somaddesign

海獣の子供のsomaddesignのレビュー・感想・評価

海獣の子供(2018年製作の映画)
5.0
あたらしい神話をアニメにしたような?

:::::::::::

中学生の琉花はハンドボール部に所属しているものの、夏休み早々に起こした事件のせいで家にも学校にも居場所をなくしてしまう。所在なく父親の働いている水族館へと足を運ぶ。そこで彼女は、ジュゴンに育てられたという不思議な少年・海と、その兄である空と出会う。やがて3人が出会ったことをきっかけに、地球上でさまざまな現象が起こりはじめる。
「リトル・フォレスト」「魔女」で知られる五十嵐大介の同名漫画を原作に、STUDIO 4℃がアニメ化。久石譲が音楽を担当。

:::::::::::

原作読んだハズだけど、超繊細な描写すぎて一向に話が進まないことに飽きて途中で挫折。五十嵐大介漫画といえば「魔女」は面白かったんだけどなあ。


ただでさえ目が印象的な五十嵐大介の漫画を、そのまま動かしてしまえてるstudio4℃スゲエ!流石のハイクオリティ。
瞳の光彩が銀河に繋がる超美麗なマンガ表現の見事さ。
正直、見終わってすぐは自分の中で消化しきれなくて、自分が何を見て、何に感動したのか総括できなかった。難解ってより、受け止め方が十人十色、同じ人でも見るタイミングやコンディションに大きく左右されそう。

うぐぐぐ….具体的な感想が何も書けそうにない。自分の語彙力の無さが口惜しい。

芦田愛菜を筆頭に声優陣の演技も素晴らしい!特に芦田愛菜が天才なのは知ってたけど「子供なのにすごい」って見立てを軽々超えてみせて、女優さんとして普通に超スゴイ域だと思った。

物語で語られる通り、明解な説明を排してビジュアルと音楽で複雑なイメージを共有しようとする語り口。とても難解だけど、なんかこう言葉にできない振動を受け取った気分。

とはいえ、やけに達観したキャラクターが多くて、思わせぶりに心象をそのまま言葉にしたような事ばかり言ってくるので「ちょっ、何言ってるかわかんないス」。アングラードは終始どこ見て喋ってるのか分からなくて面白かった。アニメでも「虚空を見つめて一人語り」って描写できるんだ!

ジブリや北野映画の優しいメロディの印象強い日本一の劇伴家・久石譲の音楽がまた素晴らしい。長年のご活躍はもとより、ここへきて振り幅の広さをみせる。アンビエントっちゅーか、コテコテと装飾された音像の真逆を行く、ミニマルで神秘的な世界観。サントラ欲しい。

STUDIO4℃ファンとしては湯浅政明処女作「マインドゲーム」以来のクジラ描写が嬉しかった。20年前に見たピノキオなクジラシーンも素晴らしかったけど、今作のファンタジーとリアリティの皮膜を飛ぶようなクジラの大ジャンプがとても素晴らしかった。


51本目