングなアクションは観る者を全く退屈させない。
普通はありえなさそうで、本当に普通にはない設定なのに、見てる間はただただ面白いし、ツッコミどころは気にならない!
2万円くらいで才能売ってくれ!
3万円でもいい、かな。
やっぱり1万5000円で!

このレビューはネタバレを含みます

なんか謎の女に
「この電車に乗ってるある人のカバンを探して欲しいねん」
「オマエの家族どうなってもええんか?」
言われて、
『はぁ?なんやコイツ…』
って、
なんか理不尽巻き込まれ系でスタートして、、、

で、
『この5人の中にいるぅ!!』
って、
なんかアガサクリスティものみたいになって、、、

で、
なんか車掌が
「ブレーキ故障して列車止められへぇん!!』
言い出して…
って、
なんか“スピード”みたいになって、、、

で、
ほんでなんか“逃亡者”のハリソンフォードと“交渉人”のサミュエルLジャクソンと“ダイハード”のジョンマクレーンを足して割ったような感じで終わったなぁ〜、って。
そんな感じ

(ってか、ミッドサマーの、、、)
odyss

odyssの感想・評価

3.8
【よくできている】

BS録画にて。

元警察官で保険会社に勤務して10年になる60歳の男が、或る日突然クビに。
大学進学を控えた息子がいるというのに、どうずればいいのか。

と思っていたら、電車の中で見知らぬ女に話しかけられる。
プリンという名の乗客を探してカバンに探知機を仕掛ければ10万ドル。

・・・という発端のミステリー・アクション。
最初は謎だらけの設定ですが、最後まで行くとよく考えられた筋書だと分かります。
多数の乗客たちのそれぞれの個性も悪くない。
土壇場で彼らが示す勇気も。
犯人側が万能過ぎるのが、やや難点か。
よくこのストーリーを2時間以内にまとめたと思う!
文句なし。
ラストもスカッとした!!
>|

あなたにおすすめの記事