君の笑顔に会いたくての作品情報・感想・評価

君の笑顔に会いたくて2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:100分

3.4

あらすじ

「君の笑顔に会いたくて」に投稿された感想・評価

保護司がこんなに大変なボランティア活動だと知って驚いた。でも、子供達のために社会が真剣に何が出来るのか、考えていくことが大切だと思う。何度も感激して涙ぐんた。
有川迎賓館にて鑑賞。
“保護司”という名前自体を
初めて知った映画です。
丁度虐待児のことを調べていたので、
良いタイミングで出会えた。


“虐待の絆で繋がれた親子”
“子から親への無償の愛”

犯罪を犯してまでしか生きれない
環境で育った子供を保護するという
保護司の葛藤と遣る瀬無さ。
現状の有様への激情と泥沼に全身が
浸かったような重苦しさがあった。

寒空の下、責任と覚悟の大海に
飛び込む演技が印象的。
“更生”ってなんだろうかと考えさせられた
保護司の大沼さんの活動と、映画の評価は別物です。
映画としてはクオリティが低いです。お金のかかっていないテレビドラマ程度のクオリティ。
YANGJA

YANGJAの感想・評価

4.0
大沼先生のファンで、保護司関連の勉強会に参加した後、映画化を知って、試写会に行きました。
保護司の制度を知らない方に、知って貰うにわかりやすい映画だと思います。
少し不満があるとすれば、エンタメにするために結構、抑え気味の描写にされてるなー、って思ったこと。
主人公のモデルになってる実際の大沼先生はもっと破天荒でパワフルで元気120%なイメージな方です。(笑)
ノンフィクションの原作本を読むと、映像作品にしてしまったら逆に胡散臭くなってしまうような、過激な少年少女たちの真実の物語が垣間見ることが出来ます。おススメです。
保護司とは、<犯罪を行った者の改善更生の援助、犯罪予防のための世論の啓発などを使命とする非常勤の国家公務員。社会的信望、職務に対する熱意・時間的余裕があることなどを条件に、法務大臣が委嘱する。任期は2年、再任も可能であるが、給与は支給されない>(「日本大百科全書」より)。この作品の主人公は宮城県名取市で、夫ともにビストロを営みながら、保護司として活動する主婦・松浦香苗(洞口依子)。彼女は、5年前に津波にのまれて死んでしまった息子の勧めで、保護司をつとめていた。

そんな香苗のところに、少年院を出たばかりの啓太を担当してくれないかという依頼がくる。実は啓太は死んだ息子の小学校時代の仲良し。途中で転校して行ったため、その後の消息は途絶えていたのだった。最初は担当することを躊躇った香苗だったが、息子のことも頭をかすめ、啓太をあたたかく迎え入れる。啓太は香苗の食堂で働くことになるのだが、ある事情のため、また昔の悪い仲間と交渉を持ち始めるのだった。

香苗役を演じる洞口依子さんの演技が素晴らしい。かつてのアイドル女優とは思えないほど、役をつくり込み、劇中では終始、メガネをかけている。体型も本来細身であるのだが、それらしく膨らみをもたせてつくっており、真摯で明るい保護司の役を見事に演じている。全国での上映館はそれほど多くはないのだが、自分が出かけた渋谷のユーロスペースでは立ち見でも入れないほどの盛況だった。